10/28 2016雄物川シーバス54・・・悶絶!

一昨日は夜から深夜の部。

いつもの夕方からの釣行ではなく・・・

夜・深夜帯がメイン。

珍しく同行者あり。

シーズン初めからお誘いを受けていたがなかなかタイミングが合わずようやく実現。

県南の変態集団 Fさんと。

Fさんここ最近 海も川も無いF島県 内陸部に出張していて、秋田での仲間の釣果に悶絶していたところ・・・

この日 帰還するとのことなので、半ば強引に・・・

「行く?」とライン。

「イク♥。」とのこと。

以前からスネコンの流し方等教えて欲しいとの事。

でも 教えることないでしょ(^◇^)

なんて 思いながら、彼らのメインエリアにお邪魔することにした。

今まで俺が行きたくても避けていたエリア。

雄物川は誰の物でもない。

漁協その他諸々。

生活の糧にしている人を除いて、釣り人にとっては誰のものでもない。

でも そのエリアをメインに釣りをしている方々は実際いる。

そこが釣れている!というだけで、ズカズカ踏み入ってしまうと何かとトラブルの元。

よって そのエリアをメインにしている方々とどうしても行ってみたかった。

トラブルを避けるために、この辺の配慮はしたいものです。

ポイント近くのコンビニで待ち合わせし、Fさん最近めでたいことがあったので、使い古したルアーをプレゼント。

この中から2個持ってっていーよ。というと、実績カラーを2個。流石わかっている(^◇^)

まず実績ポイント1に・・・

到着すると、先行者・・・

Fさんの同級生。

ごあいさつし、移動。

実績ポイント2。

しかし、水位が若干高くいまいち、どう攻めたらいいか分からない(^_^;)

再度移動。

このエリアに来るのは久しぶり。

昨年は何度も来ていたが、今シーズンは諸事情により来ていなかった。

大体魚の居場所は分かっているので、そのピンにスネコンを流し込む。

微妙に流すコースを変えながら流し込む。

ほどなくして、下流でやっていたFさん・・・

「あだったっすー」 訳「バイトありましたー」

これでちょっとだけテンションUP。

この直後・・・

いい感じに流れるスネコン。

この辺かな~

というところで・・・

ゴン!

・・・

・・・

・・・

合わせ直後・・・

フッ・・・

マジか~

と 第一悶絶。

この直後 アップからの流しで・・・

再度 ゴン!

ちょっと送って・・・

合わせ!!

フッ・・・

え~ これでも乗らんか~

と 第二悶絶。

このあと風雨が強くなり、何をやってるか分からないレベル。

ここで移動。

夏調子のよかったエリアに・・・

このポイントは10投以内に勝負がつく、ドピンポイント。

到着しFさん 先行で第一投。

ヒューン。 ※(この時点であれ?飛ばし過ぎじゃない?なんて思っていた。)

案の定・・・

「ガサッ」・・・

スネコン殉職。

リーダーを組みなおしている間に・・・

俺の出番。

上から順序に丁寧に流すが、反応なし。

うーん。

いまいちというか、恐らく魚が居ない。

よって移動。

ここも落ち鮎シーズン高実績ポイント。

因みにこの時期来て外したことが無い。

しかし・・・

到着して真っ暗闇で状況確認すると、流れも緩く、水位も異常に低い。

あれ?また外した?

ここでもちょっとやってみるがやはり反応なし。

うーん。

車まで戻り 作戦会議。

この時点で風雨が弱まり、やり易い状況になってきた。

バイトのあったエリアにもどることに。

24:00頃到着。

捕食音は聞こえないが雰囲気は悪くない。

多分 あそこだろう・・・

そこに流し込む。

スーーーー

・・・

・・・

・・・

ゴン!

合わせ!

フッ・・・

第三悶絶。

マジか!?

こんなに乗らん事ある???

落ち着いて今度はアップ方向にキャスト。

2秒くらい流れた位置で再度・・・

ゴン!

・・・

・・・

・・・

合わせ!!!

フッ・・・

第四悶絶。

嘘!?

マジ!?

なんで???

この状況、落ち鮎シーズンでよくある。

魚が小さいか・大きいか。

このどちらか、バイトの感触から後者だと思うが・・・

魚は居るが、少ない状況。

この後も続けるが、極端に反応が無くなり・・・

2:00 撤収となりました。

魚は居る。

ルアーにも反応してきた。

これを物にできないのはアングラーのは力量不足。

これを痛感する釣行となりました。

さて、川も最終盤。

来週いっぱいはなんとか釣りになりそうな感じ。

最後に納得のいく魚を仕留めてシーバスと一緒に海に降りますか~(^◇^)

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/30 08:45 ] 2016雄物川 | TB(0) | CM(2)

10/27 2016雄物川シーバス53・・・上がらないサイズ。

昨日は夕方の部。

夜のお勤めがあるので、やれても19:00まで、そんないつもの短時間釣行。

こんな時 無駄に新規開拓やらあそこ釣れてる情報に惑わされてはダメ。

自分が自信を持っているポイントに行くべきですね。

この時期 ほぼ確実に魚が居るであろうピンは数か所押さえてある。

しかし・・・

一カ所を除いて全て遠い。

ということで、現在常駐している事務所から一番近いポイントへ。

事務所から10分)^o^(

出来ればこの事務所に6月から常駐したかった(^_^;)

これが本音。

でも サラリーマン・・・

こればかりはどうしようもないですね(^_^;)

ここ最近も結構通っている。

数日間ランカーが続いたこともある。

しかし・・・

ここ数日・・・

サイズが上がらない・・・

なぜ?

魚は入っている。

でも デカいのが喰ってこない。

デカいのもいるはず・・・

そんな感じのポイント。

まあ 数釣ればサイズも伸びるでしょう(^_^;)

みたいな 安易な考えで行ってみた。

時間もないしここしか来れなかったのが本当の理由(^_^;)

早速 準備し河原に降りる。

10月下旬・・・

毎年この時期思うことだが、今年も川にあと何回入れるかな~

そんなことを思って寂しくも感じる釣行が続く。

河原を歩くと先週あれだけ居た落ちアユが、かなり薄くなってきている。

うーん。

ダメかな?

やっぱりそろそろ海かな~

これも毎年思うのがこの時期。

水中歩行を繰り返しそのピンポイントに到着。

さて どっちから攻めよう。

上か?下か?

最近 下で反応が集中している。

じゃあ下から。といきたいところだが、数日前より約20cm水位が上がっている。

こりゃ上だな。

そう判断し、上の瀬からの落ち込みブレイクにしつこく流し込む。

まだ若干 空が明るかったので、ブレイクの位置を頭に叩き込む。

居たら出てるけどな~

というピンポイントに何度も流し込んでいるのだが、出ない。

もっと暗くならないとダメか?

もう居ないか?

そんなことを考えながらも、絶対居るはず!

これはいつも思うところ。

数は相当少ないな~

さらに続ける。

手前から奥へ流すコースを変えながら何往復もする。

同じコースを流さないように注意しながら流す。

かなり奥に入れ長めに長す。

・・・

・・・

・・・

ブレイクを通過して数秒。

コン!

一呼吸置いて合わせ!

バシャバシャ!

え~

この時点で魚のサイズが分かってしまう。

ちょっとがっかりしながらグイグイ寄せる。

ズリあげ。
PA270024.jpg
PA270027.jpg
予想通りこのサイズ。

なぜこの終盤に来てサイズが上がらない?

でも このカラーで釣ってちょっとだけ満足。

スネコン130S(ストリームライダー プロト)

今のところ 日没以降しか使ってませんが、魚からの反応は好調です。

まだ ちょっとだけ時間があったので続行。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

反応なし。

かなり魚薄くなってきましたね~

でも まだ 最後のチャンスは必ず来る!

自分で納得出来る魚が捕れたら本格的に海にシフトして行こうと思います。

でも ちょっと厳しそうですね(^_^;)

これが本音。

まあ 程々に頑張りますか~

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/28 07:27 ] 2016雄物川 | TB(0) | CM(4)

10/25 2016雄物川シーバス52・・・雨・・・

昨日も夕方の部。

朝からバタバタ・・・

昼になってもバタバタ・・・

夕方になってもバタバタ・・・

そんな一日。

しかも・・・

昼過ぎから降り始めた・・・

雨。

しかも結構強め。

また大増水するか~

なんて思うほどの雨。

もう雨いらないよ~

なんて 気象チェック。

・・・

・・・

・・・

夜中には晴れそう。

これはいい傾向。

微妙な水位上昇で漂っていた落ち鮎一気に落ちますからね。

そんなことを思いながらスタート。

狙いどころはいつもと同じくブレイクとその下の開き。

スタート時 普通の雨が、入水したとほぼ同時に・・・

土砂降り。

生ぬるい空気。

雷の心配はなさそう。

続行!

月あかりも無い。

陽が落ちると真っ暗。

この時点でブレイクラインがどこにあるかさっぱり分からない。

結構通っているポイントなので、感覚でどこにブレイクがあるかわかる。

その感覚を頼りに丁寧に攻める。

手前から奥に向かってブレイクを刻んでいく。

着いてれば絶対食ってくると思う。

しかし・・・

無反応。

やはり水位下がり過ぎか?

先行者居たか?

いろんな理由はあると思うが無反応。

出ないか~

と 下流の開き部分を攻める。

真っ暗。

ホント真っ暗だった。

この状況でヘッドライトを点灯するのは好ましくない。

水中歩行もゆっくり音をたてないように進む。

ここでは上から下に向かって流しながら、コースを刻んでいく。

一流し目、いきなり釣っちゃおう!と スネコン130S(マットチャート)を投入。

この状況では最強だと思う。

真っ暗闇にあの濃い黄色。

見つけたら食ってくるだろう。

しかし・・・

出ない。

あれ?

今日は黄色じゃなかった?

チャートバックパールに替えもう一流し。

・・・

・・・

・・・

出ない。

ん???

次 ピンクキャンディー。

・・・

・・・

・・・

出ない。

おかしいな~

ストリームライダーに替え一流し。

中盤まで来たとき、コン!

合わせ!

フッ・・・

うそ~ん。

かからなかった・・・

でも フッキングしてないからまだ出る!

そう自分に言い聞かせ、再度上から流し直し。

その直後・・・

コツ!

合わせ!

バシャバシャ!

はあ~

なぜため息か? 

この時期 いきなりエラ洗いする魚は小さいんです・・・

それが分かっているので、一気に寄せる。
PA250008.jpg
予想通りの小物。

でも・・・
PA250003.jpg
PA250012.jpg
いい食い方です)^o^(

スネコン130s(ストリームライダー プロト)

これはこれで嬉しい一本。

この後 雨がさらに強くなり、釣っても撮影不能と判断し、潔く撤収としました。

まあ 楽しみは今日に取っておこう)^o^(

そんな感じ。

今日も夕方どこかに出没予定。

海かな~

川かな~

悩ましい時期です)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/26 06:48 ] 2016雄物川 | TB(0) | CM(9)

10/24 2016雄物川シーバス51・・・風強っ!

昨日は夕方の部。

うまくいけば夕方海にイケるかも・・・

そんな思惑もあったが・・・

生憎の強風。

恐らく海辺では爆風レベルの10m前後の西絡みの風。

波予報を見ると予想通り3m近くまで上がる。

こうなると、遠浅サーフでは全く釣りにならない。

じゃあ 川でしょ(^_^;)

みたいな感じ。

日中 一心不乱にパソコンに向かう。

カタカタ・・・

エンター

カチャカチャ・・・

エンター

カチャカチャ・・・

出来たー)^o^(

と 発注者に提出に行き・・・

暗くなったタイミングで、川へ。

本来ならば上の方に行きたかったのだが、時間もない。

しかも・・・

強風!

というか現地に立つと爆風のレベル。

左後方から強烈に吹き付ける。

流れは右から左。

流れと逆の風。

流す釣りでは最悪の風。

このポイントの狙いどころは2箇所。

上のブレイクかその下の開き部分。

手っ取り早くブレイクで一本!!

と 攻めるが反応が無い。

角度を変えて攻めるが反応が無い。

ん???

このタイミングでこのピンで出ないと居ないかな?

そんなことを思いながらもしつこくちょっとづつずらしながら、攻める。

あれ?

出ない。

じゃあ下。とちょっと移動。

出来ればこっちはやりたくなかった。

開き部分では流す釣りになる。

しかも 広範囲に・・・

風が邪魔。

この釣り方はラインスラッグの処理が一番重要。

スラッグの出し方でスネコンの動きが全く違ったものになる。

昨日の様な下流方向からの強風時は着水後竿を寝かせ、瞬時に水面にラインを置く必要がある。

これが非常にムズイ。

でも 面白い。

コツはいつもより上流方向にキャストし、いつもよりラインを長めに水面に置く。

すると 川の流れが風の影響を受けないで、下流方向に流れてくれます。

あとはスラッグ調整だけしてれば・・・

・・・

・・・

・・・

コツッ・・・

かなりラインを出してるのでバイトはこんな感じですこぶる小さい。

でも、釣れる魚は・・・
PA246185.jpg
PA246194.jpg
デカい)^o^(

スネコン130s(マットチャート)

月あかりも無く真っ暗な状態だったので、派手目のチョイス。

最高ですね。

この釣った感のある釣り。

大好きです)^o^(

昨日はこれで満足。

時間もないし撤収としました。

実釣時間1時間程度。

短時間でもじっくり丁寧にやれば、釣果の出る時期。

1投1投考えに基づいて投げる。

とりあえずキャスト。

これはピンの釣りでは辞めた方がいいですね。

さて 今日も朝からいい感じの風。

まだ 波が高そうな感じ。

でも 夕方にはいくらか落ちそうだしな~

海かな~

川かな~

贅沢な悩みですね)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/25 07:43 ] 2016雄物川 | TB(0) | CM(0)

10/22 2016雄物川シーバス50・・・しくじった・・・

昨日は夕方の部。

土曜日ということで、いつもの休日出勤。

土曜祝日は黙々と事務処理。

日曜日はがっつり休む。

こんな毎日。

でも 11月は忙しそうだな~

恐らく日曜日も出勤になると思われる。

よってイケるときにガッツリ行っとこう)^o^(

なんて年中言ってるけどね)^o^(

要は忙しくても釣りには行く。

そんな土曜日。

恐らく川は落ちアユパターンを求めて混み合うことが予想されていた。

じゃあ 短時間でサクッと釣れると思われるポイントへ。

因みにここ 先日の撮影時本命ポイントだった。

しかし 前述の通り、ノーバイト。

絶体居る。

これは分かっている。

でも 出せないあの雰囲気。

一度皆さんにも味わって欲しい・・・

なんてね)^o^(

立ち位置に立ち、まずは状況を把握。

キャストせずに流れ・水位・ブレイクの位置をまだ薄明るいうちに頭に叩き込む。

完全に陽が落ち、暗くなり始めたタイミングでスタート。

投げるのはスネコン130S。

替えるのはカラーだけ。

チャートバックデカレンズホロ→アカキン→ストリームライダー(プロト)→チャートバックパール→マットチャート。

まずはデカレンズホロでスタート。

・・・

・・・

・・・

反応なし。

次・次・・・

と ローテーション。

いよいよストリームライダー。

どのカラーもほぼ同じ位置に着水させほぼ同じコースを流す。

これの繰り返しでカラーローテーションしていた。

いよいよ本命をキャスト。

数投して反応が無い。

替えるか・・・

でも 次で出るかも・・・

こんな直感。

大事にしたいですね)^o^(

ちょっと奥目に着水させ流す距離を長く確保する。

スーーーー。

張らず緩めずのラインテンションを保ちながらブレイクに流し込む。

スネコンの頭は下流へ向いている。

ブレイクに差し掛かり下方向の流れに一瞬テンションがかかり、その後の抜けた一瞬・・・

ヌン!!

合わせ!!

ズーン ズーン・・・

ヨシ!!

リフトするがエラ洗いなし。良型確定!!

だましだまし寄せ・・・

ランディング!!
PA226114moza.jpg
PA226117.jpg
スネコン130s(ストリームライダー プロト)

嬉しいですね。

さあ まだ居るはず。

連発してもおかしくない。

次にチャートバクパールを投入。

困ったときはこのカラー。

別に困ってませんでしたが投入。

2投目。

今度はブレイクをなぞるように張り気味のテンションで動かしながら流す。

イメージはブレイクラインをS字で縫いながら流す感じ。

頂点を抜けて回収に入ろうとした瞬間・・・

・・・

・・・

・・・

バコン!!

と 水柱!

おっ! こりゃデカい!

一気に寄せようとリフト!!

激流+ウェイトの乗った魚の引き=強敵)^o^(

無理しすぎてもバラシの原因。

瞬時にテンションを抜いた。

次の瞬間・・・

モソッ・・・

ん???

どうやら沈み根に巻かれたようです・・・(-_-)

ズリズリいいながら何とか寄せに入るが・・・

バラシ・・・

しくじった・・・

もっと強引にやっとけば・・・

逆にもっと緩くやっとけば・・・

色んなことを考えながら・・・

・・・

・・・

・・・

反省(-_-)

この後は出る感じが無かったので、早々に撤収。

約1時間の釣行ですが、楽しめたし・・・

今後の参考にもなった。

そんな釣行。

そろそろ川も終盤。

今年の釣りを反省しながら、残り少ないシーズンを楽しみたいと思います)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/23 10:45 ] 2016雄物川 | TB(0) | CM(0)