10/17 2017雄物川シーバス63・・・極小バイトを乗せる!!

昨日も夕方ちょろっと釣行。

じっくりやりたいのだが・・・

何かと忙しい毎日。

「それでも釣りに行く」(笑)

短時間でも良い。

竿を振れれば・・・

リールのDC音を聞ければ・・・

ん?

そういえばここ数日リールのDC音を聞いていない(^_^;)

DCブレーキ搭載リールなのにDCブレーキが全く効かないノンブレーキリールになってしまいました(笑)

それでも、VENDAVALにセットするとすこぶるカッコイイ。

そう思っているのは俺だけ?

バックラッシュも多いが、何となく昔の感覚が戻って来て使い始めた時よりは随分減ってきたこの頃。

昨日は何と一回もありませんでした。

当然か(笑)

対岸のピンに着水音少なめに落とせるのもベイトタックルのいいところ。

それは流れの中のピンでも同じこと。

昨日はそんなポイントを選択。

足元から対岸に向かって伸びるブレイクライン。

右が上流側で瀬部分。

左側が下流側で深い部分。

魚はブレイクのちょっと下に数本定位している。

・・・

・・・

・・・

と仮定(笑)

こんなポイントではいきなりど真ん中を打ってはいけない。

まずは足元から奥に向かって打っていく。

ルアーを着水させる位置を微調整しながら奥へ奥へと進んでいく。

すると・・・

上流側から流れてくる落ち鮎。

手を伸ばせば届く距離。

じっくり観察。

・・・

・・・

・・・

モワッ・・・

バフッ!!

なんと立ち位置から1m位の位置でシーバスが捕食。

良し! 居る!!

ここでやる気が数段アップ。

さらに丁寧に打っていく。

真ん中ほどまで行くと、必ずバイトしてくるコースを発見。

同じ位置に着水させ、同じコースを流すと大体同じ位置で「チュン」と超極小バイトが出る。

でも乗らない(^_^;)

なんで?

何度やっても反応は出る。

でも、出るのは・・・

「チュン」・・・

これも今時期の特徴ではあるんだが・・・

異常に小さいバイト。

ちとめんどくさい(^_^;)

ここで一度時間を置く。

約15分後再度入り直し、同じ位置に着水させ同じコーズを通す。

・・・

・・・

・・・

「チュン」・・・

まただよ・・・

落ち着け・・・

・・・

・・・

・・・

ここで、足元での捕食シーンを思い出す。

うーん。

やっぱりか~

と 同じ着水点より数メートル上流側に着水させ、ちょっとスラッグを出し流す。

・・・

・・・

・・・

ドス!

今度は明確に出るバイト。

渾身の合わせ!!

・・・

・・・

・・・

乗った!!

あとは強引に寄せるだけ。

やはりエラ洗いはしない。

良型を確信。

ん?

でも そんなに重くないな~

と ズリあげ!!
PA170952.jpg
PA170941.jpg
81cm 4kgちょい。

いたって普通のランカーサイズ(^_^;)

前日の魚と比べると、ちと物足りない・・・

スネコン130S(アカキン)

まあ 贅沢は言わな。

短時間でも遊んでくれる魚に感謝しながら、昨日は撤収としました。

昨日の状況を分析。

このポイント。

ブレイクラインの下流側に大きな沈み根が入っていて、そこまで流してしまうと高確率で根がかる。

よって、ブレイクラインを通過した直後か通過しようとしているときに回収動作に入らないといけない。

それがルアーを動かす動作になってしまい、「生きた鮎」の動きを演出してしまい、魚に違和感を与えてしまったと推測。

あくまでも推測です。

んで、やったことはちょっと上に着水させてスラッグを多めに出しブレイクをライン先行で通過させ、ノーテンションに近い形で送り込む。

これイメージすると難しく感じますが、結構簡単です(笑)

フラフラ流れ落ちてくる鮎とスネコンのフラフラアクションは酷似しているので、違和感なく食って来てるんでしょう。

・・・

・・・

・・・

たぶんね(笑)

そんなことをイメージしながら、食わない魚に食わせる釣り。

楽しいですよ!!

これもこの時期特有の河川の釣り。

是非 悶絶釣行をお楽しみ下さい(笑)。

さて 今晩は別の物を狙いに行く予定。

ほどほどに楽しみたいと思います(^^)

では また明日・・・(-_-)



[ 2017/10/18 07:22 ] 2017雄物川 | TB(0) | CM(0)

10/16 2017雄物川シーバス62・・・一本一本大事に・・・

昨日は約10日振りの雄物川へ。

ここ数年思うことだが、雄物川の落ち鮎シーズンがパッとしない。

落ち具合は例年通りといった感じだが、いまいちサイズ・ウェイトが上がって来ない。

んで、ここ最近は米代川に浮気(笑)

でも、そろそろ俺のメインエリアでもビックサイズが出始める時期。

ここ最近、建設業あるあるで年末にかけて怒涛の忙しさ。

特にここ1週間はゴタゴタしていて、なかなか釣りに行けない毎日。

先日のプチ増水後のタイミング。

各ポイントの魚もフレッシュな状態。

疼きを押えられず・・・

イッちゃった(笑)

魚が居るのは分かっている。

そこで何本抜くか?

または、何本食って来てくれるか?

と言うのも今週末もとある方をガイド予定。(目黒さんじゃないよ(笑))

その前に全部抜いちゃうとヒンシュク買いますからね(^_^;)

そんな感じで、昨日は確認作業。

①地形の変化

②魚の入り具合

③対岸までの距離感

主にこんな内容の確認をすべく、まずは藪漕ぎ。

相変わらずのジャングル地帯。

いつもとルートを変え突入したのが失敗(^_^;)

ぬかるみに足を取られゴキブリホイホイ状態(笑)

それでも、藪を払いながら河原へ出て、今度はディープウェーディング。

ようやく立ち位置に立ち、状況観察。

地形・・・

・・・

・・・

・・・

変化なし!

だが、沈み根発見。

こりゃ真っ暗になると分からん!!

マップにポイントを付け、その他の確認作業に入る。

肝心の魚は居るか?

手前のブレイクを潰さないように丁寧に探りを入れる。

こんな感じでどんどん沖の方へと移動し、いつもならあの辺で出るよな~

というピンのかなり手前で、表層直下を漂わせていた、スネコンが消えた。

その直後、引っ手繰るような強烈なヒット!!

ん?ちょっといいかも・・・

と 言いながら、強引にリフト!!

あれ? 浮いてこない。

これも今時期の魚の特徴。

体が重く、上に出ないで底の方でもがくような引き。

さらにリフト!!

やっと浮いてきた魚体を確認。

いい魚だがそれ程でもないな~

と 強引に寄せる。

やっと浮いたところで強引にズリあげ!!
PA160924moza.jpg
PA160910.jpg
もうちょっと食っててほしいな~

そんな魚。

85cm 7kg弱。

スネコン130S(デットリーアユ)

でも 今時期のこのエリアで釣れる魚にしては上出来でしょう。

素早く撮影を済ませ、もうちょっと沖のブレイクに流し込む。

同じく表層の流し込み。

ボシュ!!

一瞬重みが乗ったが・・・

乗らず(^_^;)

うん。

居る!!

まだまだやれば数本抜けそうだが、それは週末までのお楽しみ(笑)

今日は別のポイントを探りに行こうと思います。

さて 河川シーズンもあと10日位かな~

と 言った感じ。

今シーズンもお世話になりました。

という思いも込め、一本一本大事に捕って行こうと思います。

では また明日・・・(-_-)
[ 2017/10/17 07:06 ] 2017雄物川 | TB(0) | CM(1)

10/5 2017雄物川シーバス61・・・居るんだけどね~

昨日は夕方、日没直後の時間に的を絞った釣行。

それ以降の時間の状況は前日確認済み。

じゃあ 日没前後は?

そんな感じの確認を前日行けなかった有力ポイントで確認。

陽が傾き始めた時間に現地着。

稲刈り真っ最中。

昨年より若干遅いような気がする。

例年通りだと藪の入口付近に駐車可能なんだが、まだ稲刈りしていて農道に路肩駐車出来ない。

ということで、1km近く離れた駐車位置に車を停め、歩く。

険しい藪をを抜け河原に辿りつき、今度はディープウェーディングで目的地まで行く。

水色よし!

水位良し!

落ち鮎・・・

・・・

・・・

・・・

なし!!(笑)

この時期にしては珍しい状況。

恐らくまだ元気なんでしょうね(笑)

ということは、ちょっとレンジ下だな~

と 予想し、すでに陽は沈んでいる。

ちょっと焦りながら第一投。

本命のピンは真っ暗になってから打つとして、その下の開き部分から探る。

予想のレンジは一番下。

でも、トップから入る。

エスフォー13で表層をゆる~く流す。

なんかモワッと出たが、何かは不明。

ん?

もしかして上のレンジでもイケる?

こうなると迷う。

現地の状況を確認し、仮定をたてる。

んで、仮定の通り実行する。

んで、釣る。

これがルアー釣りの醍醐味。

思い通り行ったときの達成感は半端ないものがあります。

昨日もそんな感じ。

表層からどんどんレンジを下げて行き、底付近まで辿りつく。

予想通り、表層から中層では出なかった。

じゃあ 底付近。

恐ら一番深い部分で、3m弱。

底と言っても底べったりを流すわけじゃなく、底にべったり居着いて、上を見て捕食体勢に入っている魚に見せれるレンジを引けるルアーを投入する必要がある。

この場面で投入するのは、Blooowin!140S

普通に引けば水面下1.5m程度を泳ぐ。

流しながらレンジを入れれば、もうちょっとしたを引ける。

そんなイメージ。

アップ気味に入れ、流しながら沈めて行き・・・

・・・

・・・

・・・

ゆる~く・・・

・・・

・・・

・・・

ターン・・・

・・・

・・・

・・・

ドス!!

やっぱりね(^_^)v

あとはベイトタックルの利点を生かしゴリゴリ寄せズリあげ!!
PA050624.jpg
PA050614.jpg
背景と房総サンセットの配色がマッチしていていい感じでしょ(^_^)v

Blooowin!140S(房総サンセット)

サイズはそれほどでもないですが、狙い通りの一本は何度釣っても気持ちがいいものですね。

よし!

魚は居る。

本命のピンを・・・

と 思ったが、楽しみは取っておかないとね。

潔く撤収としました。

居るには居るんだけどね~

そんな感じの釣行。

もうちょっとサイズとウェイト伸びてくれると良いんですけどね~

それも今後の楽しみですね(^_^)v

では、また明日・・・(-_-)
[ 2017/10/06 07:56 ] 2017雄物川 | TB(0) | CM(0)

10/4 2017雄物川シーバス60・・・あれ?

昨日は夕方~深夜の部。

あまり夜はやらない主義だが、どうしても状況調査をしておく必要があった。

来週、とある方が来る。

是非 この時期特有のビックサイズを釣って帰ってもらいたい。

これ本音(笑)

ガイドする側も結構本気です。

魚が居るところも分かっている。

釣り方も分かっている。

でもね。

この時期いろんな情報が錯綜する。

あそこでボイルしてました!!

あそこでスゲー釣れました!!

等々。

でもね・・・

それその時の話であって、話を聞いたときにはもう遅いのよね(^_^;)

これ シーズンを通して言えることですが、特に今時期は顕著に表れる状況。

勿論シーズン通して魚が定位しているピンポイントもある。

それは俺の胸の奥の深~いところにしまっておくとして(笑)

ビックサイズが望めるエリアをまずは重点的に回る。

そこをメインエリアに考えていた。

夕マズメ。

出るなら今でしょ!!

というタイミングで・・・

捕食音なし(^_^;)

ん?

まあ レンジ下かもしれないしね・・・

と Blooowin!140sから入る。

底に接触させながら流す・・・

・・・

・・・

・・・

が、なんも無し(^_^;)

ん?

マジ?

ちょっとづつレンジを上げ、表層付近まで行きつくがな~んも無し(^_^;)

マジか!?

少なくても1本は出るピン。

何度も言う・・・

・・・

・・・

・・・

マジか!?

そんな感じで、早々に見切り次の有力ポイント。

因みにここ、いい感じに魚が入っていたらしい。

期待しないで、行ってみると・・・

予想通り魚は抜けている。

即移動。

・・・

・・・

・・・

な~んも無し!

をさらに2回繰り返す。

あれ!?

おかしいぞ!

ちと焦る。

じゃあ 胸の奥にしまっておいたポイントに行ってみた。

ここで出なきゃ本格的にヤバい(^_^;)

早速険しい藪を掻き分け立ち位置に立つ。

この時、佐渡の仙人(笑)からスゲー動画が送られてきた。

こうなると、シーバスどころの話じゃない。

しばし、やり取りし悩む。

今後 2ヶ月以内のスケジュールを思い出しながら、スネコンを瀬の頭に着水させブレイクに向かって流し込む。

ここに居なきゃ、雄物川のどこにも居ない!!

と断言出来るくらい自信があるピン。

・・・

・・・

・・・

ゴツ! (この時点で、小さいことを確信(^_^;))

周辺は根だらけなので、一気に浮かせ・・・

キャッチ!!
PA040610.jpg
PA040606.jpg
うん。全然ダメ(^_^;)

スネコン130S(房総サンセット)

あまり大きい声で言えませんが、内心小さいやつで良かった(^_^;)

デカいの釣ったら・・・

もう一カ所行きたいポイントがあったが、タイムアップ。

大体わかったけど・・・

数日後どう変わるかは不明(^_^;)

まあ そんなに簡単じゃない雄物川で悶絶して貰いましょう(笑)

昨晩はホント・・・

あれ?

と 「?」マークが脳裏をよぎる釣行でした。

いつも居るとこに素直に居て欲しいもんですね(笑)

でも、これも釣りの楽しいところ。

ほどほどに楽しんで行こうと思います。

では、また明日・・・(-_-)
[ 2017/10/05 07:35 ] 2017雄物川 | TB(0) | CM(0)

10/3 2017雄物川シーバス59・・・小さいルアーでも・・・

昨日は夕方から雄物川へ。

今年も10月。

なぜか建設業はお盆明けの発注が多く、9月以降なかなか忙しい。

ここ最近そんな感じ。

昨日も色んな書類処理があり、いつもなら恒例の15:00出先に出発!!

が出来ず(^_^;)

時間の許す限り黙々と書類と格闘。

窓を見ると、薄暗くなり始めてるし・・・

今日はやめようかな~

釣具屋さんにも寄らなきゃいけないし・・・

と 切のいいところで出発。

釣具屋さんに寄り、目的の物を受け取り車に乗る。

右に曲がれば家。

左は雄物川。

さてどーする?

ウインカーを上げるか?下げるか?

・・・

・・・

・・・

・・・

上げちゃった(笑)

帰宅時間から逆算し、移動に30分。

実釣時間 45分。

帰宅に1時間。

こんな感じ。

この時期 45分あれば1ポイントは回れる。

そして、それ以上粘っても釣れなきゃ釣れない。

そんなハッキリしている時期だけに、こんな短時間釣行も計画し易い。

早速移動を開始。

ちょっと急ぎ目に目的地に入る。

若干の藪漕ぎ。

・・・

・・・

・・・

ん?

道が無い(^_^;)

因みに今シーズン始めて行った。

よく行くポイントなら自分で道を作っとくんだが・・・

ということは他の人も入って無い!

ということは・・・

ムフフ・・・

と ニヤニヤしながら険しい藪を掻き分ける。

やはり足跡は無い。

灯台下暗し。

市内から近いポイントなので、高確率で人 入ってると思ったんですけどね。

あの瀬に入れてあの開きで食う。

いつも通りスネコン130Sをスナップに・・・

と 思ったが、90Sを接続。

小場所だしね。

ちっこい奴にも食ってくるでしょ(笑)

そんな安易な考え。

使い方は、130Sと一緒。

130Sより軽いので、気持ち上流側に着水させる。

そのまま張らず緩めずのテンションを保ちながら流し、瀬の最後の落ち込み周辺で・・・

ターン・・・

・・・

・・・

・・・

ゴン!! ←この時期この感触は小さいサイズが多い(^_^;)

合わせから一気に浮かせ・・・
PA030582.jpg
PA030587.jpg
やっぱりね(^_^;) そんなサイズ。 でもたっぷり食い始めてきてるいい魚でした。

スネコン90s(マットチャート)

この時期 落ち鮎を意識して、みなさんデカいルアーを使いたがります。

俺もその一人。

でもね。

特に落ち始め又は、終盤に90mm前後のルアーに良い反応を示すこともあります。

昨日はそんな感じかな~

このあと、ちょっと別の流し方で、2バイト。

これは恐らくデカかったと思う。

乗らなかったから不明ですけどね(笑)

まあ あんまり長くやる予定もないので、昨日は潔く撤収としました。

んで、ここからは番外編(笑)

10/4 今朝の話。

「食わず嫌い」っていう言葉知ってますか?

知ってますよね(笑)

釣りに関しては、「やらず嫌い」?かな?

正に俺の釣り。

長いこと釣りしてますが、イカ釣りだけはやって来なかった。

なぜか?

イカは引かない。

時期が来れば簡単に釣れるでしょ。

人いっぱいだから。

そんな「やらず嫌い」な理由で全くやって来なかった。

しかし・・・

先日、ボートエギング(ティップラン)を初体験。

そのゲーム性に魅了され・・・

これオカッパリで釣ったらもっと達成感あるんじゃない???

と 思い初め悶々とする毎日。

ウズウズ・・・
・・・

・・・

・・・

ウズウズ・・・
・・・

・・・

・・・

ウズ・・・

こうなったら暴走するのが・・・

俺(笑)

買う予定の無かった、エギングロッドを購入!!

このおかげで、今月始まったばかりなのに、ピ-ンチ! お金ありません(笑)

んで、今朝3:00に家を出て、エギンガーがいっぱいいる漁港へ突入!!

平日の朝なのに4:00前には結構いらっしゃいました(^_^;)

邪魔しちゃいかんので、俺のような初心者は誰も居ないテトラ帯を攻める。

攻める!!

攻める!!

攻める!!

どんどんなくなる勢い(笑)

釣れね~

やっぱり船とは違う難しさ。

ラインの角度が浅く、ちゃんとダートしてる?

ちゃんと底取れてる?

真っ暗な時間帯は我慢の時間が続く。

明るくなり初め、あることに気づく。

・・・

・・・

・・・

俺の周りに墨跡無いんだけど!!

んで、墨跡探し(笑)
PA040591.jpg
発見!!

ここで、昨日親切にアドバイスくれた方の言葉を思い出す。

「ブレイクにイカは居る!!」

な~んだ 魚と一緒じゃん!!

と ブレイクに着いている魚を食わせる要領で、そんなコースをしつこく探る。

コツ・・・

合わせ!!

ん? 今のイカパンチだよな~

と 何となく反応を得られたことに満足して、帰ろうかと思ったところ・・・

明確に出る・・・

・・・

・・・

・・・

ヌン!!

良し来た!!

優しく巻き取り・・・

抜き上げ!!
PA040596.jpg
PA040594.jpg
思わずニヤケちゃいました(笑)

こいつは小っちゃいのでリリース。

さあ だいたいわかった!!

と 思ったらスマホのアラーム(笑)

タイムアップで強制終了でした(^_^;)

今度は別の場所で数を稼ぎたいと思います。

エギング・・・

楽しいかも(笑)

よくわかりませんが、アオリイカのシーズンはもうちょっとで終わるそうなので、シーバスの合間に楽しんで行こうと思います(^_^)v

こんな感じで、さらに忙しくなりそうな毎日(^_^;)

一日 50時間位にならないかしら・・・

では また明日・・・(^_^;)
[ 2017/10/04 08:10 ] 2017雄物川 | TB(0) | CM(0)