7/29 夜の部・・・たまにはこんな釣りもね②

昨晩は前日に引き続き闇磯釣行。

目指すはちょっと沖の離れ磯。

日中は釣れんこと無いが、効率が悪い。

よって 夜の為に体力温存。

頃合いをみて、駐車場に行き状況を観察。

前日より風が強い(^_^;)

GPVで確認すると、20:00以降は風もおさまり絶好の風向きなる。

そんな予報を信じ、ちょっと早めに移動を開始。

前日濡れたウェットスーツを再度着用。

これはちょっと不快(^_^;)

水に入れば同じだろ~

と 日中乾かさずにいてちょっと後悔。

磯を突き進み、入水ポイントを目指す。

遠目に見ても激流を確認出来る。

タイドグラフを確認すると、一番効いている時間帯。

そりゃそうか・・・

と 入水からの~

スイミング(笑)
OI000265.jpg
ちょー気持ちいい!!

10m程度のスリットを無駄に行ったり来たり(^_^;)

暗くなるまでまだまだ時間あるし・・・

こんな感じで楽しむ。

過信は禁物だが・・・
OI000267.jpg
足ヒレ最強です!!

何往復したか忘れる位、行ったり来たりして若干飽きてきたので、上陸し・・・
OI000276.jpg
海況をじっくり観察。

どの辺が一番流れているか?

この風向きで、流心まで届くか?

根の位置は?

等 入念に観察。

と言ってもまだまだ陽が高く釣りには早い。

ということで、再度足ヒレを装着して入水(^^♪

何度も言うが・・・

ちょー気持ちいい(^^♪

特にウェットスーツの中に入ってきた水がチ○コに到達したときの・・・

ゾクッとくる感覚。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

堪りません♥♥♥

・・・

・・・

・・・

このままだとただの変態だと思われるので、話を戻します。

納得行くまで、リーダーを組みなおしたりしたりして時間を潰す。

そんなにデカいのは出ない雰囲気。

でも 油断は禁物。

PE1.5+10号。

万全の準備をして暗くなるのを待つ。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

待つ。

夕日がすこぶる綺麗な夕方だった。

見とれてしまい、写真を撮るのを忘れていた。

左右に見える断崖絶壁から海に繋がる景色が好き。

普段見ることがあまりないので、そんな景色も楽しむ。

そうこうしていると、暗くなりはじめさあやるか!!

と スタート。

しかし・・・

予報通りの風向きではなく、さらに予報より風が強い(^_^;)

しかも、ウネリも強く時折磯の上を這いあがって来る波。

無理は禁物。

足場を高い位置に移動し、スタート。

しかし・・・

前日好調だったコースで何の反応も無い。

あれ?

さらに高くなる波(^_^;)

こーなると厳しい。

ダウン側はダメか・・・

と見切りを付けアップ方向を入念に探る。

Blooowin!140Sメインの攻めだったが、ちょっとレンジが入り過ぎ。

これは前日もそうだった。

ということで・・・

140S→165Fへチェンジ。

反則ルアーと呼んでいる。

なぜか?

・・・

・・・

・・・

釣れるんです(^_^;)
OI000271.jpg
OI000275.jpg
いい魚だが、ランカーには届かず(^_^;)

撮影し、なんとなくルアーを変えた、一投目。

モソッ・・・

と 何かが触るようなバイト。

この微妙なバイトは・・・

デカいぞ~

と 合わせ!!

バシャ!

ん?

ゴミか?

いや違う!!

デカいメバルか?

いや違う・・・
OI000270.jpg
ちょっと変わった色したソイ(^_^;)

タイドミノー175 フライヤー 良く釣れるルアーです。

何だよ・・・

と 再度165Fに戻す。

やはり165Fのレンジが一番しっくりくる。

そして 反応も多い。

アップに入れ、流れよりちょっと早く巻くイメージ。

時折テンションがかかるので、そこを抜けた時がチャンス。

グーーーーっと重くなり・・・

フッと 抜けた瞬間・・・

ドン!!
OI000268.jpg
これもいい魚だったが、ランカーには届かず(^_^;)

この後も続けるが、反応が無くなったのと波がさらに入ってきて続行不可能となり24:00で撤収となりました。

二日間、夜の磯を存分に楽しんだ。

色々勉強にもなった。

タイミングが合えば、またチャレンジしてみたいと思います(^^♪

心配していた雨も降らなかった。

そろそろ川に戻ろうかな~

それとも・・・

では また明日・・・(-_-)
[ 2017/07/30 16:37 ] シーバス | TB(0) | CM(0)

7/28 夜の部・・・たまにはこんな釣りもね①

昨晩は夜の部。

この時期 特有の釣りと言えばそうなのだが・・・

今年 どーしてもやりたかった釣り。

夏磯。

磯のイメージは秋のガチャガチャに荒れたサラシにルアーを通して・・・

ゴン!!

そんなイメージ。

でも、夏の磯はそうとも言えない。

というか、狙うターゲットが微妙に違う。

赤い奴とシーバス。

どちらも流れに着く魚。

もちろんサラシにも着く。

しかし、真夏の日本海側はサラシが立ちにくい。

よって 流れを探し、かつナイトゲームがメインとなる。

しかも いくらでも流れに届かせたいので、立ち位置はいくらでも沖の方が有利。

その結果・・・
OI000258.jpg
こおなる(笑)

ウェットスーツを着て、ライフジャケットをきつめに着用。(マタ紐は確実に締めて着用してください」

手の保護の為に軍手をはく。

実際泳ぐ時は足ヒレを使ってます。

明るい時間帯に泳ぐルートを入念に確認し、入水。

ウェットスーツの中に侵入してくる水がこれまた気持ちい(^^♪

真夏には最高の釣りです。

と言っても、長いい距離を泳ぐ訳じゃありませんよ。

幅の広いスリットを渡る程度の遊泳です。

決して無理しちゃだめですよ!!

安全第一です。

安全を確保し、目的の離れ磯に渡る。

ガンガンに流れている潮。

まるで川(^_^;)

明るい時間に、沈み根・流れの方向を頭に叩き込む。

そして、暗くなるのをひたすら待つ。

・・・

・・・

・・・

待つ。

・・・

・・・

・・・

待つ。

・・・

・・・

・・・

よし。 時は来た・・・

が・・・

そんなにうまく行っては面白くない。

試行錯誤の連続。

ダウンに入れたり・・・

ドリフトさせたり・・・

んで、ドアップに入れた一投目。

着水から流れに負けないように早めに巻くと、強烈なバイト。

一気に下に入ろうとする魚。

ん?

へんなとこに掛かったか?

強引に寄せるが、叩くような引き。

もしかして・・・

と思いながら、グイグイ寄せ・・・

抜き上げ!!
OI000262.jpg
ヤバい・・・

ニヤケ顔が止まらない(^-^;

いきなり目的の魚を捕獲!!

Blooowin!140S(レッドヘッドホロ)

これはうれしい一枚(^^♪

リリースしさらに続ける。

時合は短い。

と 思う。

立ち位置を微妙に変えながら通すコースを微調整していく。

しかし、反応が無い。

もうちょっと沖に出れれば・・・

と 数メートル先の磯に乗り直し、数投。

ゴン!!

と 来たが・・・
OI000252.jpg
このサイズ(^_^;)

磯でこのサイズか~

と 思いながらも狙い通りの展開はサイズ問わず気持ちがいいものです。

Blooowin!165Fプロト。

140Sではちょっとレンジが入り過ぎと判断し、165Fに変え数投後の出来事。

165Fが発売されればこんなローテーションも出来る。と再認識。

早く発売してくれないかな~

なんて、思うところ。

さらに同様の攻め方を続ける。

ダウン気味に入れて横スライドさせるイメージ。

ダウンに入ったら、ほぼ放置状態からゆーーーーーーーくり巻く。

・・・

・・・

・・・

ドン!!

明らかに良型のバイト。

根もきついので、ゴリゴリ寄せてズリ上げ!!
OI000249.jpg
OI000246.jpg
これはすこぶる納得サイズ!!

Blooowin!165Fプロト。

いい仕事してくれます。

ダウンに入ってから、暴れ過ぎるのは良くない。

放置からのゆるーいアクションに好反応。

この後も続けるが、数回のバイトで時合終了。

潔く撤収となりました。

久しぶりに楽しいナイトゲームでした。

欲を言えばもうちょっとサイズ欲しかったな~

なんて 思うのは贅沢ですね(^_^;)

この釣り。

正直言って危険を伴います。

俺も昨年から入念に調査を続け、色んな方からアドバイスとご指導頂き、2年越しでようやく実現した釣りです。

勿論 装備も万全じゃないとダメです。

軽い気持ちで挑戦しないことをオススメします。

そして、ウェットスーツが入る体に絞る必要があります(笑)

これが何よりキツかった(笑)

なんてね(^_^;)

こんな感じで、今後も色んな釣りを安全第一で楽しんで行こうと思います。

さて 今晩はどうしようかな~

では また明日・・・(-_-)
[ 2017/07/29 10:36 ] シーバス | TB(0) | CM(0)

7/5 夕方の部・・・川にイケない時は・・・

昨日は夕方の部。

それにしても降りましたね~
無題
久しぶりの大増水(^_^;)

こうなると、特に雄物川は流域面積が広く水位が下がるのも時間がかかる。

2~3日後かな~

そんな感じ。

秋田市内周辺の海もこの影響を受けあまりよろしくない。

でもね。

こんな時 逆にチャンスなのが・・・

「秋田運河」

水位が上がり、というよりは運河自体の流れ・流下物が多くなりシーバスの活性もUP。

アホみたいに釣れることもありました(^_^;)

川・海がダメなら運河。

そんな秋田シーバスアングラーの逃げ場のような釣り場。

昨日はそんなタイミングの夕方 イッてみた。

どこに入ろうかな~

と 思いながら家に近いところでサクッとイッとくか~

そんなポイントへ。

到着すると、先行者の車が(^_^;)

でも 上がって来られたので軽く挨拶し、入れ替わりで入場。

タイミングが良かった(^_^;)

叩かれただろうし、あんまり釣れんだろうな~

と思いながらスタート。

いろいろやりたいことがあったが、思いのほか流れが緩い(^_^;)

スネコン90sを流して、釣る予定だったがそれ程の流れも無い。

こーなるとちょっとめんどくさいのが運河。

とりあえず、Blooowin!80Sの早巻きで様子をみる。

ガンガンアタックしてくるのは、全てセイゴサイズ(^_^;)

手のひらサイズ釣ってもな~

と オートリリースを繰り返す。

そんなんを続けてると、急に流れが効き始めた。

これも運河特有の現象。

さあ チャンスタイム!!

シャルダス20投入。

水面付近を引き波を出しなが引く。

これをやりたかった。

いつもの河川では流れが速すぎて出来るポイントも少ない。

でも 運河は常時ゆる~い流れなので、常に出来る。

数回やってみると明らかに反応してきいる。

通すコースを微調整しながら・・・

ボコ!!

そんな捕食音。
P7051087.jpg
堪りません(^_^;)

シャルダス20(SGO)

この後も微調整を繰り返し「ボコッ!!」を楽しむ。

4本掛けたあと突然反応が無くなる。

スレたかな~

でも まだ居そうだな~

と シャルダス14に替えて、いつも通りの使い方。

水面直下20cmを意識して引く。

・・・

・・・

・・・

ゴン!!
P7051076.jpg
これも気持ちのいいバイトだった。

シャルダス14(キラキラシラス)

もうちょっとで発売です!!

さあ 数稼ぐか~

と 思ったが・・・

いつものタイムアップ(^_^;)

消化不良でしたが、帰宅。

まあ 家から近いしいつでも行けるしね。

そんな負け惜しみを言いながらの撤収でした。

さて この大増水を待っていた。

いい方向に変わるか?

悪い方向に変わるか?

その結果は今日かな?明日かな?

と いったところ。

程々に楽しみたいと思います。

では また明日・・・(-_-)
[ 2017/07/06 07:14 ] シーバス | TB(0) | CM(0)

6/10 深夜の部・・・よー荒れる週末。

昨日の深夜からの釣行。

早朝家から約180km離れた場所で釣りして・・・

その日の深夜 家から約50km離れた場所で釣り(・_・;)

アホですね・・・

それにしても毎週末 よー荒れますね(・_・;)

じっくり釣り出来る、週末位安定した天候になってほしい物です。

日中家に帰り、30分置きに雄物川水位チェック。

日中は最適な水位だった。

しかし・・・

夕方以降 どんどん上がる水位。

あれ?

このままだとちょっときついな~

風も強風から爆風レベルになってきた。

雄物川なら山影で風裏ポイントはいっぱいあるので、あまり気にしていなかった。

でも、どんどん上がる水位(・_・;)

う-ん 厳しいな~

と 思いながら、水位変動を見守る。

家でやることを全て終えた、22:00。

さあ どこ行こうかな~

と 再度水位チェック。

・・・

・・・

・・・

雄物川はやっぱりキツい。

ということで、南の河川へ。

先週もお邪魔していて大体状況は把握していた。

水位は先週-10cm程度。

悪くない。

と 思う。

問題はこの風。
Screenshot_2017-06-11-01-05-44.jpg
川に沿って山が無いので、海の風がもろに川を遡る風。

23:00スタート時点の風15mオーバー。

どんどん強くなる風。

ホントムカつく風だった。

第一のエリアで約2時間 風と格闘したが無念のノーバイト。

さて どうしよう。

もうちょっと上に行くか?

下に行くか?

・・・

・・・

・・・

下はさらに風の影響を受けそう。

ということで、上を目指す。

背後に背の高い藪があるので、辛うじて風裏になるポイント。

それでも流れと真逆に吹く爆風(・_・;)

ホントムカつく。

そんな風。

しかも緩い流れ。

でもね。

ちゃんと じわーっと流れている。

これ非常に重要。

じわーっと 変化なく流れていると、魚は大体同じピンポイントに定位して、上流方向から流れてくるベイトを効率良く捕食していることが多い。

昨日はそんな感じだった。

この状況。

いろんなルアーを使えるが、一番そのピンポイントに流し込み易いのが、スネコン130S

えっ?

と 思われるかも知れないが、ラインを水面に置く流し方。

これが非常に有効な状況。

えっ?

風が流れと真逆でもライン先行で流せるの?

と 思われるかも知れないが、ちゃんと流れていれば、ラインを水面に置いた瞬間一気に下流方向に流れてくれます。

あとは、風と流れに合せてラインスラッグをコントロースすればいいだけなので、結構楽に出来るんです。

コツは立ち位置を流し込みたいピンの下流方向に取ること。

これでかなりやり易くなると思います。

でも 昨晩の風は強烈過ぎて大苦戦したのは、ここだけの話(・_・;)

何度も何度も修正しながら納得したコースを通そうと試行錯誤の釣り。

これがすこぶる楽しい(^^)

そして、納得したコースで出始めるバイト。

スラッグが結構出ていたので、どのバイトもすこぶる小さく出る。

それを何度も乗せれず、悶絶の釣りが続く。

ツン。とか コツ。とかすこぶる小さいバイトが出る。

やっぱり 思ったところに居る。

あとはどうやってガッツリ食わせるか?

昨日の状況では、何度も調整出来る風じゃないので、バイトが出るコース・流し方を忠実に繰り返す。

あとは魚任せの釣り。

ガツンと来い!!

と 強く念じながら流し込んで・・・

・・・

・・・

・・・

ゴッ!!

良し! 食った!!

合せと共に竿が根元から絞りこまれる。

いいんじゃな~い(^^)

と 余裕のファイト。

慎重に寄せ・・・

キャッチ!!
P6100438.jpg
P6100454.jpg
ちと 細かったけど、納得のビックサイズ(^^)

スネコン30S(ストリームライダー) ※限定カラーです。すみません(・_・;)

こんなしびれる釣り・・・

・・・

・・・

・・・

好きです♥

この後も二匹目のドジョウを狙ったが、出ず。

あのピンの主だったのかな~

ということにして、3:30撤収としました。

近くの道の駅に移動し仮眠。

駐車している車が揺れるほどの風(・_・;)

強烈でしたね。

5:00起床し、雄物川水位チェック。

う-ん。

やれんことないけど、まだちょっと高いな~

そう 思いつつもあの辺ならなんとかなるかな~

と 移動。

到着して立ち位置に向かって歩く。

先行者の気配は無いが・・・

ここ数日で釣り人が入った形跡。
P6110461.jpg
なぜ これを捨てていく???

あまり こんなことを露骨に言いたくない。

が、川シーズン初期。今年も川の釣りを楽しいたい。

もう 言わなので、言わせていただきます。

ゴミは持ち帰りましょうよ~。

以上。

見つけたゴミが釣り人が捨てたものじゃなければ、いつも通り何も言わないが、これは明らかに釣り人。しかもシーバスアングラーの可能性が高い。

こんなことの蓄積が、地元農家の方々・その他関係者に不快な思いをさせ釣り禁止になったりそんなポイントは結構ある。

これからも雄物川にはお世話になりたい。

そして楽しみたい。

最低でも、自分のゴミは持ち帰りましょうね(^^)

こんな感じで、釣りをする気も無くなり・・・

というか 思いの他水位が高く釣りにならない雰囲気だったのでい潔く撤収としました。

40歳おっさんにはちと無謀な行動だった、昨晩。

でも ちゃんと魚はこたえてくれる。

だから釣りって楽しいんですよね~(^^)

リーバーシーバスはまだ始まったばかり。

今年も存分に楽しみたいと思います。

ゴミは持ち帰りましょうね~(^^)

では また明日・・・(-_-)
[ 2017/06/11 11:12 ] シーバス | TB(0) | CM(2)

6/5 夕方の部・・・やっぱり小さいのが好きなのか?・・・

昨日は夕方の部。

昨日の午前中まで降り続いた冷たい雨。

午後にはやっと晴れ間も見える程度回復。

でも 気温が上がってこない(^_^;)

これ あまり良い状況ではない。

雄物川水位チェック。

う~ん・・・

やれないことは無いが・・・

まだまだ水位が高い。

因みに昨日の水位でもやれないことは無い。

でも 非常に危険。

もう少し水位が低い状態で普通に立てるポイントと同じ位置に立とうとすると、流されそうな流速。

この状態で、足を滑らせ転倒→ウェーダー内部に浸水→身動き取れない状態で流される→ ・・・

無理は禁物です。

釣り人個々に判断基準は違うと思いますが、昨日の状態では雄物川には入らないことをオススメします。

こんな時 秋田のシーバスアングラーの逃げ場的釣り場。

「秋田運河」

俺も年に数回ですがお世話になります(^_^;)

さて どこに入ろう。

定時退社し、数分でポイント到着。

数か所見て回って、一番流れの効いているポイントを選択。

何投げようかな~

まずはデカいルアーから入る。

運河で高実績のラブラ125F→コモモ125F→シャローウォッシュ110F。

反応無し。

あれ?

シャローウォッシュまでで何かしら反応あるんだけどね~

なんて 思いながら、どんどんルアーサイズを下げていく。

まだ 明るいしVBで・・・

ナレージ50投入。

バイトかなんか良く分からんが何か触ってきた。

やっぱり小さいルアーかな~

と 久しぶりの運河に手探り状態の釣りが続く。

これも運河で実績の高いBlooowin!80Sを投入。

このルアー140S同様いろんなことが出来る。

ただ巻き良し。

ジャーク良し。

放置して良し。

昨日も一通り試す。

その中で反応が良かったのは放置からのワンアクション。

アップに入れスネコンと同様に流す。

ターンの直前にハンドル急回転!!

放置。

・・・

・・・

・・・

ドン!!!
P6050351moza.jpg
P6050346.jpg
いきなりのビックサイズ(^_^;)

Blooowin80S(チャートクリアピンク)

それにしても運河の魚・・・

引かない(^_^;)

そんなことを思いながら、小物サイズを追加していく。(あまりにも小さいので写真はなし(^_^;))

この辺も運河の楽しいところ。

デカいの連発すると思いきや・・・

20cmに満たない魚の連発だったり・・・

ここで再度思う。

やっぱり小さいルアーかな~

あっ そういえば!!

シャルダス14プロトを投入。

その一投目 いきなりのヒット!!

散々80Sで小物のを釣った後ですよ(^_^;)

ちょっと焦ってしまいバラシ。

結構デカかった。

でも ガッツリかかってないし同じコースでまた食ってくるだろう。

同じコースを通し・・・

ほぼ同じピンで・・・

ゴン!!
P6050367.jpg
P6050378moza.jpg
こいつは綺麗な魚だったが・・・

やっぱり引かない(^_^;)

シャルダス14プロト(キラキラシラス)

再度 納得。

やっぱり小さいルアーかな~

でも 夜は結構デカいミノーで釣ってるんですけどね(^_^;)

ここで いろんなことを確認出来たので、早々に撤収としました。

約1時間半の釣り。

十分楽しめますね(^_^)v

今日も雄物川の水位が希望の水位まで下がらなかったら、運河に出没予定。

川かな~

運河かな~

悩ましい時期ですね。

でも やっぱり川に行きたい(^_^;)

では また明日・・・(-_-)
[ 2017/06/06 06:59 ] シーバス | TB(0) | CM(0)