10/30 夜の部 → 10/31 早朝の部・・・たまには食す!!

昨日は夕方から夜にかけての釣行。

夕方速攻で仕事を片付け即海へ・・・

それにしても落ち着きのない天気。

常に2~4m位の波が押し寄せる。

とても釣りになりませんね・・・

それでもやれるところはある。

そんなポイントへ・・・

到着しいつも通り、表層から探るが、やはり波が高くフローティングミノーでは泳ぎが破綻してしまう。

こんな状況で活躍するのは、やっぱり・・・
PA301336_convert_20151030220507.jpg
BLooowin140S(ブルーブルー)

しかし 反応してくれるのはこのサイズ。

激荒れのなかこのサイズを数えていただけで20匹。

なぜ20匹しか数えれないかと言うと・・・

皆さんもいっぱい釣れた時、何匹釣れたか忘れてしまいますよね?

俺も歳のせいか、物忘れが激しく・・・

夢中になって釣ってると3匹以降は殆ど覚えていません・・・)^o^(

どおやって数えているかというと、指を折る順序を決めておき、俺の場合、左足の小指まで行くと20匹です。

それ以降は釣りに夢中になり数えていないというわけです・・・

ということで、20匹以上釣れても覚えていないので、20匹としときます・・・)^o^(

あまりにも小さいので写真撮ってないので、何とも言えませんけどね・・・)^o^(

そんなことはどうでもいいですね。

釣っても釣ってもこのサイズ。しかし、完全に陽が暮れると小型の反応も無くなる。

前にも言いましたが、このサイズに交じって必ず、大型もいる。

昨晩もこのサイズ以外の魚を探すが、風が強く思い通りルアーを飛ばせない。

しかも、波も高い。

過酷な状況でした。

それでも粘る。

粘るが、やはり風表では釣りにならないレベル。

じゃあ 風裏で遠投し小物ゾーンより遠くにキャストし、残り30m位は回収。

これを繰り返すと・・・

着水後数巻きで・・・

ゴツ。
PA301343_convert_20151030220631.jpg
そんなにデカくないが、50ちょい。BLooowin140S(チャートバック)

手の平サイズに比べれば楽しめました。

この完全防備を見ればわかるとおりなかなかの状況でした。

このあともちょっと粘りました、攻略出来ず。

ここで昨晩は一度撤収。

んで 10/31 早朝・・・

今日は朝から慌ただしく、行かなきゃいかんところが、いっぱいあり、釣行時間は短時間に限定。

真っ暗な時間帯から昨晩と同じポイントへ・・・

幾分天候も落ち着いたかと思ったが、昨晩と変わらない状況。

風だけなら昨晩より強かったですね。

やっぱり風表では釣りにならないレベル。

風裏も濁りと波が入り込み非常に厳しい状況。

BLooowinでも、泳ぎが破綻するほどの波。

こりゃ厳しいな~

なんて言いながら続ける。

じゃあ たまに変わったことでも・・・

と 日頃あまり使わない、Tracy25gでリフト&フォール。
PA311358_convert_20151031125121.jpg
数年前は毎日IP26を投げまくっていたが、体力の低下とそのポイントが、完全立ち入り禁止になってしまいあまり出番がなかった。

しかし、このTracy巻き抵抗が少ないので、非常に扱いやすい。

今朝も遠投→着底→リフト→フォール。

これの繰り返し。

あとはこのリフト&フォールのレンジを微調整していく。

着水後表層付近でリフト&フォール。

ちょい沈めて中層をリフト&フォール。

着底後 ボトム付近をリフト&フォール。

主にこの3種類のレンジを刻む。

まずはボトム。

反応なし。

中層。

反応なし。

ん???

じゃあ 表層???

と 疑いを持ちながら探ると・・・

ショートリフト後のロングフォールで・・・

ゴン!!

このバイトも気持ちがいいですね。
PA311357_convert_20151031125018.jpg
コンディションのいい67cm。

こいつは久しぶりのキープ。

本当はキープ予定はなかったのだが・・・

子供からのリクエストでお持ち帰り。

彼等はなぜかシーバスが好き。

じゃあ毎回持ち帰れば???

と 思われるかもしれないが、たまに持ち帰るからいいんです・・・)^o^(

とりあえず、目的のキープ魚も確保したし、朝から強烈に忙しいし、早々に撤収としました。

昨日・今朝と釣りが成立出来るギリギリの海況。

やはりあの波高での釣行は厳しいものがありますね。

いい感じの海況になるのは、明後日位かな~と言った感じです。

明日は久しぶりの休日。

でも 釣りに行けるのは早朝だけの予定。

せいぜい頑張りますか~

では また明日・・・(-_-)




[ 2015/10/31 19:42 ] シーバス | TB(0) | CM(0)

10/30 いよいよ・・・

10月も終わろうとしています。

いよいよですね・・・

そんな時期になってしまいました。

秋田のシーバスシーズンも残すところあと1ヶ月・・・

でも・・・

シーズン中一番熱い時期でもあります。

しかし・・・

ここ数日の悪天候でまともに釣りにも行けません。

やれるポイントはあるんですが、時間の関係で行けないポイントが多く・・・

イライラが募りますね・・・

こんな時は日頃苦労をかけているタックルのメンテナンス。

情報収集に時間を費やしています。

それも釣りに行けないときの有効な時間の使い方ですね。

特に10月からブルーブルーのフィールドモニターとして活動を開始し、日々の釣行にも幾分気合が入っています。

その中でも、いままであまり重要視してこなかった、写真撮影の技術。

これを磨かなくてはいけない。

なかなか難しいですが・・・

これがまた面白い・・・)^o^(

このタイミングで、5年以上使っていたデジカメが故障。

ちょっと裏ワザを使って、新しいカメラを購入。
P1420324_convert_20151030092644.jpg
OLYMPUS Tough。

なんとこのカメラ・・・
P1420325_convert_20151030092706.jpg
自撮り用にモニターが正面を向くんです。

このことを自慢げに若者に言ったら・・・

「それ今のカメラでは当たり前ですよ。」と軽くバカにされてしまった・・・

そんなカメラです。

実際 10月初めから使い始めましたが、物もち写真のセルフターマー撮影が格段にやりやすくなりました。

まだ、魚の寄せ方、見せ方については微調整中ですが、今後もっといい写真を撮れるように日々研究中です。

その前にいっぱい釣らないと話になりませんね・・・)^o^(

値段も思ったより高くないし、おすすめです。

これも今時のカメラでは当たり前なのかは分かりませんが、アートフィルターなるものがついていて、いろんな撮影ができます。

先日の兄の結婚式ではファンタジーモードを使って大活躍でした。

ちょっと重量はありますが、防水機能もあるのでこれはしょうがない。

何より過酷な条件での使用が主なので、この位丈夫じゃないとね。

そんな感じでラスト1ヶ月活躍してくれるはずの・・・
ブルーウィン5個
ブローウィン単体
BLooowiN!140Sを撮影。

これは「ドラマチックシーン」というフィルターをかけて撮影。

何となくいい感じでしょ・・・)^o^(

ブルーブルーのロゴを張ってみたり。

こんなことで釣りに行けない天候の時は楽しんでいます。

カラーローテーションについては、釣行時の記事でご紹介します。

今後1ヶ月中にプチ遠征も計画中。

秋田シーバスシーズンラスト1ヶ月、心残りの無いように楽しみますか~

では また明日・・・(-_-)
[ 2015/10/30 09:51 ] シーバス | TB(0) | CM(0)

10/27 夕方の部・・・狙い通り。

昨日は夕方の部・・・

また20:30からアポがあり移動時間も考慮した短時間釣行。

夕方 ちょい早目に若者に仕事を託し・・・

一気に移動。

到着すると思いのほか風が強い。

波も高い。

でも このあとさらにが上がり危険レベルに到達すると予想していただけに、何とかしたい。

この一心で、半ば強引に行ってきた。

再度秋田市内に戻ることを考えると、やれても1時間半・・・

これで結果を出さないといけない。

と 自分を追い込みスタート。

かっこよく言いましたが、別に結果を出さなくてもいいんですけどね、趣味ですから・・・)^o^(

そんな感じで、立ち位置に立つが、思いのほか波が高い。

1キャスト3バイトが続く。

でも かかる魚は・・・
PA271267_convert_20151028063208.jpg
PA271268_convert_20151028063232.jpg
手のひらサイズ・・・)^o^(

なるべくかけないようにしましたが、スレ掛かりはしょうがない。

なぜか小物にはBLooowin!140Sでの反応が圧倒的。

それでも大型のバイトに集中して続ける。

因みにこんな小物の中にも大型は居ます。

大型の居場所を特定するためにいろいろ試す。

この作業が面白い。

「釣れちゃった。」ではなく「釣った!!」と言う感覚。

この感覚がルアー釣りの醍醐味。

これが非常に面白い。(俺が釣り中毒になっている一番の要因です。)

昨日の場合、小型の群れの遥か沖に大型がいる感じ。

でも この風・波での攻略は困難。

入ったかな~

と 思うとすぐバイトゾーンを外れる。

このバイトゾーンに長く留めるのが、昨日のパターン。

因みに大型と小型のバイトの選別ですが、小型は二度感触はありません。

大型はゴン・・・ドン!と言う感じ。

要は即合わせは禁物、「ドン!」を待つ。

こんな感じです。

最初のゴンから次のドンまで秒数にして1秒もないと思います。1秒以上ある場合もあります。

これを見極めれるようになれば、ある程度大型・小型の選別が出来ると思いますよ。

といいつつ、昨日も小型を20匹近くかけましたけどね・・・)^o^(

やっぱり岸から近いゾーンには小物、その沖にちょい良型。

要はこの悪条件で飛ばさなければいけない。

何ともやりがいのある、釣行でした。

しかも、140mmサイズのルアーに反応が薄い。

120mmまで落とし、沖を探ると・・・

ゴン→ドン! )^o^(
PA271279_convert_20151028063319.jpg
狙い通りのランカーでした。81cm。

ちょっとコンディションの良くない魚でしたが、楽しめました。

残念ながら、ヒットルアーはZ120F。

残念ながらなんて失礼ですね。

いつもお世話になっている優秀なルアーです。

Z120F・Z140Fはこのポイントでの鉄板ルアーです。

それにBLooowin!があれば、完璧です。

いまこの状況にスネコンを絡めれないか試行錯誤しています。

昨日もZ120F・Z140Fを軸にローテーションしていた。

上のレンジで食わなくなり始め、こうなったらBLooowin!の出番。

水色を確認すると荒れてはいるが、そんなに悪くない。

もしかして、コノシロも入っているかもと思い・・・
PA271289_convert_20151028063336.jpg
BLooowin!140S コノシロカラーをカラーの軸に攻める。

遠投し波の頭に着水させ、巻かずに流す。

この時素早くラインスラッグを回収し若干張り気味にルアーをコントロール。

この辺が河川とは違うところですね。(←これ結構重要。)

シンキング設定なので、波と一緒に流れながらゆっくり沈みます。

ここで我慢。すぐまかない。(このとき入れたい反応のあるレンジを確認するため都度カウントを取ることをおすすめします。
因みに昨日はカウント6でした。)

コツはこのくらいですね。

流れを受け始め、若干ブルブルを手元に感じた時 ゆっくり巻き始めます。

大体この巻きはじめにゴン→ドン!ですね。
PA271269_convert_20151028063256.jpg
ちょい小ぶりな60ちょい。

波に押され泳げないベイトが波が砕け、流れが緩んだとき泳ぎはじめを喰われるイメージ。(←このイメージが非常に重要。)

これもいい魚でした。

表情からわかる通り結構な悪条件でした・・・)^o^(

ここで恐る恐る時計を見ると、タイムアップ時間・・・(-_-)

まだまだやれればあと数本ランカーを出せそうな感じだっただけに・・・

後ろ髪を引かれながら、撤収となりました。

昨日はなかなかの海況でしたが、強い波の中でも、しっかり泳いでくれるBLooowin!に助けられましたね。

因みに昨日くらいの波(2mをちょっと下まわるくらいだと思う)だとフローティングだと即流されてしまう。

それでも、Z120F・Z140Fは即アクションし若干レンジが入るので、使えるが、波の間隔が狭すぎると、うまくいかないケースが
多々あります。 まさに昨日がそんな感じ。

こんな状況でBLooowin!強し!!ですね・・・)^o^(

押し売りじゃありませんよ。いいものをいいと言う。正直な人間なもので・・・

これからの磯シーズンに向けて、おすすめです。

俺も気になるカラーを注文済みです。

こんな感じで秋田もいよいよ超ハイシーズン突入といった感じです。

でも これからの秋田はほぼ毎日荒れる日が殆ど・・・

今日から数日は釣りにならない天候が続くと思われます。

それでもイキますけどね。安全なポイントへ・・・

昨日もあの波の状況で、ノーライフジャケットのアングラーもおられました・・・

落ちても自己責任と思われるかもしれないが、海に落ちた人を見て見ぬふりは出来ません。

ライフジャケットを着ていないと助ける側にも危険が及びます。

最低限のマナーは守りましょうね・・・)^o^(

所詮趣味、安全第一で楽しみましょう・・・)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2015/10/28 09:12 ] シーバス | TB(0) | CM(0)

10/27 早朝の部・・・いまいち・・・

今日は早朝の部から・・・

昨晩やり残したことを実践すべく行ってきた。

予想ではさらに波が落ち反応を得るのは容易では無いと思っていた。

しかし、いつも通りAM2:00ちょいに起床。

いつもの起床チェック。

ん???

風向が変わっている。

昨日は北風。

今朝は東がらみに風。

要は90°変わっている。

こりゃさらに波落ちるな~

と がっかりしながらAM3:00現地着。

ん???

波の音が大きい。

立ち位置に立つと思いのほか波が高い。

でも もう少し高くてもいいな~

と 思いながらスタート。

開始早々のヒットを予想していたが、しばらく反応が無い。

コモモ145Fカウンター→Z140F→BLooowin!140Sといつものローテーションで各レンジを探る。

この波っけでこの流れ・・・

出てもおかしくない。

というか連発の雰囲気なんだが・・・

と ブツブツいいながら続ける。

若干明るくなり始めたAM4:30頃ようやくバイトが出始めた。

でも 乗らない。

恐らく昨日と同様 手のひらサイズと推測。

このサイズを釣ってもしょうがない。

小型バイトは無視してドン!!というバイトを待つ。

表層から若干レンジの入るZ140Fに変え数投目・・・

ようやくドン!!
PA271258_convert_20151027064245.jpg
このサイズは合わせから一度も潜らせずランディング。60弱。

水面をガバガバいいながら滑ってきます・・・)^o^(

ポイントを荒らしたくないので、こんなやり取りをしています。

この感じは連発だな~

と 続けるが・・・

このあと反応なし。

頼みのBLooowin140Sでも攻略できませんでした。

まあ 夜はまたいい感じになるだろうと予想し、潔くAM5:15撤収としました。

仕事するか~

会社へ・・・

今朝は思いのほか雰囲気は良かったのですが、いまいちな反応でした。

この感じは陽が上がってからの方がいいと予想できるだけに、まだまだ暗い時間帯に撤収は辛いものがあります。

しょうがない、しがないサラリーマン・・・

今日からまた荒れる予報なので、行けるときに行きますか~

では また明日・・・(-_-)
[ 2015/10/27 08:30 ] シーバス | TB(0) | CM(0)

10/26 夜の部・・・やっぱりね。

今日は夜の部・・・

というか夕方の部と言った方がいい時間の釣行。

その前に・・・

ここ二日間秋田県周辺は大荒れ。

でも 俺はこの荒れを待っていた。

昨日も釣りの出来ない状況ではなかったが、家の用事があり時間が取れず、ちょっと状況を見に行く程度
の感覚で海へ・・・

この時 ある変化を確認。

これはもしかしたら・・・

と 今日は日中からワクワクしていた。

こんな時は仕事もはかどりますね。

あっという間に予定以上の仕事をこなし、夕方速攻でそのポイントへ。

到着する頃には暗くなりはじめいい感じの雰囲気を醸し出す。

ん???

まず車から降り、一呼吸。

この時微かにシーバスの匂い。

これ マジですよ。

気のせいかもしれませんが、釣れるときって何か匂うものです・・・)^o^(

すると地元のおじさんが上がってきて、手元を見ると超小型シーバスを数本ぶら下げている。

やっぱりね!!

と 速攻で準備して早速スタート。

開始早々予想通りの反応が続く。
PA261247_convert_20151026204006.jpg
こんな手のひらサイズをポンポンと。

こんなサイズでもBLoooWIN!140Sを食ってくる。

もしかして、ルアーサイズを落とせばもっと食ってくるかも・・・

と ベイトサイズのシンペンを投げるが、反応がない。

再度BLoooWIN!に戻いし、探ると手のひらサイズがポンポンと・・・

20匹も釣っただろうか???

全部写真を撮ってもこのサイズではきりがないので撮っていません。

今日はこのサイズ釣って終了か~

と 思ったが、このサイズがいるということは、絶対 大型もいる。

これは確実なこと。

でも なかなか釣れませんよね?

釣り方はあるんです。

ちょっとレンジを上げて、もっと遠くを探るべくZ140Fにチェンジ。

その数投目・・・

ドン!

・・・

・・・

・・・

ゴン!!

と 超大型特有のヒット!!

来た~

と 大合わせ!!

ブランジーノ AGS104MHが根元からグニャリ・・・

俺の口元はニヤリ・・・)^o^(

それでも強い竿です。

ラインは1.5号+8号のシステム。

昨年より強化しているので、ほぼドラグを出さず一気に寄せ、足もとで魚体を確認。

お~余裕でイッてるな~とこちらも余裕をこいていると・・・

足もとで大迫力のエラ洗い。

次の瞬間・・・

いつもの・・・

ポーーーーン。でした・・・

ここからは言葉にならない絶叫。

やっぱりZ140Fのレンジだったか~

と 再度気を取り直してキャスト。

数投後 またヒット!!

これも完全にイってるサイズ。

今度は慎重かつ強引に寄せるが10m位沖で無念のバラシ。

「なんでやねん!!」と 自分に突っ込み、これではいかん!!

と 再度 気を引き締め、キャスト。

連発するだろう、と余裕をこいていまいしたが、反応がない。

またも「なんでやねん!!」と自分に突っ込み、沈んだかな~

と 再度BLoooWIN!にチェンジ。

遠投しカウントをとり、いろんなレンジを探る。

底をこする位、深いレンジまで探るが反応がない。

おかしいな~ もういないかな~

と 今度は逆の攻め方で流すことに。

キャスト後 巻いて流れを感じた位置でストップ・・・

・・・

・・・

・・・

ドン!!
PA261248_convert_20151026204112.jpg
PA261252_convert_20151026204208.jpg
狙い通りの一本は気持ちがいいものです。71cm。

やはりシンキングミノーの良さを出しての釣果でしたね。

この後も反応は続きましたが、バイトゾーンが遠すぎてフォール中のバイトに反応出来ず、ものにできませんでした。

これは今後の課題ですね。

早速明朝試しに行ってきます。

BLoooWIN!140Sについてはまだまだ使い方が無数にありそなので、もう少し確信を持てたとき、
「これだ!!」という使い方をご紹介したいと思います。

今晩はこの辺で勘弁してください・・・)^o^(

では また明日・・・(-_-)

[ 2015/10/26 21:40 ] シーバス | TB(0) | CM(4)

10/23 夜の部・・・

昨日は夜の部・・・

一昨日の夜・・・

今シーズン最後の河川釣行のつもりだったが、釣れちゃったのと釣行中まだ落ちているアユを確認。

「これはまだイケるかも。」

この言葉が脳裏をよぎる。

昨日の朝 りゅうさんからもいい感じの情報を頂き、一度海から頭をはなし、やっぱり河川へ。

昨晩は単独釣行。

釣行エリアは雄物川結構上の方・・・)^o^(

しかし・・・

このエリアに単独で行くのは相当な度胸が必要。

小動物・・・

熊・・・

見てはいけないもの・・・

それらすべてを見てしまう雰囲気を醸し出している。

やはり 動物系と出くわした際の退避方法を確認しながら、どんどん奥へ進む。

見てはいけない物を見てしまった場合、見なかったことにしよう・・・

そんなことを思いながら奥へ奥へ・・・

ポイントに到着するころにはいい感じに暗くなり・・・

来てしまった・・・

と 気合を入れまずは状況観察。

・・・

・・・

・・・

ん???
PA230650_convert_20151024061246.jpg
やっぱりまだ居る!!

このアユは瀕死を通り越して死んでいるが、流芯からのたるみタルミ部分にはまだ瀕死のアユも流れてきていた。

これは「イケる!!」と心の中で叫ぶ。

これを声に出してしまうと、経験上高確率で釣れない。

だから心の中で叫んでみた。

どおでもいいことだが、これ非常に重要。

しかし、アユは落ちてきているが、「チュボ」や「パコン」がない。

居ないか???

と 一度 冷静になる為に再度状況観察。

すると・・・

このエリアは上下200m位のエリア。

その小規模のエリアに点在するピンポイント。

いつもなら最上流の瀬からの落ち込みで落ちアユを効率的に捕食しているシーバスを狙い撃つんだが、
昨晩はそのピンにはいない。

あとは消去法。

そこがダメなら、ちょい下。

みたいな感じでその日のピンを絞っていく。

昨晩もその作業をいつもより丁寧に繰り返す。

時折出る、鮭のハタキにビビリながら探る。

ここで大きく勘違いをしていることに気づく。

鮭のハタキ音だと思っていた音が実はシーバスの捕食音だった。

この時期「バコン!!」や「バシャ!!」とかハイシーズンのボイル音を聞けると思わなかった。

しかもそのボイルが出ているのはピン中のピン。

あそこに流し込むのは至難の業。

さあ どうやって攻略しよう・・・

これを考えるのが非常に面白い。

ハイシーズンのボイル打ちでの数釣りも最高に面白いが、ゲーム性に欠ける。

俺はこの時期のいるのに食わない魚に口を使わせる釣りが大好き。

案の定 いるのに食わない時間が続く。

昨晩の水色はやっぱりジンクリアー・・・

やはりこのカラーを軸に組み立てる。
PA230897_convert_20151024063312.jpg
スネコン13S デットリーアユ。

冒頭のアユの写真と似てますね(個人的にはもう少側面にシルバー色を入れてほしい)・・・)^o^(

でも まず表層から流して流れの速さ、向きなどを探る為、エスフォーで流す。

その数投目・・・

ズン。

ん???

とりあえず合わせるか、と 合わせ!!

ズン。

・・・

・・・

・・・

ん???

ズン。

ん???

寄せにかかるが、寄って来ない。

マジか???

と 何とか足もと近くまで寄せたが、魚体を確認出来ずにバラシ。

何だった???

もしかして鮭のスレか巨大ニゴイか???

と エラ洗いしなかったことからそんな想像をしていた。

後にこれが大きな間違いだったことに気づく。

このあとも続けるが表層での反応がない。

じゃあ やっぱりスネコンで流すか・・・

と 絶妙な位置にキャスト。

流す。

ドスン!!

来た!!

合わせからの~リフト!!

ヤバい・・・

リフトできない・・・

このまま頑張っても口切れしてバレる。

そう思い瞬時に竿をねかせ送りの動作も入れながら強引に寄せる。

ドラグは出せない。

魚がこっちを向いたのを確認して、強引にずり上げ!!
PA230651_convert_20151024061424.jpg
PA230679_convert_20151024061528.jpg
これもグットコンディションの82cm・・・

なかなかの重量感でした。

でも この魚はまだまだ・・・

撮影中も背後で聞こえるボイル音。

急いで撮影を済ませ、再度キャスト。

やはりピンを外れると全く食ってこない。

この状況が身震いするほど楽しい。

自分の技術次第で出せる魚。出せない魚。

この状況を体験出来るか出来ないかで、自分のスキル向上スピードが格段に変わる。

俺は常日頃こんな釣りを体験出来ていることは、恵まれていることですね。

というのもほぼ毎日 釣りにいていることから体験出来ることだと思う。

「継続は力なり」ですね。

そんな感じで何度も流し込むが、反応がない。

ここで信頼のチャートバックパールにチェンジ。

その数投目、これは入ったな~

と 思うほどの自画自賛のキャストが決まる。

ドスン!!

因みに昨晩のバイトは全部こんな感じ。

これも強烈な引きを楽しみズリ上げ!!
PA230694_convert_20151024061640.jpg
PA230706_convert_20151024061751.jpg
PA230750_convert_20151024061852.jpg
これもカッコいい魚でした。 85cm。

まだまだ~と続けるが、やはりドピンにしかいない。

難しい釣りが続く。

ワクワクしながら、キャストを続ける。

やはり これも入ったな~と 絶妙なキャストが決まると・・・

ドスン!!
PA230757_convert_20151024062021.jpg
PA230769_convert_20151024062138.jpg
PA230779_convert_20151024062246.jpg
PA230793_convert_20151024062344.jpg
これシーバスですよ)^o^( ちょい短い82cm・・・

重量感は半端なかったです。

これもやっぱりチャートバックパール。信頼のカラーです。

やはり この後もピンに流し込めたキャスト時のみ・・・

ドスン!!
PA230804_convert_20151024062450.jpg
PA230819_convert_20151024062552.jpg
PA230844_convert_20151024062710.jpg
チャートバックパール マットチャートで連発。 83・87cm

最高です!! スネコン130S!!

ここでお腹いっぱいになり、辞めようかな~

と 川を見つめると、まだいる感じ・・・)^o^(

でも しつこいようですが、ドピンに流し込まないと食わない。

絶妙なキャストが決まり・・・

ドドドン!!

と 今日一のバイト!!

合わせからリフトに入るが・・・

VANCOORで初めてのされたかもしれません。

なんせこんな魚ですから・・・
PA230852_convert_20151024062825.jpg
PA230853_convert_20151024062929.jpg
PA230866_convert_20151024063034.jpg
PA230872_convert_20151024063137.jpg
間違いなく今シーズン最強の魚でした。 84cm。

野鯉じゃないですよ、シーバスです・・・)^o^(

そんな魚ですね。

昨晩の魚でエラ洗いをした魚はいませんでした。

なんせ みんなこんなコンディションですからね。

体が重くて水面に出てこず、潜ろうとする。

ズン・ズンと・・・

楽しめました・・・)^o^(

このあと若干反応がなくなり、多分粘ればまた時合いが来ると思うけど、翌日は兄の結婚式。

潔く撤収としました。

いや~ 楽しめました!!

昨晩の釣行はこれに尽きると思います。

右腕の疲労感。

達成感。

最高でした!!

こんな感じで、昨晩の釣行は今シーズン最高の夜になりました。

このまましめてもいんですが、立場上 釣果報告ブログでは皆さんの為にならない。

昨晩の状況を軽く解説。

昨晩は前述の通り、ピンのピンにしか魚がいない状況。

しかも 対岸の障害物の裏の流れの反転流で頭を下流に向けているイメージ(この仮定が大事)。

ということはその反転流に乗せれないと食ってこない。

そのピンを直撃しても1本は釣れるだろうが、数は出せない。

やはり「流し込み」これが基本になります。

反転流のちょい上流にキャストし流しこむ。これは容易に想像出来ると思う。

でも 手前過ぎると流芯に入り ピンに流し込めない。

奥過ぎると根がかり。

その中間に着水させ、流し込む。

正にハラハラドキドキですよね・・・)^o^(

何度も言うが、こんな釣りが大好きです。

反転流に乗せるのはちょっとコツがあり、いつものようにライン先行だと、思い通り流せない。

想像出来ますよね?

コツとしては、ちょい上流にキャストし一気にラインスラッグを回収し、テンションを保ったまま流し、
反転流に入るターンの時に一回ベールおこし、ラインを放出。

この時いい感じにスネコンがバックスライド風にフォール。

この瞬間で食っているイメージです。

このテクニックは橋脚がらみの微妙な反転流でも使えるテクニックです。

お試しあれ・・・)^o^(

経験と相当な練習が必要ですけどね・・・)^o^(

昨晩の攻め方はこんな感じですね。

ちょっと難しいですけど、普通に流すだけでは、出ない魚は大体 ピンに居ます。

しかも 流しにくいピンに・・・

もしかして、まだ楽しめるかも知れない、雄物川の落ちアユパターン。

残り少ないシーズンを楽しみましょう・・・)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2015/10/24 08:15 ] シーバス | TB(0) | CM(10)

10/21 夕方→夜の部・・・ラストチャンス?

昨日は夕方から川に入り2時間程の釣行。

それにしても陽が暮れるのが早くなりましたね。

秋本番と言う感じ、というか 東北に関してはすでに晩秋といった感じ・・・

話はそれるが・・・

子供達は学校で「何の秋」にして秋を楽しむか話し合っているようです。

「食欲の秋」・「スポーツの秋」・「読書の秋」・・・

毎日風呂で、「何の秋にしようかな~僕 痩せてるから食欲の秋にしようかな~」と 何とも微笑ましい会話をしています。

「じゃあ お父さんは何の秋にするの?」と 聞かれ・・・

俺は迷うことなく・・・

「落ちアユの秋!!」と 答えてしまう。

バカですね・・・)^o^(

将来彼らがこうならないことを切に願います。

因みに「落ちアユの秋」と言ったことを嫁さんに密告され、白い目で見られたことは言うまでもありません・・・

俺にとってはそんな秋です・・・)^o^(

話を戻します。

雄物川上流域はすでに鮎も落ち切った感じ・・・

二日前も同じエリアに来ていたが、その時はもう終わったかな~という雰囲気でした。

でも どうしても諦められず、昨晩もりゅうさんと現地合流。

暗くなるタイミングで入水・・・

川を歩き、目的地へ・・・

この河原を歩くのも今年は今日で最後か?

と 思うと寂しいものがありますね・・・

そんなのも秋の醸し出す雰囲気・・・

道中 流れの中の流下物を探すがやはりいまいち・・・

やっぱり 落ち切ったかな~

なんて 話しながら目的地到着。

鳥もいるしまだ落ちてるかも、と 期待は膨らむ。

早速 高実績のポイントから流し始める。

・・・

・・・

・・・

予想通りの無反応。

昨日はやはり川に未練があり、それを断ち切るための釣行と考えていた。

釣れなければ、今シーズン河川釣行終了。

釣れれば、もう少し悪あがき・・・)^o^(

みたいな・・・

二人で広範囲に探るがやはり反応がない。

開始2時間が経過しようとしていたころ、上を打っていたりゅうさんが・・・

「エスフォーで出ました!でも乗りません。」とのこと・・・

ん???

まだ上を意識してるのか???(この時 イメージを変更)

と りゅうさんと立ち位置を入れ替わり、今度は俺が上を打つ。

エスフォー→コモモ→スネコンといつものローテーション・・・

今年も終わりか~

と 若干感傷的になりながら、ピンポイントに何度も流し込むが反応がない。

因みに昨晩のスネコン カラーローテーションの軸はナチュラルカラー・・・
PA210456_convert_20151022043427.jpg
まんま 落ちアユ)^o^(

しかし このカラーでも反応がない・・・

もしかして・・・

と 大好きなチャートバックに変えた1投目・・・

ドン!!

思いのほか強烈バイトによろけましたが・・・

その後が強烈。

それでも一気に寄せ・・・

ズリ上げ!!
PA210552_convert_20151022043621.jpg
PA210471_convert_20151022043453.jpg
ヤバイでしょ!!

この腹・この魚体。

間違いなく今シーズン最高のコンディションでした。

サイズは83cmと平凡でしたが、見とれてしまうほどカッコいい魚でした。
PA210484_convert_20151022043514.jpg
PA210499_convert_20151022043538.jpg
ちゃんとルアーが見えるように撮影したり・・・

なかなか難しいですね・・・)^o^(

やっぱり最高ですね。
PA210543_convert_20151022043559.jpg
スネコン130S!!(チャートバックパール)

最高の魚に巡り合せてくれました。

「ありがとう、また来年。」と感謝を込めて十分蘇生させリリース。

「もう 俺はお腹いっぱいです。」と りゅうさんに告げ・・・

昨晩は撤収としました。

さて・・・

このまま終わってしまっては、ただの釣果自慢ブログになってしまう。

それでもいいが、この状況で、こんな釣り方をした。と 自分の為に記録。(これ非常に大事。)

昨晩の状況を軽く解説。

昨晩の状況で、いつもの「スネコン放置プレー」をしていても恐らくこの魚は捕れなかったと思う。

じゃあ どうやって釣ったの?

と 当然疑問に思う。

ヒントは直前にエスフォーに反応があったこと。

これで昨晩は考えを一気に転換。

先日の三本もそうだったが、底での反応がメインだった。

恐らく瀕死を通り越し、ほぼ死んでいる落ちアユを底で待機しているシーバスが効率よく捕食している、イメージが俺の頭の中で
確立され、表層付近でのまだ元気な落ちアユのイメージを取り去っていた。

昨晩の無反応時間を助長させていた。

ここからは仮定の話。

当然違うかもしれない。でも この仮定(イメージ)することが非常に大事。

落ちアユも落ち切った感がる河川。シーバスも相当神経質になっている。

捕食レンジも限られてきて、一番捕食しやすい、表層ちょいちょい下レンジを意識している仮定。

だから表層をユラユラ動くエスフォーでの乗りが悪い。

それと同等レンジのコモモへの反応が無いのも同様。

じゃあ それよりさらにちょい下レンジを刻まないと食ってこない。

そこでスネコンの出番。

でも いつも通りの放置プレーだと、底過ぎてこれまた食ってこない。

要は表層ちょいちょい下、底よりちょい上レンジ。

イメージとしては中層よりちょい上位。

しかも 魚の数は多くない。

ピンのピンにしかいない感じ。

それは時折出ている「チュボッ」という反応で確認済み。

大体いるピンは分かった。

あとはそこに正確に打ち込むキャスト技術。

これはさほど問題ない。

あとはそこに流し込む技術。

これが問題。

ラインスラッグを先行させ何度も流し込むが、若干ずれてる感じ。

それを何度も修正し何とかヒットに持ち込んだ。

こんなスリルのある釣り・・・

最高ですね・・・)^o^(

ところで どおやってそんな微妙なレンジを刻むの?

と 当然疑問に思われますよね。

その方法も軽くご説明。

まずいつも通りアップにキャスト。

いつもならこのまま放置。

だが、着水後 放置→ちょいリフト→放置→ちょいリフト→放置。

これの繰り返し。

要はショートリフト&フォールですね。

あとはこのリフト&フォールのレンジを捕食レンジに合わせるように微調整する。

こんな感じです。

簡単に書きますが、真っ暗闇の川でこんなこと出来るの???

と 思われるかもしれない。

やってるんです・・・)^o^(

イメージしそれを実践し、釣果に繋げる。

これが最高に楽しいし、気持ちいいですね・・・)^o^(

釣れたからこんな感じに書けますが、やはり雄物川上流域も非常に魚が薄い状況。

もしかして結構下流で爆釣しているかもしれませんね。

それを探すのも楽しいかもしれません。

残り少ない落ちアユシーズン楽しみましょう・・・)^o^(

今晩も何処かに出没するかも・・・)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2015/10/22 10:30 ] シーバス | TB(0) | CM(2)

10/20 時間は有効に・・・

昨日は夕方の部・・・

20:30からアポがあったので、そのちょっと前までの釣行。

本来ならばもっとやりたいのだが・・・

どうにも変則的な予定が多く、まともに釣りに時間をかけれない。

しょうがないですね。働き盛りの39歳・・・

忙し過ぎることに感謝をしながら、日々生活しています。

よく釣り場でお会いする方々に言われることは・・・

「毎日釣りに行けていいですね」が圧倒的に多い。

俺が何の仕事をしているかご存じの方はそんなことは言わないと思う。

とにかく忙しい!!

これに尽きると思います。

逆にその人たちは「仕事もしてよく毎日いけますね。」と言って貰える。

これが非常にうれしい。

一日とは24時間しかありません。

その24時間を有効に使うのも大人だから出来ることだと思う。

いや「それが出来るのが大人」である。

と 日頃 後輩社員達に言い聞かせている。

なんだか偉そうだが、そう思う。

職業柄 必要資格が多く、若手社員は毎年 資格試験を受験している。

彼等の口癖は「忙しくて勉強する時間ねっす!」・・・

これが一番多いそれに対し俺は「自分の生活・行動を見直してみろ!」といいます。

彼等若者はいろんな事の経験値が低く、何をやるのにも遠回り・・・

それは当然のこと。

それを修正し近道に導くのは我々の役目。

スタートして湾曲してゴールしていたものを直線でゴール出来るように導くことにより、ここで初めて「余裕」が出来る。

この余裕で得た時間を有効に使いなさい。

と 言い聞かせているが、10人に言って理解しているのは、1人か2人・・・

でも いいんです。そおいう若者が将来会社を背負って行くと思う。

俺もこの「余裕」を作るために常に考え、創意工夫し、釣りの時間。家族との時間。試験勉強の時間。その他諸々。の時間を作っています。

因みに、39歳にしてまだ毎年何かの資格取得にチャレンジしています。

自慢ではなく、会社の為でもなく、自分の為にやっているんです。

最近では専門分野の資格は取りつくした感があり、専門分野外の資格にチャレンジしています。

これが非常に面白い。

いままでわからなかったことが、わかってくる。

これが堪らなく楽しいですね。

学生時代 脳をあまり使ってこなかったので、今なおスポンジのようにいろんな知識を吸収しています・・・)^o^(

要はバカだから空っぽの脳にいっぱい入ってくるんでしょうね・・・)^o^(

何を言いたいかと言うと、毎日必死になって「余裕」を作る為に頑張っているんです。

こんなことを書くのも先日、某所でお会いした方に、「釣りばっかりしていいですね。こっちは忙しくて行く暇がありません。」と
バカにされたように言われてしまい、ちょっとムカついていたので書いてみました。

確かに、お住まいの地域によっては、毎日行けない方も多いかと思う。

でも 行けないなりにも準備・情報収集にさける時間は作れると思う。

そんな時間の使い方もいいと思いますよ・・・)^o^(

そんな感じです。

あれ? だいぶ話はそれましたが、昨日は釣れたの???

と 思われるかもしれない。

ご安心ください。

完全無反応でした・・・)^o^(

でも 得るものもあったので、後程試してまたご報告します。

今晩は最後の落ちアユ探しに川に行く予定。

では また明日・・・(-_-)
[ 2015/10/21 10:00 ] シーバス | TB(0) | CM(6)

10/20 早朝の部・・・まだまだいるね・・・

昨晩の釣行に引き続き・・・

今日は早朝の部・・・

秋田シーバスシーズンも残すところあと1ヶ月とちょっと・・・

行けるときいっとかないと12月になってから絶対後悔する。

これだけは確実なこと。

毎年そう思う。

俺のようにほぼ毎日行っている気違い人間でもそう思うんだから・・・

サンデーアングラーはさらにそう思いますよね。

そんな10月20日・・・

本来ならばサーフで毎日 爆釣時期なんだが・・・

今年はベイト接岸外れ年・・・

昨年は良かったのにな~

が 口癖ですね・・・

でも 居るところには居る。

これは確実。

全くいないわけはない。

そんなポイント、秋田港・・・

ベイトは居ないが、シーバスは居る。

その条件は点在するストラクチャー・・・

これを見つけれさえすれば釣果は近づきます。

近づくだけで、釣れないこともありますよ・・・(-_-)

というか 俺の場合 釣行時間が極端に短いので、釣れないことの方が多いかも・・・)^o^(

昔に比べれば秋田港も変わり俺がシーバス釣りを始めた17歳の時、どこに行っても釣れたし・・・

どこでも釣りができた。

そんな秋田港はもうありません。

何処に行っても釣れないし・・・

そもそも釣りを出来るポイントが無い!!

いや 何処に行っても釣れるんだが・・・

その釣れるポイントが軒並み立入禁止。

今朝も釣行後秋田港を見ながら走りましたが、いつもならサビキ釣りで賑わっているポイントに釣り人の姿が無く・・・

よく見ると、いつもは解放されている、フェンスゲートが閉まっている。

これじゃあ釣りは出来ませんね。

このまま閉まったままだと彼らはどこで釣りするんでしょうね???

ますます、釣り場が減る秋田港です。

そんな 秋田港でもまだ辛うじてやれるポイントもあり・・・

幸いそこはよく釣れる。

今後立入禁止にならないことを切に願います。

話はそれるが、やはり立入禁止になるのは、法律等(ソーラス関係)諸説あると思うが、やはり釣り人のマナーに起因している
部分も少なからずあると思う。

ゴミの散乱。迷惑駐車。コマセの散乱 諸々・・・

最低限のマナーは守りましょうね・・・)^o^(

話を戻そう。

そもそもなぜこのポイントを選択したかというと、外洋方面にベイトがいないことと・・・

どうしても残り少ないシーズンで先日届いたGaboz!!!90のサンプルで釣果を出したい。

この一心で今朝も寒い中 海に向かっていました。

AM3:00現地着。

状況観察。

ベイトなし!!

水色クリアー!!

釣れる要素なし!!

困ったもんです。

でも こんな状況でも足元のストラクチャーには絶対居着いているはず。

そう思い表層を岸と平行にGaboz!!!でガボッと出てくることを祈りながらしつこく攻める・・・

無反応。

風が出てきて表層での攻めはきつい感じ。

じゃあ ちょっとレンジを下げよう。

と こいつで・・・
PA200440_convert_20151020061701.jpg
Blooowin140S・・・

これもやっぱりチャートバック(何度も言うが、個人的にはベリーにオレンジ色を入れて欲しい)・・・)^o^(

どこまで行ってもチャート好き。

因みに秋田はどこに行ってもシャロー帯が多く、シンキングで且つレンジの深いルアーは馴染みが薄いと感じています。

サーフで使ってみたが、やっぱり沈むことと、レンジが深いことで70m位は飛ばせますが、すぐ底をこするため、出番は少なかった。(リップチューンがあるらしいので今後試してみます。)

しかし、磯・足場の高い港湾・テトラポイント等では、足元までしっかり泳いでくれ抜群の安定感です。

昨年も終盤あのポイントでもベイトが沈んだとき、最高の釣果を得られました。

まあ そんなことを書くのは簡単ですが、釣果が伴わなければ説得力がない。

通い慣れたポイントなので、どこにどんな根があるか大体把握している。

あの護岸の切れ目の沖には確か根入ってたな~

と 過去の記憶を探りながら転々と打っていく。

真っ直ぐ。

斜めに。

そんな何もないような秋田港でもピンポイントの攻めも出来るんですよ。実は・・・

でも 暗いうちが勝負。

薄明るくなり始めた頃 ようやくバイトが出始めた。

でも なぜ乗らない???

何かが違うんでしょうね。

そんな何回目かのバイトをようやく乗せることができ・・・
PA200429_convert_20151020061817.jpg
PA200439_convert_20151020061722.jpg
居着きらしい体色ではありましたが、まあまあサイズの71cm・・・

やっぱり居ましたね。

このあともちょい粘りましたが・・・

AM5:10タイムアップ・・・

仕事するか~

会社へ・・・

ここで軽くBlooowin140S使用時のイメージの仕方。

昨年の晩秋から使い始めてまだ多くの状況で使い込んでいないので、今のところのご説明。

Blooowinの特徴は・・・

①シンキング設定なこと

②よく飛ぶこと

③動きすぎないこと(個人的な感想)

大まかに言うとこんな感じ。

恐らく前述の通り秋田の方にシンキング設定のさらにちょっとレンジの入るミノーは馴染みが薄いと思う。

俺もそうでした。

でも そのシンキング設定が大きな武器になります。

沈むということはフローティング設定で限界まで潜らせたレンジより下を引けるということ。

当然フローティング設定同様に上も引ける。

なるほど!!と 思いませんか???)^o^(

着水後カウントを取りながら沈め・・・

巻き始める。

イメージではそのレンジをキープしたまま、回収する感じ。

使い込んでいくうちにわかってきたが、カウントダウンから巻き初めで若干さらにレンジが入るイメージです。

因みに今日のカウントは5。

これ以上だと底の突起したストラクチャーに接触するし・・・

それ以下だとストラクチャーに潜んだ魚にアピールできない。

わざと突起物に接触させバランスを崩した際、ヒットする場面もありますが、あまりやりたくありません。

ディープクランクベイトのようにリップが長い場合はいいですが、あまり長くないミノーしかもシンキング設定では、
高確率で、根がかり→ロスト→凹む。となります。

そんな使い方です。

イメージ出来たかな???

じゃあVBでも良かったんじゃない???

と 言われそうですが、確かにそうです。

でも 縦に落とすと即根がかりするポイントなんです。

そんなポイント皆さんの周りにもありますよね?

そんなポイントで是非使ってみてください。

今まで出せなかった魚も出てきてくれると思いますよ・・・)^o^(

どんなルアーでもそのルアーの特性をよく理解し、状況に合わせた「イメージ」をすることでもっと釣果を伸ばせると思います。

イメージとヒットが同調したとき・・・

これがルアー釣りの醍醐味ですね。

どうぞ、お試しあれ・・・)^o^(

参考までにBlooowin140Sについてのログがいろいろあります。

興味深いものあるので購入前に覗いて妄想。 いや違う!!「イメージ」することをおすすめします。

では また明日・・・(-_-)
[ 2015/10/20 09:40 ] シーバス | TB(0) | CM(6)

10/19 夜の部・・・終わったかな???

昨晩も懲りずに上流部へ・・・

昨日は単独での釣行。

目的地はあそこ。

しかし ここ数日の減水傾向が気になる・・・

暗くなる直前に現地到着。

早速 川を遡上し、目的地へ・・・

到着した時点で真っ暗。

時折 背後の藪がざわつく・・・

そして鳥の叫び声・・・(-_-)

周囲には誰もいない・・・

もし 突然動物的な奴らが襲いかかってきたらあそこに逃げよう!

とか・・・

あの棒を持って挌闘しよう!

とか・・・

見てはいけないものが見えたら見なかったことにしよう!

とか・・・

それだけ 不気味なポイントなんです・・・)^o^(

多分 単独ナイトをしているのはそんなに多くないと思う・・・

まあ そんなポイント・・・

早速 状況観察をするが、3日前より水位は10cm以上下がり流れも緩い。

シーバスの気配もない。

でも もっと暗くなればもしかして・・・

と いつものローテーションで探るが反応がない・・・

真っ暗になり立ち位置の数百メートル上流で鳥がギャーギャー騒いでいる。

なんだ???

その数分後・・・

大量の・・・
PA190428_convert_20151020061849.jpg
落ち鮭(ちょっとグロイですね。)・・・

大量の落ちアユは大歓迎だが・・・

これは凹む・・・

すっかり秋といった感じですね。

折角ここまで来たしこのままでは帰れない。

上下数百メートルを何度も流しては上って・・・

を 繰り返しましたが・・・

無反応。

約2時間みっちりやりましたが、完全無反応。

でも こんな時だからこそ見えてくるものもある。

スネコンのいい条件、悪い条件。

昨晩は流れが緩すぎていつもの流すだけのアクションでは見切られている感じがします。

もしかして魚が全く居なかった可能性もありますが、1匹居ても反応させてしまうルアーだと思う。

あのエリアには絶対数匹は居たはず。

それを食わせられないのは腕の悪さが原因。

要はこんな状況の時はこう使う。

みたいな使い方が分からなかっただけ。

そんな条件の昨晩はいい勉強になりました。

昨晩 気づいたこと・・・

流れが緩すぎると、流すだけの釣りだとすぐ底を取ってしまう。

=ねがかり→ロスト→凹む。

こうなる。

昨晩も何度か根がかりし危うく凹むところでしたが、PE2号のおかげで救出できました。

じゃあどうするか???

アップにキャスト。

流す。

底をこする。

一度しゃくって底から上げる。

そしてまた流す。

これの繰り返し。

以前からこの方法はやっていたが、流れの速い時は若干思い通りにコントロールできなかった。

でも 昨晩はいい感じに流せました。

これは今後への収穫ですね。

特にこれから始まる特定のポイントでコノシロパターンの時はハマると思います。

こんな感じで良くないときでも出来ることはある。

昨晩はそんな釣行でしたね。

そして 上流部にはもういないかもしれないし・・・

今後の雨の増水で最後のアユが流れてくるかもしれないし・・・

それを分かっているのは魚達なんでしょうね・・・

では また明日・・・(-_-)

※追伸

昨晩 釣りを終え 車に戻る際 ヘッドライトの電池が無くなり 暗闇の川を下りました。

幸い月明かりも若干あり、通い慣れた川 だったので、事なきを得ましたが・・・

初めての河川だったと思うと、今 思い出しても怖いですね・・・

これからの時期 気温が下がると電池の消耗も早くなります。

釣行前に確認することをおすすめします。

確認したんだけどな~
[ 2015/10/20 07:15 ] シーバス | TB(0) | CM(0)

10/18 早朝の部・・・多忙な一日・・・

今日は青物狙いに男鹿へ・・・

落ち鮎パターン終盤の河川に行くべきだったかもしれないが・・・

久しぶりの穏やかに予報・・・

こりゃ青物でしょ!!

と りゅうさんを誘い一気に入道埼方面へ・・・

明るくなってからが勝負なので、AM4:45現地集合で待ち合わせ。

入る岬は決めていた。

でも 久しぶり過ぎてルートを忘れている・・・

まあ なんとかなるでしょう。と 真っ暗闇の磯へ・・・

崖を下り・・・

岩を乗り越え・・・

目的の岬周辺に差し掛かると餌釣り師が入ってきた。

その時 完全に判断ミス・・・

本来のルートをそれてしまい、餌釣り師達に譲るように隣の岬に立っていた。

足場が高すぎてこの岬では釣りにならない・・・

よって 移動を余儀なくされ、一気に南磯へ移動・・・

道中 ボイルしている岬を発見したが、当然そこには先行者。

そおですよね。今日天気よかったもん。

当然 釣り人も多数。

立ち位置を確保するのが、非常に困難。

そんな日でしたね・・・

さらに移動を続け、某有名地磯へ・・・

ここでも立ち位置を確保すべく磯を歩き回り・・・

ようやく確保できた位置でとりあえずスタート・・・
PA180362_convert_20151018174904.jpg
本当にいい天気でしたね。

まさに釣り日和(^◇^)

でも こんな日にいい思いをできたのは少ない。

それが脳裏をよぎる。

さあ 釣れるかな?

と キャストを続けるが、反応がない・・・

ちょっと続けていると入りたい岬に陣取っていた餌釣り師が帰るようなので、その位置に入り直し仕切り直し。

状況は悪くない。
PA180359_convert_20151018174648.jpg
射程範囲内にいい感じの潮目・・・

こりゃもらったでしょ~

と 続ける。

しかし、この後約3時間投げ続けましたが・・・

完全無反応。

しかも 車に戻る道中 小石に躓き転倒・・・(-_-)

痛かった・・・

完全な運動不足ですね。

ここで再度移動。

そろそろ開幕しそうなポイントを見に行きましたが、雰囲気なし。

サーフも見に行きまいしたが、同じ。

潔く諦め撤収としました。

ここでりゅうさんとお別れし、俺はちょい仕事。

事務所に行き黙々と・・・

明日以降の仕事を釣りのためにやれるとことまで片付け・・・

帰宅。

帰宅し休む間もなく近くの公園にお散歩。

因みにこのお散歩、週末の恒例行事となっているが、家から遠回りして歩いていくため、総歩行距離コースによっては8~10km・・・

なかなかの運動になります。

早朝 フラフラになるまで磯を歩き・・・

キャストを続け・・・

もうフラフラです。

公園に往き 子供たちは目的の「ババヘラ」を食い・・・

俺は恐らく15年以上会っていない幼馴染と再会・・・

パッと見 誰だかわかりませんでした・・・(^◇^)

ちょっとお話しし・・・

池の鯉に餌をやり・・・

帰宅。

帰宅してから今度はこれまた久しぶりの美容院へ行きさっぱり。

何とも忙しい一日でしたね。

これで魚がバンバン釣れてれば何にも感じませんが・・・

今 この記事を書いているときも何度も意識が飛んでいます・・・(^◇^)

こんな感じで今週末も終了。

明日以降天気も良さそうなので、もう少し下流域の落ち鮎調査にでも行こうかと検討中。

では また明日・・・(-_-)

最後に・・・

男鹿磯 特に地磯での体験です。

確かに入りやすい磯が多く、そんな場所は比較的足場もいい。

でも スニーカーでライフジャケット無しでの釣行は危険すぎます。

イカシーズン特に多く見かける光景ですね。

是非ご自身の身を守るためにも、スパイクとライフジャケット位は身に着けて釣行して欲しいものです。

そして一番ムカつくのが・・・
PA180364_convert_20151018175111.jpg
PA180363_convert_20151018175007.jpg
PA180361_convert_20151018174804.jpg
これどう思いますか?

昔から気になっていますが、オキアミ・コマセ等のまき餌類の散乱・・・

巻くときに飛び散るのはわかるが・・・

なぜ残ったものを捨てていく???

この神経がわかりません。

確かに一雨来れば流れるだろうが・・・

晴天続きだと不快極まりない。

不快理由

①くさい
②見るからに汚い
③危険

特に③の理由でムカついています。

斜面にこの餌が残っているところに足をかけると当然滑ります。

何度も危険な目にあってきました。

綺麗に撒くか、汚したら綺麗に流す。

最低限のマナーだと思いますけどね・・・

こんなことを書くと批判されるかもしえませんが、あまりにも酷かったので・・・

何より安全第一の観点から書かせて頂きました。

不快に思った方 申し訳ありません。
[ 2015/10/18 20:26 ] 青物 | TB(0) | CM(4)

10/16 夜の部・・・もう少し・・・

昨日は夜の部から・・・

やはり あと少しだけ楽しめそうな落ちアユパターン・・・

ようやく先日の増水もおさまったので・・・

夕方 りゅうさんと現地集合・・・

暗くなるタイミングで入水・・・

やはりこの時期高実績のポイントへ・・・

到着すると真っ暗になりいい感じの雰囲気を醸し出す・・・

遠くにはこちらを睨みつける小動物・・・

タヌキかキツネだと思う・・・

というかそれ以外だと怖いからね。

もしかしてクマだったりして・・・

考えないことにしようとまずは表層からいつものエスフォーで・・・

反応なし。

ちょいレンジを下げてコモモSF145・・・

反応なし。

いつも通りのローテーション・・・

いつもならエスフォー→コモモの段階で何らかの反応がある。

この時点で今日は厳しいな・・・

と判断。

ここで 満を持してスネコン130S登場!!

昨日の水色はジンクリアー。

まずはナチュラル系のコノシロで流す・・・

反応なし。

次はゴールド系へとどんどんアピール度を増していく・・・

房総サンセットまでローテーションした時点で、ちょっと違うな・・・

と 判断・・・

じゃあパール系で・・・

と ピンクキャンディーを投入・・・

その1投目・・・

アップからの流しから自分の正面付近まできたので回収・・・

と 回収動作に入ると・・・

ドン!!

これはビックリ合わせで乗らず・・・

もう少しアピールを落とすか・・・

と チャートバックを投入・・・

因みに俺の中でチャートバックは必需品・・・

大体のルアーでこのカラーをチョイスしている。

なぜか釣れちゃうカラー。

本音を言うとベリーにオレンジを入れて貰えると個人的に最強だと思っている。

運河でも、海でも、河川でも・・・

それだけ信頼を置いているカラー。

その数投目・・・

もしかして・・・

と 思い昨晩はアップ→自身の正面を通過→U字ターンまでじっくり流すことにした。

すると・・・

あっさり・・・
PA160288_convert_20151017055650.jpg
PA160294_convert_20151017055715.jpg
80ジャスト・・・

結構食ってる。
PA160295_convert_20151017055832.jpg
ランカーでした・・・

バイトは相変わらず、「コッ」でしたね。

でも 昨晩はほぼ無風。

そんなバイトもビンビン感じます)^o^(

なんせ集中力半端なく流してますからね。

この後も下流に数百メートル流しながらしつこく攻めるが、反応がない。

ちょい下流に移動し、岸際の反応を見ると、時折「チュボッ」とこの時期らしいボイルが数発・・・

いることはいるな、と判断。

確かに対岸までは射程範囲。

でも この暗闇で1個2500円位するルアーを対岸の岸際にビシビシ打ち込むのは相当な技術と・・・

何より度胸が必要・・・

ルアーの中にはブルーブルーから支給されたものもありさらに度胸が必要・・・)^o^(

でも そこは集中ですね。

昨日は絶妙なサミングでラインの放出を制御し対岸の際にビシビシ決まります。

自画自賛のキャストが続く。

あとは魚の反応を得るだけ、と さらに集中しスネコンを流す。

すると・・・

丁度 ボイルしていた周辺で・・・

「コ・・・」と 極小バイト・・・

合わせ!!からの~ゴリ巻き!!
PA160320_convert_20151017055900.jpg
PA160330_convert_20151017055926.jpg
ちょいサイズダウンの75cm・・・

やっぱりこれもチャートバック・・・

信頼のカラーです。

撮影を終え まだ居るだろうとほぼ同じ位置に着水。

→流す・・・→コツ)^o^(

連発です。
PA160339_convert_20151017060011.jpg
PA160346_convert_20151017060028.jpg
ちょいサイズアップの78cm・・・

やっぱりこいつもチャートバック・・・

さあ まだまだ~

と 思ったがこの後反応が無くなり・・・

撤収としました。

昨晩は流し方に変化を付けいい感じの反応を得られました。

一晩中やればまだまだ出そうでしたが、翌日も朝から普通に仕事なので、おじさんはこの辺で・・・

と 楽しみは翌日へ・・・

それにしてもいいルアーです。

スネコン130S・・・

どおせ フィールドモニターになったからそんなことを言ってるんだろう。

と 批判を受けるかも知れませんが、そう言われても気にならない位 釣れます。)^o^(

近くで見ているりゅうさんもすでに信者?になりかけてます)^o^(

今日も新色が入荷するとのことで近所の上州屋に買いに行くそうです。

秋田県内各店舗 品薄状態が続いていますが、是非 購入をおすすめします。

長いことルアー釣りをしていますが、これだけ衝撃的なルアーはリバード90S以来かな???

と 思うルアーです。

ご存じの通り俺は以前からこれだ!!と言うものしか紹介していません。

そのアンテナがビンビンになるくらいの物です。

ちょっと 扱いに癖はありますが、慣れるとこの時期これだけ武器になるルアーも無いと思います。

飛距離が出ない。扱いにくい。との声も良く聞こえてきます。そう思う方、現地で聞いて頂ければと思います。

自称 気さくなおっさんなので・・・

女性アングラー大歓迎です(嘘)・・・)^o^(

今日はカラーの話。

俺が所有しているスネコンは・・・
PA170353_convert_20151017081613.jpg
この5カラー+同じカラーの予備を数個・・・

これで夜な夜な徘徊しています。

因みにブルーブルーから支給されているのは多くはありません。

フィールドモニターになったからと言ってザクザク ルアーが送られてくるわけじゃないんですよ)^o^(

誤解がないように一応言っときます)^o^(

メーカーに希望のカラーの在庫が無く結局自分で買っちゃいます)^o^(

上からチャートバック・ピンクキャンディー・房総サンセット・ゴールドキャンディー・コノシロとなっています。

諸説ありますが、その日の水色で先発は決まります。

クリアーな場合、コノシロ→ゴールドキャンディー→房総サンセット→チャートバック→ピンクキャンディーとアピール度を増していきます。

濁っている場合はほぼ、ピンクキャンディーとチャートバックのローテーションです。

濁っている場合、本来ならばブラック系のシルエットくっきり系がほしいところですね。

そんな感じで現在手持ちのカラーで試行錯誤しながら楽しんでします。

昨晩は思いのほかアピール度の強いカラーに反応が集中しました。これも今後のローテーションの参考になりますね。

カラーについてはこれだから釣れる!!というものは確かにあるかもしれませんが、無いかもしれません。

あやふやですが、これが長いことルアー釣りをしている俺の結論です。)^o^(

なんじゃそりゃ!!と 言うわれかもしれませんが、そんなもんです・・・)^o^(

何はともあれ釣り場に行かないと魚は釣れません!!

これだけは確実なこと。

だから俺は雨だろうが雪だろうが、雷さえならなければ釣りに行きます)^o^(

これからさらに寒くなる秋田ですが、残り少ないシーバスシーズン楽しみましょう・・・)^o^(

※昨晩の実釣時の外気温 5~7℃・・・寒かった・・・(-_-)

では また明日・・・(-_-)
[ 2015/10/17 10:07 ] シーバス | TB(0) | CM(3)

10/15 夜の部・・・やっと来た・・・

やっと来た・・・

もしかしてデカいの釣った???

と 思われるかもしれない・・・

ご安心ください・・・

釣れてません・・・(^◇^)

こんなに釣れない秋も珍しいですね・・・

というか 今年は釣りの時間を確保するのが非常に難しい・・・

そんなのは言い訳ですがね・・・(^◇^)

昨日も行きたかったが・・・

夜は野暮用・・・

んで 今朝はそのため寝坊・・・(-_-)

たるんでますね・・・

んで 今日は日中 一気に仕事を片付け・・・

やっと来たものを一度家に取りに行き・・・

まずは運河へ・・・

ところで何が来たの???
P1410964_convert_20151015211200.jpg
これです!!

今月発売のブルーブルー Gaboz!!!90・・・

そのサンプルが届きました・・・

本来ならばもう少し早く手元に届く予定でしたが、手違いで届かず・・・

でも 届いたのでよしとしよう・・・(^◇^)

早速 使ってみるべく真っ暗な運河へ入水・・・

真夏に比べ水色も悪くない・・・

しかし ベイトが全くいない・・・

このルアーを試すならまず運河と思っていただけにちょっとがっかり・・・

小一時間頑張りましたが完全無反応・・・

じゃあ 秋田港へ と移動・・・

早速ベイトを求めてうろうろするが全くいない・・・

困ったもんですね・・・

今年のベイトの少なさは異常なような気もしますね・・・

でも あそこならどこかに潜んでいるだろう・・・

再度移動・・・

ここでやれても一時間だな~

と Gabozを岸際を通す・・・

岸から30cm程度の位置を岸と並行に通ると・・・

ガボッ!!

出た!!

でも ルアーを飛ばされフッキングならず・・・

このあとも同様のパターンで2回出たが、乗らず・・・

この時期トップにこんなに出るなんて・・・

と 驚いたとともに・・・

何とも面白いルアーですね・・・

引けば水面から潜らず・飛び出さず水面をキープ・・・

アクションを入れるとポッピング・・・

もう少し早く・・・

真夏にほしかったですね・・・

これからの秋田では出番は少なそうですが・・・

思ったよりサヨリに効きそうな動きにちょっとだけ楽しめです・・・(^◇^)

コンセプト等詳しくは下記参照願います・・・

Gaboz!!!90

近々に釣果報告できるように頑張ります・・・(^◇^)

では また明日・・・(-_-)

10/12 夕方の部・・・土砂降り)^o^(

昨日は夕方の部・・・

天候は相変わらずの天気・・・

土砂降り→強風→張れ→曇り→強風→土砂降り)^o^(

こんな感じの天候が短い周期で目まぐるしく変わる感じ・・・

要は釣りなんかしないで、家に居ろ!!

そんな感じの天候でしたね・・・

どうせ 日中は仕事だしと半分 行ければいいかな程度の感じ・・・

雄物川の水位を1時間おきにチェックしていると微妙だが増えている・・・

この感じは夜 爆発的に上がる感じ・・・

じゃあ その上がりっぱなを狙う方が利口・・・

そう思い夕方職人さんが帰るのを見送り・・・

出発!!

一気に上流域へ・・・

高速を利用すると早いもんです。

約45分・・・

目的地に到着・・・

状況観察すると、いい感じの濁り・・・

でも あと数時間で濁流になるだろうと予想・・・

早速小雨がぱらつくなか入水・・・

ん???

やっぱりちょっと多いな・・・

と 危機感を感じながら戻れるように水位の増加に注意を払いながら・・・

キャスト・・・

着水・・・

う~ん 思ったより流れが速い・・・

やっぱり急激に増えている感じ・・・

これはやりにくい・・・

昨晩の風向きは流れと同じ方向の左から右へ・・・

この状況は思い通りのコースを流しやすい・・・

それはいいんだが、強くなったり・・・

弱くなったり・・・

これを短い周期で繰り返すのでちょっとやりにくい・・・

でも 先日の爆風よりは全然マシ・・・

と 微妙に流すコースを調整しながら何度も流すと・・・

はやり極端に底で反応がある・・・

ちゃんとかじってくれよ~

と 念力を送りながらやっていると・・・

ザーーーーー

突然の雨 しかも結構強め・・・

それでも集中を切らさずに流すと・・・

コ・・・

と 本当に微妙なバイト・・・

ちゃんとかじったかな???

と 十分待ってから・・・

合わせ!!
P9150022_convert_20151013074121.jpg
狙いのサイズじゃなかったですが、うれしい一本です)^o^(

昨日もいい感じに流れてくれました・・・

スネコン130S・・・

この後も粘ろうかと思いましたが、突風を伴った土砂降りに変わり、雷の気配を感じ撤収としました・・・

昨晩はまだまだ居残りの居るであろう上流域を散策しましたが、やっぱり数は大分減ってきている印象がありますね。

でも この増水傾向がおさまればまたちょっとの期間だけは楽しめそうです・・・

それまでは我慢ですね・・・

ここで最近 釣り場・メール等でよく聞かれることにお答えしたいと思います・・・

「スネコンは飛ばない!!」・・・

これをよく言われます・・・

現地ではゆっくり乗せて投げればいいんですよ。なんて あっさり言っていますが、多分ご理解頂けていないと思います。

飛ばない!!と言われる方のタックルを聞くと大体が細いライン(0.8~1号位)でMLかLクラスのロッドで飛ばそうとしています。

確かにかなりの腕前の方はそれでも飛ばせると思いますが・・・

俺を含め大概の方は難しいと思います・・・

スネコンの取扱説明書を参照願います。

説明書の中にもありますが、ライトロッドでは飛ばない。とあります。

ルアーウェイトが23gもありますからね。

じゃあ 硬いロングロッドで投げれば・・・

と 思われるかもしれませんが、それもまた違うような・・・

スネコンのみで釣りをするんならいいでしょうが、それでは楽しくない・・・

ビンビンのロングロッドでは他のルアーを投げることが難しく汎用性がない・・・

やはり硬めのシーバスロッドが無難だと思います。

因みに俺が使っているのは、この時期限定ですが・・・
PA130274_convert_20151013073335.jpg
PA130275_convert_20151013073405.jpg
VANCOOR92H+ステラ4000XGのセット・・・

これにPE2号+リーダー8号・・・

やり過ぎじゃない???

と 思われるかもしれませんが、この位のタックルじゃないとこの時期不安で不安で・・・

因みに先日バラシたサイズは余裕で90以上ありましたが(逃がした魚は大きいというが・・・)・・・

恐らくファイトタイムは10秒も無かったと思います・・・

近くで見ていたりゅうさんもびっくり・・・)^o^(

2号を使っているのは強度の問題ともう一つ・・・

ルアーを流しやすいから・・・

ん???

なんで???

と 思われるかもしれない・・・

ルアーを流す際 どんな条件でも変わらないことは、ライン先行で流れること。

2号まで上げると1号とかそれより細いラインより水の抵抗がありいい感じにライン先行で流れていきます。

当然それに引っ張られる感じでルアーがより自然に流れに同調して、流れていきます。

特にスネコンのような巻かないルアーには有効な手段だと思い実践しています。

それと根がかりしても頑張れば高確率でフックが伸びてくれます)^o^(

因みに河川用でもう一つ BEAST BRAWL 95MH+ステラ4000XGを使っていますが、このセットではやはり飛距離が落ちます。

ちょっと話がそれましたが、タックルについてはこんな感じです。

あとは投げ方ですが、イメージはゆっくりです。

よいしょ!!って言う感じ・・・)^o^(

解りませんよね)^o^(

いろんなキャスト方法がありますが、俺は前方から振りかぶって竿に重さが乗ってから前方に投げる至って普通のキャスト方法。

ペンデュラムキャストは不得意です・・・)^o^(

いつもなら振りかぶって重さが乗ってその反発力で素早くスイングします。

その際右投げの人は左手をグリップエンドを握っていると思います。

その左手を素早く手前に引いていると思います。

普通のキャストではこの左手が非常に重要。

これも普通のルアーをキャストするならいいのですが、空中でバランスを崩すようなルアーでは初速が早いとその時すでにバランスを崩しフラフラと飛んでいき、「飛ばないな~」と思ってしまうような印象があります。

実際 俺も最初はそうでした・・・

何度も投げ込むことにより、何とか納得のいく飛距離を出せるようになったのは最近です。

ここからはイメージしてください)^o^(

まず振りかぶり竿に重さが乗って・・・

前方にラインごと押し出すように・・・

よいしょ!!

と 投げます。

ラインもろとも送り出すイメージです。

ベイトタックルでビックベイトを投げていた人はイメージしやすいと思います。

正にあんなイメージです)^o^(

これが出来れば格段に飛距離は変わってきます。

何はともあれ釣り場に行って実際やってみないとわかりませんね・・・)^o^(

練習あるのみです。

是非 スネコンで釣ってみたい!!と言う方・・・

頑張りましょう!!

これから秋田は日に日に寒くなる季節です・・・

今現在も凄まじい天気です・・・)^o^(

雨・突風・雹・雷もなってるし今日は釣りに行かず仕事します・・・(-_-)

そんな時期でも行かないことには釣れません・・・)^o^(

今年はまだまとまったベイトの接岸が無くさみしいハイシーズンですが・・・

これからの時期を楽しみましょう・・・)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2015/10/13 17:09 ] シーバス | TB(0) | CM(4)

10/11 早朝の部・・・特訓ならず・・・

今朝は宣言通り男鹿磯へ青物特訓・・・

予報では昼前くらいから風が強くなりそうなので早朝出社前の時間に行くことにした・・・

AM4:15頃到着するとほぼ同時に3名ほぼ一緒に磯へ・・・

今朝は特訓が目的なのでで比較的入りやす有名地磯へ・・・

まだ薄暗い時間帯・・・

海が見えてくるといい感じの波・・・

そして足もとに水たまりを見ると小さなベイトが打ち上げられていた・・・

これはもらった!!

と 声に出して言ってしまった・・・

これを後に後悔・・・

ベイトはカタクチイワシだと思うが、小さい・・・

5cm位 この時期もう少し大きいはずなんだがと思いながせり上がってこない立ち位置へ・・・

リーダーを組み直しさあキャスト!!

と 思ったら真横からまず一発波をくらいちょい凹む・・・

トップから探り始め、ミノーでバイトはあったが乗らない・・・

こんな感じにいろいろ試していると風が強くなりはじめ・・・

波も高くなり・・・

もう3発波をくらいがっくり・・・

さらに波が高くなり続行不可能と判断・・・

他のポイントに行こうかと思ったが、タイムアップ・・・

何とも不甲斐ない釣行となってしまった・・・

それにしても思いのほか天候の悪化が早かった・・・

まあ この時期しょいうがないですね・・・

これからの時期 秋田は晴れる方が珍しい・・・

でも 熱い時期・・・

天気予報とにらめっこの日々が続きそうです・・・

今朝は丁度いい感じに波を被りいつもしていることを書こうと思います・・・

いつもいろんなコメントを頂きますが、その中でもタックルの日々のメンテはどうしてるか?

この件が今年に入ってから結構多ですね・・・

返答としては釣行直後のメンテが重要としていますが・・・

文章だけではよく伝わらない・・・

ということで画像付きで・・・

まず釣行後車に戻り・・・
PA110241_convert_20151011105326.jpg
簡易シャワーで潮を洗い流す・・・

温水じゃダメですよ、水です。

温水だとオイル類が流れ落ちます・・・

でも 真夏だとポリ缶の中で勝手に温水になりますけどね・・・)^o^(

ルアー・ウェアーも出来る限り現地で洗い流す・・・
PA110242_convert_20151011105305.jpg
PA110245_convert_20151011105351.jpg
ルアーに関しては出来る限り現地で潮を抜いたほうがいいです・・・

ルアーは錆びないが、フックは放置するとすぐ錆びます・・・

当然ですよね・・)^o^(

ほぼ全部純正フックを使っていないので特にフックに着いた海水を入念に洗い流します・・・

そしてこれも重要・・・
PA110246_convert_20151011105416.jpg
手洗い・・・)^o^(

石鹸はミューズ・・・)^o^(

臭い手のまま車に乗りいろんなところに触ると車内が臭くなる・・・

それだけは勘弁・・・

あと重要なのは、ウェアー類を横に置かないこと・・・
PA110251_convert_20151011105555.jpg
こんな感じでハンガーで整理・・・

横にして保管すると風通しが悪くすぐ臭いを発生します・・・

臭いウェアーを着て釣りしたくないですよね・・・)^o^(

車のトランクルームはこんな感じ・・・
PA110249_convert_20151011105515.jpg
PA110250_convert_20151011105535.jpg
こんな感じで10リットルのポリ缶に常に満タン状態にして釣りに行く・・・

これが簡易シャワー
PA110247_convert_20151011105436.jpg
PA110248_convert_20151011105454.jpg
いろんなメーカーの物がありますが、ネットで「簡易シャワー」と検索すればいろいろ出てきます。参考までに・・・

現地でやるのはここまで、あとは帰宅し出来るだけ早く再度ルアーを洗い・・・
PA110255_convert_20151011105622.jpg
秘密基地に干す・・・)^o^(

リールは状態を見ながら淡水用・海水用に使い分け・・・
PA110260_convert_20151011110207.jpg
予備リールとローテーションしながら使っています・・・

状態の悪いくなりかけたリールは注油しその間は予備リールで凌ぐ・・・

酷い物はメーカーに依頼しオーバーホール・・・

以上が日々の釣行後のメンテですね・・・

因みに今回ご紹介した方法は、海の釣行後の場合です。

淡水域(河川釣行)では軽くルアーを洗う程度で秘密基地に干すのは変わりません。

厄介なのは汽水域での釣行・・・

汽水域=海と考えた方がいいですね・・・

特に秋田運河での釣行後は注意が必要です。

いろんな排水が流れ込みかなりの雑菌があると想像できます・・・

釣行後ウェアー類を放置しておくとあり得ない位の匂いを発します・・・)^o^(

これが運河に足を運ばなくなった理由かもしれせんね・・・)^o^(

こんな感じで日々のメンテを怠らなければ、釣り具は長持ちすると思いますよ・・・

因みに04ステラはまだ現役使える程 状態はいいです。

では また明日・・・(-_-)
[ 2015/10/11 12:17 ] 青物 | TB(0) | CM(8)

10/10 夜の部・・・もったいね~

今日は夜の部から・・・

の前に・・・

昨晩も一応 行っていました・・・

夜の秋田港へ・・・

でも 時間がなく偵察が主・・・

前日の爆風が残っていて釣りにならない状態・・・

しかし こんな時は風裏にサヨリがたまるはず・・・

と そんな風裏を見に行くと・・・

そんなに濃くないが・・・

バガン!!

と サヨリを食ってるとき特有の強烈ボイルが数分に一回・・・

そんなに入ってないな~

と 短時間でしたがやってみるも見事に無視されましたね・・・(^◇^)

そんな感じで昨晩は撤収・・・

んで 朝行こうかと思ったが・・・

何か気が進まず・・・

とりあえず仕事をすることに・・・

ちなみに三連出勤です・・・(-_-)

日中 それとなく仕事をこなし・・・

夕方若者に仕事を託し・・・

おじさんは釣りに・・・(^◇^)

第一ポイントでりゅうさんと合流・・・

本来ならば昨晩確認したサヨリを追いかけるほうが確実に釣果を望めるだろうけど・・・

どうしても気になる落ち鮎・・・

先日の再現といきたかったが、水位の関係で行けず・・・

ということで どこまで魚が残っているか確認すべく転々とする作戦・・・

その第一ポイント ここは毎年確実にランカーサイズが出るポイント・・・

今年も数本捕っている・・・

絶好の水位よりちょい低いが悪くはない水位・・・

明るい時間帯から入水・・・

この時点ではベイトの雰囲気はありましたが・・・

暗くなるにつれシーーーーン・・・

粘ると一発でましたが、ナマズっぽい出方・・・

早々に切り上げ第二ポイント・・・

ここは岸際に障害物があり、その上流・下流での釣りが主になる・・・

ある程度水深もある・・・

しかも上流側には馬背もありその落ち込みには絶対ついているはず!!

と 密かに自信があった・・・

こんなポイントでは・・・
PA080234_convert_20151009071523.jpg
やっぱりこいつの出番・・・

スネコン130S・・・

最初二人同時に入り攻めるが攻めにくい感じ・・・

りゅうさんが下流側に移動したので俺がいい立ち位置に入り数投目・・・

やっぱりドアップに投げ流すだけ・・・(^◇^)

イメージでは馬背のてっぺんに着水させ深い部分に流れ込むイメージ・・・

実はこのイメージが非常に大事・・・

底をコツコツこする感触・・・

そのコツコツあたる中でも明らかに違うコツ・・・

そしてラインを持っていく・・・

バス釣りのワームでかけに行く感じですね・・・

ラインスラッグを巻き取り・・・

思いっきり合わせ!!

この瞬間が最高に気持ちいい・・・

感触から完全にイッたサイズ・・・

でも 問答無用に寄せ・・・

かかりを確認すると、130mmのルアーをぱっくり縦に咥えていました・・・(^◇^)

これはバレない!!

と さらにリフトすると・・・

ポーーーーーン・・・(-_-)

外れました・・・(-_-)

外れた瞬間 あまりの強引さに魚はプカーと浮いている状態・・・

これなら掴める!!

と ハンドランディングを試みたが・・・

魚体に触れた瞬間 バシャ!!

やっぱり逃げられました・・・

もったいね~連発でした・・・

このあとりゅうさんにスネコンの使い方をレクチャー・・・

これも我々の重要な任務ですね・・・

ご希望の方がおられましたら釣り場でお声かけ下さい・・・

女性アングラー大歓迎・・・

深い意味はありません・・・

比較的気さくに対応すると思いますよ・・・(^◇^)

自称 気さくなおっさんなので・・・

記事にして解かりやすく書くのも限界がある・・・

やはり実際やって見せて本当に巻かない感じを見て頂き実感してもらう・・・

これが一番伝わるとおもいますね・・・

立ち位置を譲り俺は下流側へ・・・

するとあっさり釣っちゃうりゅうさん・・・

小物を・・・(^◇^)

でも 大したもんです・・・

このあと往生際悪くちょっとやらせてもらいましたが反応なし・・・

楽しみはあとに取っておくことにしました・・・

それにしてもパンパンなランカーサイズだった・・・

もったいね~

これに尽きますね・・・(-_-)

もっと粘っても良かったが明日はハードな特訓が控えているので撤収としました・・・

明朝は出勤前の青物特訓の為に男鹿磯へ行く予定・・・

では また明日・・・(-_-)
[ 2015/10/11 00:01 ] シーバス | TB(0) | CM(0)

10/8 夕方の部・・・爆風!!

昨日の午後から凄まじい天気でしたね・・・

この状況・・・
15100818.png
釣行エリアは画像の赤○部分の周辺・・・

もうちょっと上かな?といった位置・・・

ちょうど釣行時間帯の天気図があったので表示しときます・・・

この時の風は恐らく15m前後・・・

正に爆風・・・

物凄い風でした・・・

それでも行ってしまう・・・

バカですね・・・)^o^(

現地でりゅうさんと待ち合わせ・・・

この時期鉄板のポイントへ・・・

昨年の同時期 いい思いをしてるだけに・・・

期待が膨らむ・・・

因みにその時の記事も参考までに・・・

10/3 夜の部・・・一日遅れの・・・参照

現地に到着するといい感じに暗くなり始めてきた・・・

外に出ると・・・

物凄い風・・・

凄まじい風でした・・・

これで釣りになるの???

と 思いながらポイントまで移動・・・

何とか到着し・・・

状況観察・・・

最悪の風でした・・・

流れは右から・・・

風は左からの爆風・・・

真正面にキャストしても2時くらいの位置に着水・・・

ラインはもっとふけラインコントロールが非常に難しかったですね・・・

早速実績の瀬部分にキャストし実績のコースを流すが全く反応がない・・・

というか 風のおかげで全く思い通りのコースを通せない・・・

現在 雄物川は落ちアユシーズン真っ盛り(ちょっと陰りが出てきた状態)・・・

俺の落ちアユパターンの鉄板ルアーは・・・

①魚がいることを確信しているとき→エスフォー11

②ピンポイントに居ることを確信していると→コモモSF145

③表層・周囲に雰囲気が無いとき→スネコン130S

④何やってもつれちゃうとき→ジョイクロ178

いつもは①の攻めで表層から探るが・・・

昨日の風はそれも許さない・・・

流れと真逆の風 ラインが取られ表層の攻めは出来ない・・・

じゃあ②でちょい下レンジを探るがこれも思い通りいかない・・・

ここで出番なのがスネコン130S・・・

使っている方はご存じだと思いますが・・・

このルアー巻かなくても動くんです!!

今年の夏初めてこのルアーを使いましたが、今までにない動きにワクワクしたのを鮮明に覚えています・・・

そして この動きは落ちアユ時絶対有効に作用する!!と・・・

因みに落ちアユはどおやって落ちてくるかご存じですか???

流れのど真ん中では違うかもしれませんが・・・

大体緩い流れの部分を漂うように頭を下にして瀕死の状態で流れ落ちてきます・・・

それを周囲で見ているシーバスが簡単に吸い込むように食っています・・・

この時期 シャロー部分にウェーディングしているとよく見る光景です・・・

どおやってルアーを動かせばいいか参考になるので、落ちている鮎を見かけたらじっくり目で追いかけて見てください・・・

いいもの見れると思いますよ・・・)^o^(

このとき肝になるのが、頭を下にしてと頭を下流方向に向けて、です。

正にスネコンのフォール姿勢・・・

そおじゃないのも居ますが、まだ元気な証拠・・・

この時期は断然落ちアユを食う方がシーバスも簡単・・・

よって成立するパターンだと思っています・・・

実績からこの時期大爆釣なんですが・・・

あいにくの気象条件・・・

何とか思い通りのコースに流せて・・・

ツン・・・
PA080193_convert_20151009071432.jpg
PA080196_convert_20151009071635.jpg
PA080228_convert_20151009071458.jpg
何とかゴン太な78cmを一本・・・

大体攻め方は分かったので同じパターンで追加!!

と 行きたかったんですけど・・・

雷が鳴り始めあえなく撤収となりました・・・

因みにバイトは「ツン」とか「プン」とか微妙なバイトが多いので違和感を感じたら合わせてみるのもこの時期の特徴です・・・

そんなバイトで釣れた時 いい感じに流せたな~

と 実感しています・・・

この10月からブルーブルーフィルドモニターになってしまいました・・・

ただ単純にブルーブルー製品を「釣れますよ!!」「いいですよ!!」「買ってください!!」と言うだけなら誰でも出来ます。

俺の強みは釣りは下手だが、釣行回数・日数共半端ないこと厳寒期も行くので恐らく300日前後だと思います・・・

そして釣りが好きなこと・・・)^o^(

よって他のアングラーより圧倒的に釣り場での経験が豊富(うまい・下手は別として)^o^()・・・

今後 その経験を生かし釣れた状況に合わせてどのように釣ったかを出来るだけ詳しく書いていこうかと思います・・・

当然自然相手の遊び・・・

気象条件によっては、特にこれからの秋田県は天候に恵まれることが非常に少ない・・・

釣れない日も多くありますが、釣れない日も更新はします・・・

自分の為に・・・

今後もお付き合いして頂ければと思います・・・

ということで、昨日の捕獲時の状況から・・・

前述の通り、爆風しかも流れと真逆・・・

この時はキャストもままならない・・・

キャスト技術も問われますが、スネコンの場合 昨日の状況では逆にプラスに働いていたと思います・・・

スネコンをすでに使いこないている方々も多く居ると思いますが・・・

基本的にあまり飛びません・・・

俺も納得いく飛距離を出せるようになったのは最近です・・・

でも 風を味方につければ大体の方は飛ばせると思います・・・

昨日はその条件にぴったり・・・

風を背負ってドアップ(正面を12時だとすると3時寄りの2時と3時の間位)にキャスト・・・

この時スネコンの頭を下流に向けさせるために下流に向かって一シャクリ・・・

あとは・・・

放置・・・)^o^(

本当に放置です・・・

放置プレーと言う言葉もありますが・・・

まさに「放置プレー」です・・・)^o^(

ただこのまま放置しているとシンキング設定なので根がかり→ロスト→落胆 となります・・・

出来るだけ長く流すために張らず緩めずのラインテンションを保ち・・・

集中です!!

これに限ります・・・

そこをこすった感触を得たら瞬時にリフト・・・

そして・・・

放置・・・)^o^(

これの繰り返しで自分の正面に来たら回収です・・・

この繰り返しで川の流れと同調させながらただ流すだけ・・・

ドリフトさせてU字を切っても釣れますが、若干サイズが落ちます・・・

大型になればなるほど楽に捕食しているようです・・・

皆さんの会社の役員・上司もそうでしょ???

楽な仕事をしてブクブクと・・・

おっと 話がそれてしまいまいした・・・

特に昨日は風が強すぎて非常にバイトを取りずらい状況でした・・・

もしかしたらもっと食っていたかもしれません・・・

後にルアーを確認したら結構歯型がついてました・・・

因みにスネコンは着水後頭を下にしてフラフラしながら前方にフォールします・・・

俺は新しいルアーを購入すると必ずお風呂で動きを確認します・・・

スネコンも試して見ると見事に俺の方に向かって沈んできました・・・

危うくチ○コにフッキングしそうになりヒヤヒヤしたことを鮮明に覚えています・・・

その動きを川の中で再現すると結構納得のいく釣果に恵まれると思います・・・

おかげさまでスネコンは秋田県内どこに行っても品薄状態・・・

因みに数日前 ドジャーズさんにはまだありましたよ・・・)^o^(

と こんな感じで秋田県内河川の落ちアユパターンもあと少し楽しめそうなので、皆さんもお楽しみください・・・)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2015/10/09 15:33 ] シーバス | TB(0) | CM(6)

10/6~8 困ったもんだ・・・

10/6~今朝まで・・・

秋田県内を走り回った・・・

雄物川上流域→米代川中流域→秋田市市内→男鹿→雄物川・・・

その結果・・・

・・・

・・・

・・・

完全ボーズをくらっています・・・)^o^(

気持ち良いくらいに全く反応がありません・・・

というか 魚がいません・・・

釣ってる人は釣ってますが・・・

俺のルアーをかじってくれる魚はいませんでした・・・

その前に終日釣りをしてるわけじゃありませんよ・・・)^o^(

日中から夜まではちゃんと仕事をしています・・・)^o^(

早朝から出社前と夜短時間・・・

このサイクルでいろいろまわりましたが・・・

俺のルアーをかじってくれたのは・・・
PA060188_convert_20151007083958.jpg
こいつだけ・・・

長さだけならメーターオーバーでした・・・

因みに久しぶりに行った近所の秋田港でした・・・

でも こいつがいるということは、ベイトも居るはず・・・

と 少々粘りましたが・・・

この時期たっぷり入っているはずのサヨリがいない・・・

いつも居るところにも・・・

居ない・・・

困ったもんです・・・

男鹿にはそれなりにベイトも入っているようですが、秋田市周辺サーフはさっぱりですね・・・

男鹿に行けばいいのでしょうが、交通事情の関係で効率が悪く、時間があるときしか行けない・・・

まあ これからでしょうが・・・

一昨年の大不調を思い出すほどの状況ですね・・・

今晩から荒れそうだし・・・

さらに苦痛な日々が続きそうです・・・

先日 久しぶりに秋田港に行って思いましたが・・・

さらに釣り場が少なくなりそうですね・・・

いたるところにフェンスが張られ・・・

ほぼ全域が立ち入り禁止・・・

現在 サビキ釣りで賑わっているポイントも背後にはフェンス・・・

このままでは本当に全域が立り禁止になってしまいそうで不安になってしまいますね・・・

シーバスを初めて釣ったのも秋田港・・・

すでにそのポイントは立ち入り禁止・・・

困ったもんです・・・

ハイシーズンに突入していますが・・・

この調子・・・

困ったもんです・・・

何度も言いますが・・・

困ったもんです・・・

しつこいか・・・)^o^(

今晩はいよいよあそこに行けそうな水位・・・

午後から秋田県は内は強風警報が出ていて荒れてきそうですが・・・

行けたら行ってみますか~

では また明日・・・(-_-)
[ 2015/10/08 10:28 ] シーバス | TB(0) | CM(4)

10/5 早朝の部・・・流れたかな~

今日はようやく早朝の部・・・

ここ数日イケるチャンスはあったが・・・

ご存じの通り爆弾低気圧の通過により・・・

秋田県内はエライことになっていた・・・

被害は出ていないが・・・

川は増水・・・

海は大時化・・・

連日10m以上の強風・・・

とても釣りになる気象条件ではなかったですね・・・

そんな中・・・

なんとかなるかも・・・

と いくらか落ち着き始めた土曜日(10/3)の夜から雄物川中・上流域に行きましたが・・・

土砂降り・突風・雷で車から出ることも出来ず・・・

ふて腐れて温泉に入っていました・・・

日曜日の朝はさらに増水・・・

踏んだり蹴ったりの週末・・・

ストレス解消に・・・

と 今朝適水位をまだまだ上回っているが・・・

雄物川中流域へ・・・

AM3:00到着・・・

やれても2時間かな~

と 早速準備して入水・・・

濁りは酷いが真っ白になるほどではない・・・

水位も高いしいつもは露出している根周りも水没している・・・

その位置は大体わかっているのでその周辺に流し込むイメージでまずは表層から流す・・・

このポイント鉄板のエスフォーで何度も流すが・・・

反応がない・・・

おかしい・・・

これだけ水位が上がれば絶対入っているはず・・・

そう信じ 粘るとかなり沖で一発出た・・・

でも シーバスか???

一応 ボフッっといってるが・・・

なんか違う・・・

もしかしてとちょいレンジを下げスネコン130Sで表層ちょい下をユラユラと・・・

・・・

・・・

・・・

ボシュッ・・・
PA050167_convert_20151005082221.jpg
PA050168_convert_20151005082250.jpg
物凄い腹ですね・・・
PA050163_convert_20151005082317.jpg
多分鮎食ってるはずなんだが・・・

と 再度粘る・・・

カラーを変え表層ちょい下を流す・・・

・・・

・・・

・・・

ボフッ・・・
PA050172_convert_20151005082344.jpg
PA050179_convert_20151005082405.jpg
サイズアップ・・・

1匹ほどではないが・・・
PA050180_convert_20151005082422.jpg
こいつも食ってますね~

同じ鮎を捕食しているナマズがいるということはシーバスも居るはず・・・

と 粘るが・・・

このあと明るくなると共に無反応・・・

そういえば、このポイントでナマズが釣れだすとシーバスが釣れないことを思い出し・・・

潔く撤収としました・・・

AM5:00タイムアップ・・・

仕事するか~

会社へ・・・

今朝は期待しながら行ってみましたが・・・
やはり昨日までの増水で落ちアユも流れたかな~という印象が強かったですね・・・
でも この増水が落ち着けば溜まるところには溜まっているはず・・・
今晩・明日の早朝・明日の夜が勝負かな~という印象でしたね・・・
でも 今晩は川を変えようかと検討中・・・
さあ どこに行こうかな~)^o^(
では また明日・・・(-_-)

今日の収穫

ナマズ 2匹

2015年通算成績

シーバス 117匹(200匹)
ランカーサイズ 8匹(目標20匹)
ヒラスズキ 0匹(目標1匹)
バラシ
フックオフ 10
ラインブレイク 12

青物 24匹(目標100匹)
ソイ 135(目標200匹)

メバル 82匹
アナハゼ 1匹
ヒラメ 3匹
鯉 2匹
ニゴイ 6匹
ナマズ 6匹

[ 2015/10/05 08:51 ] シーバス | TB(0) | CM(0)

10/3 そろそろ行けるかな・・・

ここ数日 日本列島を通過した爆弾低気圧・・・

物凄い勢いでしたね・・・

ピークは過ぎたものの・・・

秋田県周辺は・・・

まだまだ海は高波・・・
波3_9
3日 9:00の段階でこの状態・・・

オレンジ色部分が波高5m前後・・・

昨日は7m位まで上がりましたね・・・

こんな状況ではいくら磯マルシーズンと言え行ってはいけませんね・・・

じゃあ 川にでも・・・

と 思ったが・・・

やっぱりまだ水位が高すぎ・・・

そして・・・
風3_6
終日10m以上の風が吹き付ける・・・

こんな状況では釣りになりません・・・

というか 危険すぎていけません・・・

今週末 秋田で頑張ろうかと思っている釣り人の方々・・・

こんな状況ですので・・・

厳しいかと思いますよ・・・)^o^(

でも・・・

今晩には川は若干落ち着くと思われます・・・

濁りは酷いでしょうが・・・

なんとかなるかな~

この激荒れがおさまれば・・・

恐らく沖に居たベイトも寄ってくるはず・・・

来週こそはいよいよ秋のハイシーズン突入!!

と なれば いいですけどね・・・

そう願う今日この頃・・・

10月は人の物件のお手伝いで休日が1日しか確保出来ない予定・・・

しかも 明日・・・

でも 何とかやりくりして黙々とプチ遠征を企画しています・・・

落ちアユが落ち着いた頃 行こうかな~

と 妄想の日々です・・・)^o^(

因みに行先は青森県!!

なにやらデカいのが釣れるそうなので・・・)^o^(

では 良い釣りを・・・
[ 2015/10/03 09:59 ] その他 | TB(0) | CM(2)

10/1 いよいよ・・・

いよいよ 始まってしまいました・・・

お気づきの方もいるかもしれません・・・

すでに励ましのコメントも頂いております・・・
参照願います→  ここ
いよいよ始まってしまいました・・・

先月 契約を交わし契約期間はとりあえず、来年末まで・・・

以後 更新してくれるか分かりませんけどね・・・)^o^(

こんな感じでいつも通り毎日釣りに行こうかと思っています・・・)^o^(

基本的に何も変えません・・・

もしかしたら、FC2→fimoに移行するかもしれませんが、とりあえずこのまま続けていこうかと思います・・・

いつも通り・・・

これに尽きます・・・)^o^(

毎日(雷・爆風以外は)秋田県内の海・川・山 どこかにいますので、見かけた際は優しく見守ってやってください・・・)^o^(

因みにどうでもいいことですが 今日(10/2) 39歳になってしまいました・・・

30代最後の年・・・

せいぜい頑張りますか~

では また明日・・・(-_-)
[ 2015/10/02 08:33 ] その他 | TB(0) | CM(8)

9/30 夜の部→ 10/1 早朝の部・・・まさかの・・・

昨日は順調に仕事が終わり・・・

早目に動けることに・・・

行先は決まっていた・・・

この時期 熱いポイントへ・・・

まだかろうじて明るい時間帯に現地到着・・・

早速 河原を歩くと鳥・・・

やっぱりね~

と 水辺まで行くと・・・
P9300153_convert_20151001143056.jpg
落ちてるね~

これは半分もらったようなもの・・・

ここで釣れなきゃどこに行くの???

というくらい自信のあるポイントに到着・・・

到着すると暗くなり始め・・・

いい雰囲気・・・

ちょっと状況観察の為落ちてくる鮎を探す・・・

偏光レンズ越しに探すがまだ確認出来ない・・・

試しに底をこすりながらゆっくり引いてくると・・・
PA010155_convert_20151001143205.jpg
相当 落ちているのを確認・・・

でも ボイルしないな~

と さらに状況観察・・・

出ないかな~

と 待つ・・・

真っ暗になったタイミングでキャスト・・・

ここで食わなきゃどこで食う・・・

というくらい絶妙なコースを通すが・・・

無反応・・・

おかしいな~

と 続けること2時間・・・

完全無反応・・・

昨日はここで撤収・・・

一度帰宅し・・・

翌10/1(今朝)早朝 再度入り直し・・・

AM3:30現地到着・・・

その時の気温 6℃・・・

いよいよこんな時期になってきましたね・・・

河原を見ると鮎の死骸がゴロゴロ・・・

こりゃいいでしょ~

と 再度 昨晩と同じピンポイントへ・・・

まずは状況観察・・・

・・・

・・・

・・・

落ちてくる鮎なし!!

ボイルなし!!

雰囲気なし!!

困ったもんです・・・

実績のコースを何度も通すが・・・

完全無反応・・・

いや~

参った!!降参!!

と 言いながら・・・

AM5:30撤収としました・・・

仕事するか~

会社へ・・・

昨晩・今朝とこの時期まさか・・・の完全無反応・・・
これには参りましたね・・・
頭の中は完全にランカー数本と格闘しているイメージしかなかった・・・
なぜかわかりませんが・・・
参りました・・・(-_-)
まあ こんなこともあるでしょう・・・
今日から降る雨に期待ですね・・・
一気に上向いてくれることを祈りましょう・・・
では また明日・・・(-_-)

今日の収穫

なし

2015年通算成績

シーバス 117匹(200匹)
ランカーサイズ 8匹(目標20匹)
ヒラスズキ 0匹(目標1匹)
バラシ
フックオフ 10
ラインブレイク 12

青物 24匹(目標100匹)
ソイ 135(目標200匹)

メバル 82匹
アナハゼ 1匹
ヒラメ 3匹
鯉 2匹
ニゴイ 6匹
ナマズ 4匹

[ 2015/10/01 14:59 ] シーバス | TB(0) | CM(8)