10/31 いよいよ配信・・・

今日は釣行記録ではありません。

告知する前に・・・

配信されちゃいました(^_^;)

スネコン130s解説動画

UPする前に見せてください!って言ってたんですけどね(^_^;)

まあ いーか)^o^(

動画の補足。

よく巻かない巻かない。と言っていますが、動画の中では巻いています。

しかし、巻いてスネコンを動かしているわけじゃないんです)^o^(

適度なラインスラッグを保ちながらそのスラッグをキープするためにだけ巻いているんです。

これを あの近距離の流しでは解説しきれませんでした(^_^;)

そんなことをイメージしながら見て頂ければと思います。

では どーぞ)^o^(
[ 2016/10/31 14:00 ] BB関係 | TB(0) | CM(24)

10/28 2016雄物川シーバス54・・・悶絶!

一昨日は夜から深夜の部。

いつもの夕方からの釣行ではなく・・・

夜・深夜帯がメイン。

珍しく同行者あり。

シーズン初めからお誘いを受けていたがなかなかタイミングが合わずようやく実現。

県南の変態集団 Fさんと。

Fさんここ最近 海も川も無いF島県 内陸部に出張していて、秋田での仲間の釣果に悶絶していたところ・・・

この日 帰還するとのことなので、半ば強引に・・・

「行く?」とライン。

「イク♥。」とのこと。

以前からスネコンの流し方等教えて欲しいとの事。

でも 教えることないでしょ(^◇^)

なんて 思いながら、彼らのメインエリアにお邪魔することにした。

今まで俺が行きたくても避けていたエリア。

雄物川は誰の物でもない。

漁協その他諸々。

生活の糧にしている人を除いて、釣り人にとっては誰のものでもない。

でも そのエリアをメインに釣りをしている方々は実際いる。

そこが釣れている!というだけで、ズカズカ踏み入ってしまうと何かとトラブルの元。

よって そのエリアをメインにしている方々とどうしても行ってみたかった。

トラブルを避けるために、この辺の配慮はしたいものです。

ポイント近くのコンビニで待ち合わせし、Fさん最近めでたいことがあったので、使い古したルアーをプレゼント。

この中から2個持ってっていーよ。というと、実績カラーを2個。流石わかっている(^◇^)

まず実績ポイント1に・・・

到着すると、先行者・・・

Fさんの同級生。

ごあいさつし、移動。

実績ポイント2。

しかし、水位が若干高くいまいち、どう攻めたらいいか分からない(^_^;)

再度移動。

このエリアに来るのは久しぶり。

昨年は何度も来ていたが、今シーズンは諸事情により来ていなかった。

大体魚の居場所は分かっているので、そのピンにスネコンを流し込む。

微妙に流すコースを変えながら流し込む。

ほどなくして、下流でやっていたFさん・・・

「あだったっすー」 訳「バイトありましたー」

これでちょっとだけテンションUP。

この直後・・・

いい感じに流れるスネコン。

この辺かな~

というところで・・・

ゴン!

・・・

・・・

・・・

合わせ直後・・・

フッ・・・

マジか~

と 第一悶絶。

この直後 アップからの流しで・・・

再度 ゴン!

ちょっと送って・・・

合わせ!!

フッ・・・

え~ これでも乗らんか~

と 第二悶絶。

このあと風雨が強くなり、何をやってるか分からないレベル。

ここで移動。

夏調子のよかったエリアに・・・

このポイントは10投以内に勝負がつく、ドピンポイント。

到着しFさん 先行で第一投。

ヒューン。 ※(この時点であれ?飛ばし過ぎじゃない?なんて思っていた。)

案の定・・・

「ガサッ」・・・

スネコン殉職。

リーダーを組みなおしている間に・・・

俺の出番。

上から順序に丁寧に流すが、反応なし。

うーん。

いまいちというか、恐らく魚が居ない。

よって移動。

ここも落ち鮎シーズン高実績ポイント。

因みにこの時期来て外したことが無い。

しかし・・・

到着して真っ暗闇で状況確認すると、流れも緩く、水位も異常に低い。

あれ?また外した?

ここでもちょっとやってみるがやはり反応なし。

うーん。

車まで戻り 作戦会議。

この時点で風雨が弱まり、やり易い状況になってきた。

バイトのあったエリアにもどることに。

24:00頃到着。

捕食音は聞こえないが雰囲気は悪くない。

多分 あそこだろう・・・

そこに流し込む。

スーーーー

・・・

・・・

・・・

ゴン!

合わせ!

フッ・・・

第三悶絶。

マジか!?

こんなに乗らん事ある???

落ち着いて今度はアップ方向にキャスト。

2秒くらい流れた位置で再度・・・

ゴン!

・・・

・・・

・・・

合わせ!!!

フッ・・・

第四悶絶。

嘘!?

マジ!?

なんで???

この状況、落ち鮎シーズンでよくある。

魚が小さいか・大きいか。

このどちらか、バイトの感触から後者だと思うが・・・

魚は居るが、少ない状況。

この後も続けるが、極端に反応が無くなり・・・

2:00 撤収となりました。

魚は居る。

ルアーにも反応してきた。

これを物にできないのはアングラーのは力量不足。

これを痛感する釣行となりました。

さて、川も最終盤。

来週いっぱいはなんとか釣りになりそうな感じ。

最後に納得のいく魚を仕留めてシーバスと一緒に海に降りますか~(^◇^)

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/30 08:45 ] 2016雄物川 | TB(0) | CM(2)

10/27 2016雄物川シーバス53・・・上がらないサイズ。

昨日は夕方の部。

夜のお勤めがあるので、やれても19:00まで、そんないつもの短時間釣行。

こんな時 無駄に新規開拓やらあそこ釣れてる情報に惑わされてはダメ。

自分が自信を持っているポイントに行くべきですね。

この時期 ほぼ確実に魚が居るであろうピンは数か所押さえてある。

しかし・・・

一カ所を除いて全て遠い。

ということで、現在常駐している事務所から一番近いポイントへ。

事務所から10分)^o^(

出来ればこの事務所に6月から常駐したかった(^_^;)

これが本音。

でも サラリーマン・・・

こればかりはどうしようもないですね(^_^;)

ここ最近も結構通っている。

数日間ランカーが続いたこともある。

しかし・・・

ここ数日・・・

サイズが上がらない・・・

なぜ?

魚は入っている。

でも デカいのが喰ってこない。

デカいのもいるはず・・・

そんな感じのポイント。

まあ 数釣ればサイズも伸びるでしょう(^_^;)

みたいな 安易な考えで行ってみた。

時間もないしここしか来れなかったのが本当の理由(^_^;)

早速 準備し河原に降りる。

10月下旬・・・

毎年この時期思うことだが、今年も川にあと何回入れるかな~

そんなことを思って寂しくも感じる釣行が続く。

河原を歩くと先週あれだけ居た落ちアユが、かなり薄くなってきている。

うーん。

ダメかな?

やっぱりそろそろ海かな~

これも毎年思うのがこの時期。

水中歩行を繰り返しそのピンポイントに到着。

さて どっちから攻めよう。

上か?下か?

最近 下で反応が集中している。

じゃあ下から。といきたいところだが、数日前より約20cm水位が上がっている。

こりゃ上だな。

そう判断し、上の瀬からの落ち込みブレイクにしつこく流し込む。

まだ若干 空が明るかったので、ブレイクの位置を頭に叩き込む。

居たら出てるけどな~

というピンポイントに何度も流し込んでいるのだが、出ない。

もっと暗くならないとダメか?

もう居ないか?

そんなことを考えながらも、絶対居るはず!

これはいつも思うところ。

数は相当少ないな~

さらに続ける。

手前から奥へ流すコースを変えながら何往復もする。

同じコースを流さないように注意しながら流す。

かなり奥に入れ長めに長す。

・・・

・・・

・・・

ブレイクを通過して数秒。

コン!

一呼吸置いて合わせ!

バシャバシャ!

え~

この時点で魚のサイズが分かってしまう。

ちょっとがっかりしながらグイグイ寄せる。

ズリあげ。
PA270024.jpg
PA270027.jpg
予想通りこのサイズ。

なぜこの終盤に来てサイズが上がらない?

でも このカラーで釣ってちょっとだけ満足。

スネコン130S(ストリームライダー プロト)

今のところ 日没以降しか使ってませんが、魚からの反応は好調です。

まだ ちょっとだけ時間があったので続行。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

反応なし。

かなり魚薄くなってきましたね~

でも まだ 最後のチャンスは必ず来る!

自分で納得出来る魚が捕れたら本格的に海にシフトして行こうと思います。

でも ちょっと厳しそうですね(^_^;)

これが本音。

まあ 程々に頑張りますか~

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/28 07:27 ] 2016雄物川 | TB(0) | CM(4)

10/25 2016雄物川シーバス52・・・雨・・・

昨日も夕方の部。

朝からバタバタ・・・

昼になってもバタバタ・・・

夕方になってもバタバタ・・・

そんな一日。

しかも・・・

昼過ぎから降り始めた・・・

雨。

しかも結構強め。

また大増水するか~

なんて思うほどの雨。

もう雨いらないよ~

なんて 気象チェック。

・・・

・・・

・・・

夜中には晴れそう。

これはいい傾向。

微妙な水位上昇で漂っていた落ち鮎一気に落ちますからね。

そんなことを思いながらスタート。

狙いどころはいつもと同じくブレイクとその下の開き。

スタート時 普通の雨が、入水したとほぼ同時に・・・

土砂降り。

生ぬるい空気。

雷の心配はなさそう。

続行!

月あかりも無い。

陽が落ちると真っ暗。

この時点でブレイクラインがどこにあるかさっぱり分からない。

結構通っているポイントなので、感覚でどこにブレイクがあるかわかる。

その感覚を頼りに丁寧に攻める。

手前から奥に向かってブレイクを刻んでいく。

着いてれば絶対食ってくると思う。

しかし・・・

無反応。

やはり水位下がり過ぎか?

先行者居たか?

いろんな理由はあると思うが無反応。

出ないか~

と 下流の開き部分を攻める。

真っ暗。

ホント真っ暗だった。

この状況でヘッドライトを点灯するのは好ましくない。

水中歩行もゆっくり音をたてないように進む。

ここでは上から下に向かって流しながら、コースを刻んでいく。

一流し目、いきなり釣っちゃおう!と スネコン130S(マットチャート)を投入。

この状況では最強だと思う。

真っ暗闇にあの濃い黄色。

見つけたら食ってくるだろう。

しかし・・・

出ない。

あれ?

今日は黄色じゃなかった?

チャートバックパールに替えもう一流し。

・・・

・・・

・・・

出ない。

ん???

次 ピンクキャンディー。

・・・

・・・

・・・

出ない。

おかしいな~

ストリームライダーに替え一流し。

中盤まで来たとき、コン!

合わせ!

フッ・・・

うそ~ん。

かからなかった・・・

でも フッキングしてないからまだ出る!

そう自分に言い聞かせ、再度上から流し直し。

その直後・・・

コツ!

合わせ!

バシャバシャ!

はあ~

なぜため息か? 

この時期 いきなりエラ洗いする魚は小さいんです・・・

それが分かっているので、一気に寄せる。
PA250008.jpg
予想通りの小物。

でも・・・
PA250003.jpg
PA250012.jpg
いい食い方です)^o^(

スネコン130s(ストリームライダー プロト)

これはこれで嬉しい一本。

この後 雨がさらに強くなり、釣っても撮影不能と判断し、潔く撤収としました。

まあ 楽しみは今日に取っておこう)^o^(

そんな感じ。

今日も夕方どこかに出没予定。

海かな~

川かな~

悩ましい時期です)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/26 06:48 ] 2016雄物川 | TB(0) | CM(9)

10/24 2016雄物川シーバス51・・・風強っ!

昨日は夕方の部。

うまくいけば夕方海にイケるかも・・・

そんな思惑もあったが・・・

生憎の強風。

恐らく海辺では爆風レベルの10m前後の西絡みの風。

波予報を見ると予想通り3m近くまで上がる。

こうなると、遠浅サーフでは全く釣りにならない。

じゃあ 川でしょ(^_^;)

みたいな感じ。

日中 一心不乱にパソコンに向かう。

カタカタ・・・

エンター

カチャカチャ・・・

エンター

カチャカチャ・・・

出来たー)^o^(

と 発注者に提出に行き・・・

暗くなったタイミングで、川へ。

本来ならば上の方に行きたかったのだが、時間もない。

しかも・・・

強風!

というか現地に立つと爆風のレベル。

左後方から強烈に吹き付ける。

流れは右から左。

流れと逆の風。

流す釣りでは最悪の風。

このポイントの狙いどころは2箇所。

上のブレイクかその下の開き部分。

手っ取り早くブレイクで一本!!

と 攻めるが反応が無い。

角度を変えて攻めるが反応が無い。

ん???

このタイミングでこのピンで出ないと居ないかな?

そんなことを思いながらもしつこくちょっとづつずらしながら、攻める。

あれ?

出ない。

じゃあ下。とちょっと移動。

出来ればこっちはやりたくなかった。

開き部分では流す釣りになる。

しかも 広範囲に・・・

風が邪魔。

この釣り方はラインスラッグの処理が一番重要。

スラッグの出し方でスネコンの動きが全く違ったものになる。

昨日の様な下流方向からの強風時は着水後竿を寝かせ、瞬時に水面にラインを置く必要がある。

これが非常にムズイ。

でも 面白い。

コツはいつもより上流方向にキャストし、いつもよりラインを長めに水面に置く。

すると 川の流れが風の影響を受けないで、下流方向に流れてくれます。

あとはスラッグ調整だけしてれば・・・

・・・

・・・

・・・

コツッ・・・

かなりラインを出してるのでバイトはこんな感じですこぶる小さい。

でも、釣れる魚は・・・
PA246185.jpg
PA246194.jpg
デカい)^o^(

スネコン130s(マットチャート)

月あかりも無く真っ暗な状態だったので、派手目のチョイス。

最高ですね。

この釣った感のある釣り。

大好きです)^o^(

昨日はこれで満足。

時間もないし撤収としました。

実釣時間1時間程度。

短時間でもじっくり丁寧にやれば、釣果の出る時期。

1投1投考えに基づいて投げる。

とりあえずキャスト。

これはピンの釣りでは辞めた方がいいですね。

さて 今日も朝からいい感じの風。

まだ 波が高そうな感じ。

でも 夕方にはいくらか落ちそうだしな~

海かな~

川かな~

贅沢な悩みですね)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/25 07:43 ] 2016雄物川 | TB(0) | CM(0)

10/23 早朝の部・・・初めて・・・

昨日は早朝の部から。

昨日は日曜日。

釣りにイケても早朝の数時間のみ。

さて どこに行こう?)^o^(

これを考えるのが楽しい。

そんな時期。

朝だけだしやっぱり川は効率が悪い。

じゃあ 海だよな~

でも 朝からなかなかいい感じの西絡みの風。

ということは、秋田市内近所のサーフは厳しい。

風を確認すると、北西からの強風。

こりゃ男鹿だな)^o^(

一気に移動。

まだまだ暗い時間帯に到着し先行者を確認。

予想通り、強風&雨&寒い。

釣りをする状況ではありませんでしたが、来ちゃったしな~

と スタート。

アジ釣り師の数名が、先端ではなく堤防の真ん中でやってくれたおかげで先端は空いていた。

速攻で陣取り、暗いうちはシーバス狙い。

しかし・・・

昨日はなかなかやりにくい風。

左後方からの爆風に近い強風。

ラインコントロールが難しく、思い通りのコースを引けない状態。

試行錯誤していると空が明るくなり初め・・・

青物狙いにシフト。

事前情報ではサワラ系の青物に混じりワカシ・イナダサイズが交じり始めて来た。とのこと。

サワラだけじゃなくニンジャリでどおやって釣り分けようかな~

なんて考えながらニンジャリMサイズをキャスト。

いろいろ試すが・・・

やっぱり 高速ただ巻きの変化に高反応)^o^(
PA236128.jpg
PA236126.jpg
ニンジャリM(ピンクジョカー)でポツポツと・・・

この後 暗くても高速巻き巻きに反応を示すサゴシ達。

飽きない程度に釣り、明るくなるのを待つ。

昨日は引くレンジを意識して攻める。

着水直後でゴン!
PA236131.jpg
カウント3でゴン!
PA236129.jpg
カウント5でゴン!
PA236132.jpg
カウント7で・・・

・・・

・・・

・・・

沈黙。

やはりサゴシは表層付近での反応がいいと思われます。

沈めても Mサイズで カウント5。

これを覚えておけばどこに行っても釣果を得れると思います。

因みに向かい風の場合は沈めるのではなく、表層を飛び出るくらいの高速表層巻きに良い反応を示していました。

風が強く表層が波立ち活性が上がってるんでしょうね。

こんな感じ。

ある程度釣って、若干飽きてきたので、ここで移動。

地磯に行き、青物を狙う。

有名地磯を回るが何処も物凄い人。

やっと 立ち位置を確保出来た磯でやってみるが、雰囲気無し。

再度移動。

最初の堤防へ。

今度はこっちを攻めてみよう。と足場の高い立ち位置でスタート。

すっかり陽が登り魚の雰囲気無し)^o^(

こりゃ 底だな・・・

と フォルテン30gをフルキャスト。

下巻きが出ていく位の飛距離)^o^(

ハイローラー+0.8号+30gのジグ。

相性抜群です。

あり得ない位飛んでいきますね)^o^(

そんな感じで、遠投しながら底を探ると・・・

モソッとヒット。

どうせアジだろう。と足元まで寄せ抜き上げ。

ん?
PA236148.jpg
これエソですよね?

初めて釣りました)^o^(

記念に・・・
PA236153.jpg
物もち。 フォルテン30g(ブル-ピンク) 

家に帰ってから調べましたが、日本海側には若狭湾~九州南部に居るそうです。

男鹿にも居るじゃないか)^o^(

なんて 思っちゃいました。

やはり海もおかしくなってるんでしょうね。

そんな釣行でもありました。

ここで タイムアップ。

例年通りと言えば例年通りですが、いつもの年より岸際にサワラの魚影が濃いような気がする。

これはベイトが寄っている証拠。

でも 釣ったサワラが吐き出すベイト、殆ど白魚のようなマイクロベイトがほとんど・・・

この状況あまりよろしくない。

・・・

・・・

・・・

まあ そのうち良いベイト入ってくるでしょう)^o^(

今日は夕方どこかに出没予定。

海かな~

川かな~

これを悩むのも楽しい時期です)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/24 08:17 ] 青物 | TB(0) | CM(6)

10/22 2016雄物川シーバス50・・・しくじった・・・

昨日は夕方の部。

土曜日ということで、いつもの休日出勤。

土曜祝日は黙々と事務処理。

日曜日はがっつり休む。

こんな毎日。

でも 11月は忙しそうだな~

恐らく日曜日も出勤になると思われる。

よってイケるときにガッツリ行っとこう)^o^(

なんて年中言ってるけどね)^o^(

要は忙しくても釣りには行く。

そんな土曜日。

恐らく川は落ちアユパターンを求めて混み合うことが予想されていた。

じゃあ 短時間でサクッと釣れると思われるポイントへ。

因みにここ 先日の撮影時本命ポイントだった。

しかし 前述の通り、ノーバイト。

絶体居る。

これは分かっている。

でも 出せないあの雰囲気。

一度皆さんにも味わって欲しい・・・

なんてね)^o^(

立ち位置に立ち、まずは状況を把握。

キャストせずに流れ・水位・ブレイクの位置をまだ薄明るいうちに頭に叩き込む。

完全に陽が落ち、暗くなり始めたタイミングでスタート。

投げるのはスネコン130S。

替えるのはカラーだけ。

チャートバックデカレンズホロ→アカキン→ストリームライダー(プロト)→チャートバックパール→マットチャート。

まずはデカレンズホロでスタート。

・・・

・・・

・・・

反応なし。

次・次・・・

と ローテーション。

いよいよストリームライダー。

どのカラーもほぼ同じ位置に着水させほぼ同じコースを流す。

これの繰り返しでカラーローテーションしていた。

いよいよ本命をキャスト。

数投して反応が無い。

替えるか・・・

でも 次で出るかも・・・

こんな直感。

大事にしたいですね)^o^(

ちょっと奥目に着水させ流す距離を長く確保する。

スーーーー。

張らず緩めずのラインテンションを保ちながらブレイクに流し込む。

スネコンの頭は下流へ向いている。

ブレイクに差し掛かり下方向の流れに一瞬テンションがかかり、その後の抜けた一瞬・・・

ヌン!!

合わせ!!

ズーン ズーン・・・

ヨシ!!

リフトするがエラ洗いなし。良型確定!!

だましだまし寄せ・・・

ランディング!!
PA226114moza.jpg
PA226117.jpg
スネコン130s(ストリームライダー プロト)

嬉しいですね。

さあ まだ居るはず。

連発してもおかしくない。

次にチャートバクパールを投入。

困ったときはこのカラー。

別に困ってませんでしたが投入。

2投目。

今度はブレイクをなぞるように張り気味のテンションで動かしながら流す。

イメージはブレイクラインをS字で縫いながら流す感じ。

頂点を抜けて回収に入ろうとした瞬間・・・

・・・

・・・

・・・

バコン!!

と 水柱!

おっ! こりゃデカい!

一気に寄せようとリフト!!

激流+ウェイトの乗った魚の引き=強敵)^o^(

無理しすぎてもバラシの原因。

瞬時にテンションを抜いた。

次の瞬間・・・

モソッ・・・

ん???

どうやら沈み根に巻かれたようです・・・(-_-)

ズリズリいいながら何とか寄せに入るが・・・

バラシ・・・

しくじった・・・

もっと強引にやっとけば・・・

逆にもっと緩くやっとけば・・・

色んなことを考えながら・・・

・・・

・・・

・・・

反省(-_-)

この後は出る感じが無かったので、早々に撤収。

約1時間の釣行ですが、楽しめたし・・・

今後の参考にもなった。

そんな釣行。

そろそろ川も終盤。

今年の釣りを反省しながら、残り少ないシーズンを楽しみたいと思います)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/23 10:45 ] 2016雄物川 | TB(0) | CM(0)

10/21 夕方の部・・・ジャークジャーク♪

昨日は夕方の部。

前日の撮影を終え、本来ならば心身共にゆっくり休もう。

これが普通の人の心理だと思う。

それだけ、精神的にやられた撮影だった。

楽しかったけどね)^o^(

痺れる釣りは好きだが、ドキドキする釣りはしばらく勘弁です。

ちょっと 川から離れたい思いから海へ。

目的地は二カ所。

磯と堤防。

まずは風裏になるであろう磯へ。

到着ししばらく歩く。

立ち位置付近に行くと・・・

思いの外波が高い。

風も予想と別の方向からかなり強く吹き付ける。

こりゃ危険が伴う。

移動。

堤防へ。

相変わらず、アジ釣り師がいっぱい。

そして バンバン釣っておられました。

今日も釣れてるなーなんて思いながら、先端を目指す。

予想通り先端には先行者。

他のルアーマンもチラホラ・・・

釣果は芳しくない。

澄潮。

風は背後からの強風。

こりゃ厳しいな・・・

これが第一印象。

まずは手前から魚の入り具合を確認する。

シャルダスをキャストし、水面に飛び出さないように巻く。

魚があれば数投で反応がある。

これで当日のパターンを突き詰めていく。

しかし・・・

その後 全く無反応。

あれ?

居ないか?

でも かなり沖でサゴシボイルはある。でも 届かない。

恐らく風が背後から強く、ベイトが沖に寄せられてる感じ。

これは相当厳しい。

手前には生命反応が薄い。

でもね、こんな時も手前に魚は居るんです。

潮は澄んでいる。

ということは、魚も離れている位置からルアーを見ている。

でも ゆっくり引いたら見切られる。

こんな時 素早い動きの出番。

Blooowin!140sを遠投。

着水後 糸ふけを出しながらパーンパーンとジャーク。

ジャーク後の瞬間停止で・・・

ゴン!
PA216094.jpg
ゴン!
PA216096.jpg
ゴン!
PA216097.jpg
ゴン!

しつこいか・・・

こんな感じで釣れ続く。

これも動画でお見せ出来ればいいのですが・・・

こんな感じのシャクリ方です♪

ターンターン ゴツ!

こんな感じ。

こつは若干スラッグを出しながらシャクルのがコツと言えばコツですね)^o^(

是非 やってみてください。

釣れた!ではなく釣った!!感覚を味わえると思いますよ)^o^(

この後は定番の・・・
PA216099.jpg
ニンジャリでポコポコ)^o^(

十分楽しめました)^o^(

こんな感じで海も川も騒がしい時期。

シーズン終盤を必死に楽しみたいと思います)^o^(

今日は川かな~海かな~

まずは仕事片付けてから考えたいと思います)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/22 08:43 ] 青物 | TB(0) | CM(4)

10/20 2016雄物川シーバス49・・・プレッシャー。

プレッシャー。

この言葉は色んな使い方がある。

プレッシャーをかけたり・・・

かけられたり・・・

今回は後者。

今回の話の発端は・・・

先月9月15日未明 俺の車内で、とある方との会話。

とある方「今度 戸澤さんにスネコンの使い方・流し方の解説動画やってもらうから」・・・

俺「はい。わかりました。」

心の中で・・・

「マジか?俺でいいのか?全国にもっと知名度のあるテスターいっぱいいるし・・・」

そう思っていた。

まあ 今だけの話だろう。そうも思っていた。

そのとある方とは・・・

お気づきの方はすでに気づいていると思いますが・・・

村岡さん。

そう ちょうど 今釣りビジョンで放映されている「シーバスジャーニー雄物川編」の撮影中 移動時の会話だった。

その前に シーバスジャーニーの撮影をサポートさせて頂いた4日間。

ホント 勉強になった。

最悪のタイミングで現地入り。

今年 川で釣りまくっていた俺もこの時期だけはどうにもならない・・・

そんな状況で、しっかり釣りますからね。

流石 本物のプロです。

今回 それを身をもって経験できました。

撮影中 いつもは濁っている雄物川がすこぶる澄んでいる・・・

ベイトも少ない。

ホント最悪な状況でロケスタート。

終始 スタッフ・カメラマンの「釣ってくれ~ オーラ。」

俺も常に近くに居てヒシヒシと感じていた殺気。

あの状況で、俺なら1時間でギブアップしていたと思います。

そして あの瞬間。

俺は釣っていませんが、一本出たときの達成感。喜び。

あれを体験することが俺に訪れるのか???

そうも思っていた。

それが、約一カ月後の昨日 突如として訪れた。

ロケ終了数日後・・・

村岡さんからのLINE。

「10/20~21 リベンジに行きます。スネコンの動かし方動画も撮りたいので、解説をお願いしたいです。」

えっ!?マジか?

これが俺の本音だった。

嫌ですとは言えないので・・・

「了解です。」と返信。

それから毎日 ほぼスネコン縛りの釣行。

スネコンに関しては他の誰よりも使っていると思う。

そして 釣っている。

動かし方・流し方には自信がある。

問題は・・・

しゃべりの方。

おしゃべりな方ではない。

どちらかというと無口な俺!?

うまく出来るのか???

そんなことを思いながら当日を迎えた。

スネコン動画を撮るだけなら、いいのだが・・・

恐らく釣果も求められる。 リベンジしに行きます。なんて書いてたし・・・

ちょうど落ち鮎シーズンとも一致しているので、相当期待して来ると思っていた。

しかし・・・

現状はそうでもない。先週の大増水で中流域付近は壊滅状態。

それでも、俺は釣っていた。もちろんスネコンで。

まあ 何とかなるでしょ(^◇^)

と あまり考えず、待ち合わせ場所へ行くと、村岡さんとカメラマン。

早速 撮影しよう。ということになり村岡さんが撮影場所に決めていた、橋へ。

打ち合わせもほどほどに撮影スタート。

・・・

・・・

・・・

しゃべっている俺が自分で恥ずかしくなる位 ギクシャクした解説。

俺の日本語ってこんなに片言だったっけ???

と 思いながらもなんとか終了。

良いか悪いかはわかりませんが、スネコンは思い通りに動かせたしそれもちゃんと動画におさまっていました。

そして問題はこれから。

実釣の動画も欲しいとのこと。

あそことあそこに行けば何とかなるでしょ。

でも 日中は確率低いです。と伝えるとじゃあ 夕方再集合して、夜がっつりやろうということになり、ホテルで仮眠。

んで 再集合しここなら出るでしょポイントに行く。

暗くなったタイミングで撮影スタート。

左側からがっつりあたる照明。

前方の視界は無いと思った方がいいと思います。

村岡さんがよく言ってますが、目をつぶって釣りをしている感じ。

おっしゃる通りでした。

いつもは真っ暗でも月明かりとか感覚でピンポイントに落とせるし流せる。

背後からの「釣れよー釣れよー」というプレッシャーもあり・・・

結構自信があったエリアでまさかのノーバイト。

マジか・・・

ここでちょっと下流へ移動。そこもダメ。

本格的に焦る。

ヤバい。

釣れる気がしない。

こんなプレッシャーの中 村岡さんはあの一本をひねり出した。

正直 俺には無理かも・・・

そう思っていた。

ここで移動。

道中 上流方面の若者から情報を得る。

上の方は結構いいとのこと。

でも そのエリアに行っても彼らとバッティングして迷惑をかけてしまう。

これも撮影の時は配慮が必要と再認識。

よって バッティングしなくて、魚がいそうなエリアを選択。

この時点で神頼みに近いものがありました。

ポイントに到着し、撮影スタート。

やはり照明が邪魔で感覚が狂う。

それでも、何とか現地に釣りを合わせていく。

手前から攻め、奥へ奥へと流すコースを変えていく。

おっ 入った。

その感触を得た。

その直後 予想通りのヒット!!

合わせ!!

直後 プチッという感触。

マジか~ 切れた~

と 思ったが、口切れバラシ。

普段の平常心の状態ならありえないミス。

さらに周りの空気が重くなる。

心の中で落ち着け~落ち着け~

と 再スタート。

再度手前から攻める。

瀬に落とし・・・

流し込む・・・

流し込む前にヒット!!

ちょい合わせを遅らせ・・・

ゴリ巻き~ズリ上げ!!
1477004897496.jpg
心の中で「ヨッシャー」とガッツポーズ。

スネコン130(マットチャート)

しかし・・・

背後で村岡さんがぽつり・・・

「今のは着水後数秒だったから、流し込んでない! はい もう一本!!」とのこと・・・

マジか~

と 思いながら、この時点でだいぶ気持ちが楽になった。

手前は一本抜いたから、今度は奥を広範囲で流し込もう。そう決めてキャスト。

ライン先行で流す。

良いコースに入ってる。それは感触でわかっていた。

食うならここ!

というとこで・・・

ヒット!!

同じくゴリ巻きでズリ上げ!!
1477006056306.jpg
実はこれ。非常にうれしい一本。

このプレッシャーのかかった状態で出せた喜び。あと 村岡さんからの課題をクリアー出来た喜び。

魚の口にぶら下がっているスネコンのカラー見たことありますか?

無いと思います。
PA216092.jpg
これ。

スネコン130S(ストリームライダー)

聞いたことないでしょ(^◇^)

これも実は先月のロケ時 こんなカラー欲しいな~という会話の中からうまれたカラー。

俺のこだわりを伝え、塗っていただけました。

詳しいこだわりはまたの機会に・・・

流し込んで完璧な食わせ方。合わせ。ランディング。すべてが撮影されています。

詳しくは動画でお楽しみください(^◇^)

ここで俺は満足。というか、任務完了。このあとはADと通りすがりのおじさんに釣ってもらおう。

と ポイントをADに託し、背後で見守る。

AD「釣れねー」

俺「もうちょっと立ち位置下で、この方向の最奥に着水です。」と 生意気にアドバイス。

直後・・・
1477004043305.jpg
AD村岡(スミマセン・・・) なんとランカーでリベンジ達成!! 流石良い笑顔です!見習いたいものです(^◇^)

詳しくは動画でお楽しみください(^◇^)

さらにこの後 通りすがりのおじさんにポイントを託す。

バイトは取れるが、ヒットに持ち込めず・・・

詳しくは動画で・・・

同時に俺はちょっと離れてAD超えをもくろむ。

・・・

・・・

・・・

狙いのピンに流し込んで・・・

ドン!!
1477004901559.jpg
1477004892568.jpg
撮影の関係で小さく見えますが、AD超え達成!!

ここで みんな満足。

目的の画は十分すぎる程撮れたとのことで、翌日の撮影は村岡さんのコメント撮影のみ。

俺の出番はありませんでした。

こんな感じで初めての撮影も終了。

結果 よく出来たんじゃない?

そんな感じ。

近々 動画配信されると思います。

常に単独行動の俺。

動画配信されたら「動く俺」をお楽しみください(^◇^)

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/21 20:06 ] 2016雄物川 | TB(0) | CM(13)

10/18 2016雄物川シーバス48・・・ス---トン!。

昨日も夕方の部。

思いの外水位が下がらなかった雄物川へ。

やっぱりまだ山からのしなぶり水が流入していて、なかなか下がりませんね~

ハイシーズンなら絶好の水位。

今時期ならもう少し低くてもいいくらいですね(^_^;)

でも あそこまで行ければ何とかなるでしょ!

午後からの会議が長引き、現地着すると真っ暗。

じゃあ あの沈み根のあるポイントはロストの危険が伴う。

さあ どうしよう???

そんなことを思いながら、夏調子の良かったポイントへ。

夏も春も秋もシーバスの着く位置はそんなに変わらない。

というか同じ。

攻め方に若干の違いはあるが基本は流し込み。

瀬に落として瀬の開きに流し込む。

これ基本。

昨日の第一ポイントもそんな感じ。

基本通り瀬に落として、開きに流し込む。

・・・

・・・

・・・

何度やっても反応なし。

こりゃ居ないな。と 移動。

これを短時間でもう2箇所繰り返す。

どこも反応なし。

あれ?

おかしいな~

何かが違うんでしょう。

4カ所目。

ここは複雑に流れが交さし一本にまとまりそこがブレイクになっているポイント。

ヨダレが出てきそうなくらいいいポイントでしょ(^_^;)

しかし このポイント その流れがまとまった部分でしか反応が出ない。

昨日のような真っ暗な状況ではその上の瀬部分に落とすのが至難の業。

何度かアタックするが、やはり手前だったり・・・

奥だったり・・・

なかなか思い通りの位置に流し込めない=バイトも無い。

うーん。

ムズイ。

・・・

・・・

・・・

でも これが最高に楽しい。

何度も何度も繰り返す。

この時期こんなにピンに打込むのも珍しい。

微調整を繰り返し・・・

おっ! 入ったな~

狙いの瀬に着水・・・

ス----

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

トン!

ゴン!でもなくヌン!でもなく・・・

トン!

そんなバイト。

ん??? ヒット???

一応合わせるか。

軽く合わせると・・・

バシャバシャ!

お~

「オッシャ~ 来たよ~ デカいよ~」とは言いませんでしたが・・・

追い合わせを入れて、グイグイ寄せる。

長いこと長いがまだ たっぷり食ってない感じ。
PA186047.jpg
PA186058.jpg
スネコン130S(ピンクキャンディ)

これから数日で肥えてくる魚でしょう)^o^(
PA186081.jpg
でも 物凄くカッコイイ魚でした。

昨日はこれで満足。

思いの外 反応が少なかったですが、楽しめました)^o^(

もう少し水位下がれば爆発的に釣れると思うんですけどね~

でも この魚を求めてウロウロするのも楽しいんですよ。

俺だけか???

こんな感じで残り少ない河川シーズンを楽しみたいと思います。

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/19 07:40 ] 2016雄物川 | TB(0) | CM(10)

10/17 2016雄物川シーバス47・・・大事に・・・

昨日は夕方の部。

先週の悪天候で大増水した雄物川。

正直 今年は終わったな・・・

そんな言葉も脳裏をよぎる。

これは毎年今時期になると思う事。

俺の中で河川シーバスは10月いっぱいと決めている。

11月はがっつり海に行く。

これが毎年の行動パターン。

昨日は10/17。この時点でまだ心の底から満足する魚を捕っていない。

それを捕れる時期もあと10日間位が勝負。

ようやく水位も下がり、安定し始めて来たタイミングで川へ。

うす暗いタイミングで現地着。

このポイントは流し込んでる途中に大きな沈み根があり流す釣りがメインの今の時期には好ましくないポイント。

でも その周辺には高確率でビックサイズが待ち構えている。

熟知しているとは言えど、まだ明るい時間帯にその根の位置を確認しておく必要がある。

早速 河原を歩き、サギの存在を確認し落ちてるな~と 再認識。

希望水位より10cm程度高い状態。

腰まで浸かり、その根を確認。

もうちょっとこっちの方がいいかも・・・

と 立ち位置を確定させる。

ブレイクの位置・沈み根の位置を再確認。

着水点はあそこ。

流して・・・・

・・・

・・・

・・・

ここで・・・


ドン!!

こんなシュミレーションを何度も頭の中で繰り返す。

真っ暗になったタイミングで、一投目。

反応なし。

その後数投。

反応なし。

流すコースは間違っていない。

先発はスネコン130S(アカキン)。

その後 チャートバックデカレンズホロ→チャートバックパール→ピンクキャンディとアピール度を上げていく。

各カラー投げても5投程度。

うーん・・・

反応なし。

若干水位が高いが居れば食うはず!!というコースを何回も擦ってるんだけど・・・

周囲を確認すると、月が雲に隠れ霧が立ち込め真っ暗。

いつもより数倍暗かったですね(^_^;)

それが影響してるのかな~

と マットチャートを投入。

心の中で・・・

「シーバスジャーニー雄物川編の再現」なんて思いながらキャスト。

ブレイクの上流3m程度の位置に着水させているイメージ。

ス-----------

・・・

・・・

・・・

ドン!!!!

リフトしながら合わせ!

「ニヤリ・・・」

引き・重量感共いい感じ。

やはりエラ洗いをあまりしない。

何度か流芯に持っていかれたが・・・

キャッチ!
PA176032.jpg
PA176019.jpg
スネコン130S(マットチャート)。

写真では伝わりにくいですが、かなり肥えてました。

お腹を触るとゴロゴロしてる感触。相当食ってますね。

長さは81cmと大したことないですが、ウェイト約6.4kg(ボガグリップで計測の為正確ではありません。)

あと 1週間位経過すれば10kgも夢じゃない。そんなのも再確認出来ました。

昨日はこの一本で満足。

ちょと事情がありポイントを温存。

こんな感じで、残り少ない河川シーズン。

1本1本を大事に捕っていこうと思います。

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/18 07:27 ] 2016雄物川 | TB(0) | CM(6)

10/16 早朝の部・・・高速巻き巻き!!

今日は早朝の部。

金・土がっつり釣りする予定だったが・・・

急な仕事で、殆どイケず・・・(-_-)

んで 今日は子守。

こりゃ 朝行かないと本格的に釣りにイケないな~

なんて 思いながらいつも通り2:00起床。

さて どこに行こう。

この時間からなら川もありかな~

でも やれる時間は超短時間になりそう・・・

じゃあ 海だな~

なんて 風・波チェック。

・・・

・・・

・・・

おっ!

この風は!

いい感じに男鹿南部に吹き付ける。

こりゃあそこだな(^◇^)

と 出発。

途中 寄り道して5:00前に到着。

先行者多数(^◇^)

みなさん頑張りますね~

なんて 思いながら、立ち位置まで歩く。

すると・・・

みなさん風を背に出来る方向を攻めている。

俺は内心・・・

「勿体ないな~ この程度の風なら風表の方がいいのにな~」

なんて 目的の立ち位置へ。

希望通りとはいきませんでしたが、ちょっと手前の立ち位置をキープ。

さて 何からやろうかな~

この状況ならシーバスも青物も狙えるな~

と ソワソワ(^◇^)

まずはニンジャリだな・・・

M(ピンクジョカー)を投入。

ドン!
PA165990.jpg
暗い時間帯でもやっぱり高速巻き巻き!

余計なアクションは必要ありません!

「投げて巻くだけ~」みたいな(^◇^)

風波がありちょっと難しい状況ですが・・・
PA165987.jpg
PA165992.jpg
PA165994.jpg
PA165996.jpg
高速巻き巻きでポコポコ釣れる(^◇^)

非常に簡単。

嘘でしょ!?と言う位の高速巻き巻き!!

これだけ!!

もう一度言います。

「高速巻き巻き!」これだけ(^◇^)

もう一度・・・

しつこい!!と 突っ込まれそうなので辞めときますが、真面目に投げて巻くだけです(^◇^)

他のルアーマンが釣れていない状況で、ポコポコ釣る。

ゴムパワーは本物です(^◇^)

サゴシはもういいか・・・

と シーバスを狙う。

Blooowin140S を投入。

岸際を攻めると・・・
PA166004.jpg
PA166001.jpg
やっぱり釣れちゃうサワラ。 

この一本はサワラサイズでした(^_^;)

やっぱり居るけどサワラが先に反応しちゃうな~

という展開。

と 思っていた直後 シーバスヒットからの~

バラシ・・・・

3フックでバラスのも珍しい・・・

足元で反応が無くなり、沖をトレイシーで探ると・・・
PA166005.jpg
あっさり・・・ 魚の向きが・・・

トレイシー15g(房総サンセット)

ここで 釣れない!という 釣り人にニンジャリを差し上げて、俺は別のポイントを調査するべく移動。

結果は良くなかったが、得るものは沢山ありましたね。

あと 2週間後位かな~

そんな感触を得れたので、有意義な調査となりました。

やっぱりニンジャリ釣れますね~

青物に関しては投げて巻くだけなので、誰でも出来る。

高速巻き巻きしても表層レンジをキープしながら泳いでくれるので、青物に最適なんでしょうね(^◇^)

こんな感じで、8:30。予定通り撤収となりました。

短時間でも楽しめる時期。

最高ですね(^◇^)

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/16 12:59 ] 青物 | TB(0) | CM(8)

10/14 2016雄物川シーバス46・・・肥えてるね~

今日は早朝の部。

昨晩もどこに行こうか悩んでいた。

と言っても そんなに悩んでませんけどね(^_^;)

どっちにしようかな~

その程度。

海か?

川か?

雄物川水位チェックをすると・・・

やはりちょっと希望水位では無い。

じゃあ 海か?

ちょっと波が・・・

入ってもいいが・・・

朝から波をかぶるのもやだな~

みたいな優柔不断な俺)^o^(

まあ それだけ釣れる場所があるし、そんな時期。

幸せ者ですね)^o^(

まあ 起きてから決めるか~

そんな今朝。

いつも通り起床し、弁当作りながら気象情報チェック。

・・・

・・・

・・・

結構雨降ったな~

水位上がったかな~

なんて いろんな情報収集。

こりゃ 川だな。

でも あまり遠くに行けないので、通勤経路上の雄物川の小場所へ。

雨が降ったり・・・

やんだり・・・

霧が濃い状況。

寒いですからね~

早速 崖を下り立ち位置へ。

やはり水位高目。

この時期 この水位だと狙いを定めるのが難しい。

それでも 流れの変化を探し、流し込む。

流して・・・

流して・・・

到達させるのがその流れの変化部分。

そんなイメージ。

居るなら出てるよな~

居ないのかな~

なんて 続けると・・・

ようやくコン!

と 微妙なバイト。

これを数回。

やっぱり居るな~

でも 数は多くない感じ。

ちょっと時間をおいて絶妙な位置に流し込む・・・

・・・

・・・

・・・

コン!

合わせ!

ズーンズーン。 この時期のグッドコンディションのシーバスはあまりエラ洗いをしません。
PA145963moza.jpg
PA145970.jpg
長さはそれ程でもないが、肥えてるいいやつでした)^o^(

スネコン130S(チャートバックパール)

パックリ食ってますね。

狙い通りの一本は気持ちいいですね。

今朝はこれで満足。

早々に撤収としました。

さて 今日は金曜日。

いつもより長く釣り出来る日。

仕事次第ですが、程々に楽しみたいと思います)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/14 08:46 ] 2016雄物川 | TB(0) | CM(12)

10/12 夕方の部・・・ダメか~

昨日は夕方の部。

日中 「今日はどこに行こう?」こればかり考えながら仕事をこなす。

雄物川水位チェックをするが、どこも希望水位ではない。

無理をすれば危険なレベル。

上流方面に行けばいいかもしれないが、それは分かっているので、昨日は新しいデータを採る為に米代川へ。

正直なところ無理だろうな~という水位。

日中 秋田市内に無理やり仕事をねじ込み、そのまま米代川へエスケープ)^o^(

うす暗い時間帯に到着し、状況を把握したかった。

・・・

・・・

・・・

無理やりねじ込んだ仕事が押してしまい、暗くなったタイミングで入ることに・・・

予想通り水位が高い。

危険レベルではないが、対岸まで届かせたいのでディープウェーディングが必要。

その肝心のウェーディングが出来ないレベル。

困ったな~

と 思いながらも入水。

ネットの水位情報の数値自体は希望水位を10cm位超えている程度。

でも 現地はそれを遥かに上回る水位。

これは 上流方面の水位が下がっていないからと推測出来る。

このギリギリのデータを採りたくてわざわざここまで来た。

なんて 言い訳を言いながら続ける。

奥が届かないなら手前で・・・

と 続けるが・・・

流しても・・・

流しても・・・

反応なし。

やっぱり 水位落ち着かないとダメかな~

なんて 思う釣行でした。

でも いいデータは採れました。これが今後の釣行にどれだけの喜びをもたらしてくれることか・・・

そう思うことにします・・・

2釣行連続 釣果なし・・・

思い返せば今シーズン初かも・・・

当り外れの大きいこの時期。

そんな季節になって来たんですね~

なんて 肩を落としながら撤収となりました。

家に帰ると、こちらは希望通りに届いていた。

今後の為にと先日もステラSWのラインローラー部分のベアリング交換を実施。

結果は良好。

オーバーホールに出すまでもなく、自分でやったほうが安いんじゃない!?

これは当然のこと。

んで 禁断のこいつにも手をかけることにした。
P1020888.jpg
自己責任でやって下さいね)^o^(

15イグジスト3012H。

この機種を3台所有しているが、ポイント毎に使い分け2台は今も初期性能に近い性能を維持している。

しかし・・・

この 1台は海での使用がメイン。

特に今シーズン 5月 新潟・山形で海で頻繁に使用していた。

釣行直後 水洗いは欠かさなかったが・・・

暫く放置したところ・・・

ラインローラー部分から異音。

シャリシャリが半端なくなり、今後の晩秋シーズンまでにどうにかしようと思っていた。

しかし、ご存じの通りこの機種のラインローラー部分にはマグシールドがは施されておりチューニングを躊躇していた。

メーカーに出せば恐らく一か月以上帰ってこないし、値段も高い。

じゃあ 自己責任で自分でやっちゃおう)^o^( みたいな感じ。

先日 早速ラインローラー部分をバラシてみようと試みるが、外れてこない。

やっぱり 素人には出来ないのか~

なんて ネット検索。

ん???

みなさん普通にやってるじゃん!!

と さらに検索。

ダイワ製のラインローラーではよくあることらしく、軸に固着し取れてこないそうです。

う~ん じゃあ 出来ないの? と さらにネット検索。

発見!!
P1020891.jpg
こんな工具があるそうです)^o^(

レンタルもあるが今後の為に購入)^o^(

そんなに高くない。

早速・・・
P1020898.jpg
P1020892.jpg
使ってみた。

あんなに頑固に取れなかったのにするする取れる!!

やっぱり 道具ですね)^o^(

分解し・・・
P1020893.jpg
こんな感じに順序良く並べる。

BB真っ黒でしょ)^o^(

構造は詳しく分かりませんが、こんな感じ。

新しいBB。
P1020894.jpg
すこぶる錆に強いやつだそうです。

@1080円 

因みにマグネット部分は・・・
P1020896.jpg
こんな感じで結構強力。

これだけ強いと砂鉄交じりのサーフなんかでは速攻でシャリシャリするかもしれませんね(^_^;)

んで 組立。
P1020898.jpg
P1020900.jpg
完成。

因みにマグネット部分をクリーナーで洗浄。
P1020895.jpg
ふいてもふいても汚れが出てきました。

やっぱり 年に一回はオーバーホール出さないとイケないな~

なんて 再認識させられました・・・

この作業をすることによってメーカー保証は受けれなくなると思われます。

もしやってみよう!!

と 思われる方・・・

「自己責任」でやってみてください(^_^;)

今日はこのリールを持ってどこかに試運転に行く予定。

でも 午後から会議なんだよな~

早く終わることを祈ります・・・

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/13 08:09 ] シーバス | TB(0) | CM(4)

10/11 2016雄物川シーバス45・・・なかなか・・・

昨日は久しぶりの雄物川。

といっても10日ぶり位ですけどね(^_^;)

そろそろ本腰を入れて落ちアユ捜索。

と 思っていた、先週前半。

土砂降り→大増水→いい感じの水位→大増水・・・

こんな感じで、雄物川に入れるタイミングが無く、米代川に遊びに行ったり・・・

ニンニン♪したり・・・

と 楽しんでいましたが、ちょっと焦る。

例年この時期 ランカー大量捕獲!!

なんて日があってもおかしくない。

そのタイミングは米代川で一回あったが、対岸の後続者に・・・

それは「たられば」になるし言い訳になるので言いたくないし、言っちゃいけない。

そんな昨日。

何とか雄物川に入れる水位まで下がった。
今日の水位2016_10_12

これは今日のデータ。昨日の釣行時はこれより全体的に5%位高かった。

6~7月のハイシーズンなら最高だったんだが・・・

この時期は勘弁してもらいたい。これが正直なところ・・・

上流域まで行きたかったが、夜のお勤めがあるので、中流域メインでウロウロ・・・

中流域特有の岩盤帯をまわるが水位が高く、危険と判断。

ジワジワと遡上し、やっと入れそうなポイントに入水。

いつもの立ち位置に立つ。 いつもはまた下位の水位。

昨日はヘソ上。 ダメだこりゃ状態・・・

かなり後退し続ける。

とにかくスネコンを流す。

流す・・・

・・・

・・・

・・・

ヌンッ!!!

合わせ!!

フッ・・・

反応があったのはこの一回のみ。

真っ暗になったタイミングで、落ちてきてるかな~と 広範囲に捜索するが、落ちてきてない。

落ちてはいるが、シーバス釣りにおける落ちアユパターンのそれとは違う。

大増水で一気に流れちゃったかな~

そんな印象もあるが、そんなことは無い!

居るところには居るんですけどね~

水位が高くそこまでイケない感じ。

こんな感じで夜のお勤めの時間が近づいてきたので、撤収。

すると 強く降る雨。

もう降らないでくれーと 言いながらの撤収となりました。

ハイシーズンの渇水している状態では雨よふれーと言いますが・・・

この時期はもう雨はいらないですね・・・(^_^;)

釣り人は勝手な生き物です・・・

今日も降り続ける雨。
雨2016_10_12
雨2 2016_10_12
雨3 2016_10_12
この感じだと雄物川はまた水位があがりそう(^_^;)

毎年ですが、雨には敵いませんね・・・

なかなか思い通りに行かないものですね(^_^;)

そんな釣行でした。

釣れなくても何か得る物はある。

そんな釣行でもありました。

また数日海は荒れそうな予報。

さあ 今日はどこに行こうかな~)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/12 11:29 ] 2016雄物川 | TB(0) | CM(2)

10/10 夕方の部・・・ピンク強し!!!

今日は夕方の部。

本来ならば必死に川に行く時期なんだが・・・

昨日までの雨・・・

降り過ぎデス・・・

秋田県内各河川は氾濫寸前まで水位が上がり、数日間は釣りにならない感じ。

この時期の増水は勘弁してもらいたいですね(^_^;)

そんな感じの三連休。

俺は連休じゃなかったですけどね(-_-)

今日も休日出勤。

黙々と事務処理。

平日はなかなか落ち着いて事務所に居れないので、はかどりました(^◇^)

予定以上の仕事をこなし、どこに行こうか悩む。

川でもやれないことは無いが、危険が伴うのでパス。

じゃあ 海の様子は???

と 気象情報チェック。

う~ん・・・

近所のポイントは釣りにならんな~

なんて 風向きを確認すると・・・・

男鹿なら何とかなりそう・・・

ということで、一気に雄和→男鹿への移動。

結構遠かった(^_^;)

到着し遠目にポイントを見ると、アジ釣り師とルアーマンがポツポツといる程度。

ルアーマンが帰ってきたので・・・

俺「なんとだすか~」

ルアーマン「さがないね~」 翻訳「魚居ません!」とのこと。

途中で居たルアーマン数名も帰る始末。

ヤベッ 外したかな~

なんて まずはベイトチェック!!

う~ん。 居るには居るが非常に薄い感じ。

こりゃ厳しいというのも頷ける。

でもなんとかなるでしょ(^◇^)

いつも通り、シャルダス→トレイシー→フォルテン30g と 青物狙いの鉄板のローテーションをするが・・・

無反応。

大体 トレイシーまでローテーションした時点でなんかしら反応あるのにな~

本格的に厳しいんでしょうね・・・

誰も釣れてませんでしたからね。

こりゃ キャスト練習で終わりかな~

なんて のんびりやってると、おっ そういえばニンジャリ投げてなかった(^◇^)

ひらめいた様にニンジャリを投げまくる。

ベイトが小さそうだったので、Sから入り反応が無ければMへ。

そんな感じ。

変則ただ巻きで・・・
PA105941.jpg
まず一本。

ニンジャリM(ピンクジョーカー)

やっぱり青物には変則早巻きが効きます。

この後もカラーローテーションするが・・・
PA105943.jpg
PA105946.jpg
PA105948.jpg
PA105949.jpg
反応があるのは・・・

全てピンクジョーカー・・・

なぜ???

そんな感じの反応でした。

マッチザベイトで、シルバー系のカラーを投入しましたが、無反応。

ベイトが多すぎて、あえて正反対のカラーを投入することはあるが、今日はベイトが非常に薄い状況。

う~ん・・・

わからん(^◇^)

こんなのもルアー釣りの楽しいところ。

まあ 今日の魚はピンク色が好きだったんでしょう(^◇^)

スケベな魚達め!!

なんて 思いながら軽く連発を楽しみ、暗くなるとともに反応が無くなり・・・

潔く撤収としました。

今日の釣行は・・・
PA105951.jpg
こいつの試運転も兼ねていた・・・

ベアリング交換大成功!!

異音なし。ゴロ感なし。

初期状態の使い心地。

今日のような早巻き主体の釣りではこの位のリールがやり易いですね。

そして バイトを弾かない柔らかめの竿。

そんな組み合わせで楽しんで頂ければと思います(^◇^)

今日のタックルはハイローラー+ステラSW4000XG PE1.5号

PE1.5号は他のポイント用に巻いているラインですが、サゴシ・イナダ程度なら0.8号で十分。

キャスト→高速巻き巻き→ゴン!! 簡単ですよ(^◇^)

初心者の方でもある程度キャスト練習し飛ばせるようになれば簡単に釣れます。

秋田はこれから11月いっぱいはこんな感じで楽しめると思います。

ニンジャリ♪片手に釣りに行ってみては?(^◇^)

なんて宣伝したりして・・・

でも やっぱり本職は川。

早く落ち着いて欲しいですね(^_^;)

明日は川かな~

海かな~

河川水位情報とにらめっこしながら考えたいと思います(^◇^)

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/10 20:06 ] 青物 | TB(0) | CM(6)

10/9 釣りに行けない時は・・・

降りましたね~

米代川は 氾濫注意水位付近まで水位が上がってます!!米代水位
この連休を利用して河川への釣行を予定されていた方々・・・

さぞ がっかりしていることでしょう(-_-)

無理は禁物!!

というか 川を一目見たら誰も近づきませんね(・_・;)

やれるポイントもあるが、辞めておいた方が無難。というか川には近づかないでください!!

そんな連休の真ん中日曜日。

といっても 俺は土曜日と月曜日は仕事なんで連休じゃないですけどね(・_・;)

そんな今日。

今日は家族でお出かけ。

天気も悪いし、どこも行きたくないな~

と 思っていたら・・・

案の定・・・

嫁さん「子供達 秋休みだしどっかいく!」

俺「どこに?」

嫁さん「うーん」

俺「・・・」

・・・

・・・

・・・

嫁さん「どっか行く!」

子供か!!と 突っ込みたくなる会話が続き、結局俺が行先を考え今日に至ります・・・(-_-)

朝 何時に出るよ。と 伝えてもその時間付近に起きてきて、洗濯始めたり・・・

昔から変わらんやつだ・・・

と 空いた時間で・・・

釣り具のメンテ。

2年前から使っている・・・
P1020864.jpg
ステラSW4000XG。

しかし・・・

購入当時からシャリシャリ音があり・・・

去年のオフショア使用時はすでに我慢できない程の音が鳴りだし、同船した人たちに笑われる始末。

どうにかしたいな~

なんて 思っているところ・・・

「それ ラインローラーのベアリング交換すれば直るよ!!」と 天の声。

早速ベアリングを注文。

オーバーホールに出せば5,000円以上かかるが・・・

ベアリング代2,180円!!

早速・・・
P1020865.jpg
P1020866.jpg
分解!!

外したパーツはこのように並べえ置くことをお勧めします・・・
P1020869.jpg
バラバラにしたらホント 分からなくなります(・_・;)

これが新ベアリング。
P1020870.jpg
ピカピカでしょ)^o^(

早速組み立て・・・
P1020871.jpg
P1020872.jpg
完成!!

ライン巻いてみましたが、シャリ音は皆無!!

これで 晩秋シーズンも楽しめますね)^o^(

来週 晩秋シーズン用の新ロッドも届く。

個人的にそのメーカーの竿にはステラと決めているので、今から楽しみですね)^o^(

さあ これから地獄の長距離運転が待っている。

こちらの方も楽しみますか~

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/09 08:59 ] タックル | TB(0) | CM(0)

10/7 夕方の部・・・あと4.5歩・・・

昨日は夕方からの釣行。

本来ならば雄物川でとある方との釣行予定だった。

しかし・・・

雄物川の状況を伝え、米代川へ行き先を変えた。

二人で、県北地区に移動中。

その方の電話が鳴る。

緊急事態発生!!ということで、いつもの単独釣行になってしまった)^o^(

まあ いつものことなのでいいか~

みたいな軽いノリで、米代川へ。

この時点では寒かったが、雨の気配はなかった。

天気図を確認すると降っても明朝だろう・・・

じゃ 増水前に勝負を決めた方がいい。

そんな感じで、立ち位置に立つ。

水位情報から決めたポイントだったが・・・

予想より遥かに高い。

いつもはタルタルの流れのポイントなんだが、ガンガン流れている。

いいことなんだが・・・

対岸の一級ピンポイントまで届かない。

また超ディープウェーディングか~

なんて 思いながらそこは暗くなってから狙うピン。

まずはいい感じに流れている手前のヨレを探る。

ルアーはもちろんスネコン130S。

上流に入れ、ライン先行で流す。

この時点では、まだ当日の川の流速を体に叩きこもう。そのための流しだった・・・

・・・

・・・

・・・

ドン!

えっ!! ウソ!! 

来ちゃった~)^o^(

しかも ズーンズーンというこの時期特有の重量感のある引き。

因みにこの引きの場合 無理は禁物です。

いつものように浮かせようと強引なリフトをすると高確率でやられます。

騙し騙し寄せる。

騙し騙しだが、主導権は渡さない。

しな~っと ランディング)^o^(
PA075934moza.jpg
PA075938.jpg
肥えてきましたね~

スネコン130S(房総サンセット) やっぱりマズメに強いカラーです。 たぶん・・・

惚れちゃうほどカッコイイシーバスでした。

もしかして・・・

「今日は祭りか・・・」

・・・

・・・

・・・

言ってはイケない言葉をポツリと言ってしまった。

「今日は祭りか・・・」これ 幸先良く釣っても絶対言ってはいけません。

ほぼ100%の確率で、その後 釣れません・・・(-_-)

昨晩は夜を徹する覚悟だった・・・

真っ暗になり、さらに追加を狙い頑張るが・・・

予想通り反応があるのは対岸のピン。

しかし・・・

昨日は水位が高くディープウェーディングしても、あと4.5歩分飛距離が足りない。

なぜあと4.5歩かというと、あと3歩でフルキャストで反応なし。

あと4歩でフルキャストで1流し、3バイト。

あと0.5歩前に出れてれば・・・

そんな状況。

何故かバイトがあるのに乗らない状況にイライラ。

無理して五歩目を踏み出したとき・・・

背中にジワリと感じる水の感触。(そのくらいのディープウェーディングです・・・)

やっぱり安全を考慮するとあと4歩までしか前に出れない。

魚は居るのに・・・

そんなイライラタイムが続く・・・

20:00を回ったころ、濡れた背中の不快感がMAXになり体の冷え→風邪をひく。これだけは避けたかったので、潔く撤収としました。

昨晩は何ともじれったい釣り。

そんなにディープウェーディングしてキャストするより数歩下がってキャストした方が飛ぶんじゃない???

そう思われるかもしれないが、ディープウェーディングしてもちゃんと飛ばせるんです・・・

そんな状況・・・

はあ~ あと 1m前に行きたかったな~

そんな釣行でした・・・

それにしてもまた降ってきましたね~8日 天気図
8日 雨
憎たらしい雨になりそうです・・・

恐らく雄物川・米代川共 今後数時間で増水してくると思います。

この連休を利用して落ちアユパターンを楽しもう!! と 思っている方々。

ちょっと 危険なので、別の釣りをお勧めします。

海も若干 にぎやかになってきたので、海にでも・・・

でも これがチャンスなポイントもあるんですよね~)^o^(

スケジュール的にイケないけど・・・

明日は家族サービス。

今日と月曜日は仕事。

う~ん。

釣りに行きたい・・・

あっ 毎日行ってるか)^o^(

時間を作って今日と月曜日もどっかに出没したいと思います)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/08 10:46 ] シーバス | TB(0) | CM(5)

10/5 夕方の部・・・しびれるね~

昨日は早朝に引き続き夕方の部も。

やはりこの時期 朝晩必至こいて釣りに行かないと・・・

そんな思いから、日中必至こいて仕事を終わらせ、どこに行こうか悩む。

午後 降り出した雨。

折角 水位が下がり始めた雄物川は厳しい。

やれないことは無いが、危険が伴う。

そんな時は行っちゃだめですよ。

「怖い。」

そう思ったら行かないことです。

複数で行くと集団心理から多少危険でも誰かが行く!

と 言い出したら行かなきゃいけない。 それが日本人の良いところでもあるし悪いところでもある。

「今日は危ないから辞めよう。」そう言える勇気をもって下さい。

俺はそれを言うのが得意ではないので、基本単独行動なんです)^o^(

人に合わせるのも得意じゃないですからね)^o^(

そんな感じの雄物川。

じゃあ 海へ。と思ったが安定していないベイト。

どうしようかな~

なんて思いながら、米代川水位チェック!!

・・・

・・・

・・・

おっ!? この感じならギリあそこで出来る!!

そう思ったら即行動!!

一気に県北方面へ移動。

道中 一件 仕事をこなし、暗くなったタイミングで現地着。

到着し、状況観察。

水位情報より遥かに高い水位。

でも 想定の範囲内。

このくらい上がってくれる方が全体的に流れて魚もいろんなところに散らばる。

要はいつものピン狙いではなくてもスネコンを広範囲に流せばドン!!

こんなイメージ。

それにしても、ちょっと水位高いな・・・

これが率直な感想。

ヘソ上まで入れば余裕で対岸まで届くが、昨日はそこまで行けない。

やっぱり これは流して流して作戦だな。

狙う位置は立ち位置から30°方向の下流。

ちょいアップに渾身のキャスト。

着水したらラインを水面に置きライン先行で流す。

ラインが流れたらさらにベールをおこしラインを出す。

これを繰り返し相当な距離 スネコンは頭先行で下流に向かってS字を描きながら川の流速と同じ速さで流れ落ちていく。

この感じが落ちアユと酷似しています。

落ちアユ時期 頻繁に使うテクニックです。

ちょっと難しいですが、コツを掴めば結構簡単に出来るので是非実践して頂ければと思います。

かなりラインを下流方向に流すのでバイトは極小さく出ます。

昨日もその極小バイトが3発。

合わせる為に高速回収して合わせ!!

の頃には魚がルアーを離す展開。

この感じ大好きです。

魚との駆け引き。

釣れたではなく、釣った。

これを味わいたくて、こんなしびれる釣りをやってます。

傍から見ると、ルアー投げてるのにリール巻かないし、あの人何やってるんだろう???

そう思われてもおかしくない位、巻きません。

この時点で、雨は強く降ったり突如止んだり。

なんとも不安定な天気。

風も吹いたり、止んだり・・・

このラインを流す釣りにおいては風は邪魔。

流れと同調してくれればいいが、逆の風は最悪。

昨日は一定方向から吹かないめちゃくちゃな風。

流れと同調したときにだけキャスト。

この見極めも重要です。

そんな しびれる展開を続ける。

おっ 入ったかな?

そう思った直後・・・

ドスッ!!

いつものヌン!じゃない。

ラインを高速回収し渾身の合わせ!!

ズーンズーン・・・

という この時期 特有のビックサイズの引き。

俺の口元はニヤリ。

エラ洗いもなし。

ズーンズーン・・・

騙し騙し寄せ・・・

ランディング!!
PA055904.jpg
パックリ)^o^(

スネコン130S(チャートバックパール) 
PA055918.jpg
目標サイズには微妙に届きませんでしたが・・・ ※ルアーを見せる為にフロントフックを魚から外してます。

プチニヤリ)^o^(

楽しすぎます。

この展開! 最高です)^o^(

昨日はこれで満足。

風雨が強烈になってきたので、潔く撤収としました。

いや~ しびれましたね~

そんな釣行。

まだ粘れば出そうな雰囲気だったが、雷の気配もあったので、安全を最優先。

さて また雨降りましたね。

以後 数日雨が続く予報。

雄物川は厳しいかな~

そんな感じではありますが、やれないほどではない。

河川シーズンもあと数週間。

悔いを残さないように残り少ないシーズンを楽しみたいと思います)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/06 07:12 ] シーバス | TB(0) | CM(8)

10/5 早朝の部・・・今朝もニンニン♪

今日は早朝の部。

正直 今朝はきつかった・・・

昨晩は夜のお勤めで、24:00ちょっと前に帰宅。

寝たのが1:00頃。

起きたのが、2:00頃。

起きてから気づきました・・・

あまり寝てない!!

なんて いつものことですからね)^o^(

10月 11月は必至こいて釣りに行こうと思います)^o^(

というのも・・・

今晩から台風の影響で川・海共釣りにならない状態が続くと予想している。

ここ1~2日 いい感じの西風が吹いて絶対沖のベイト寄ってるはず。

このタイミングを逃しては、絶対後悔する。

そんな思いもあり、半分寝た状態で男鹿へ。

3:30到着。

誰かいるかな~

・・・

・・・

・・・

居ない!!

早速準備して、立ち位置へ。

真っ暗でよく分からないが、ベイトの存在を確認したく表層を高速でスキッピングさせる。

お~ ベイトはいるな~

これだけ居れば・・・

と ヨダレ垂らしながら、暗いうちはシーバスでも狙うか~

沖の流れをニンジャリM(ピンクジョーカー)を漂わせる。

Blooowin シャルダス で流れに漂わせてもいいんだが、それで釣れるのはもうわかっていること。

好奇心旺盛な40歳 おっさん)^o^(

常に何か新しいことを・・・

そんなことを考えながら日々釣行を重ねている。

ニンジャリ流せないか?

確かに川みたいに流れがあれば流せるだろうが、日本海側の海は流れているといってもそんなに流れない。

その状態でどう使うか?

しかも 暗い時間帯。

これもルアー釣りの楽しいところ)^o^(

まずは流れのど真ん中に着水。

そのまま巻かないとどんどん沈んでいくので、チョンチョン→ショートフォール→チョンチョンを繰り返す。

イメージはバス釣りの「ミドスト」に近い感じ。 ←これ得意でした)^o^(

フォールの時いい感じに流れ落ちているのは確認出来た。

魚居れば喰ってくるでしょ~

なんて ちょっと続ける。

若干明るくなり始めるとフォール時バイトが出始めた。

でも 恐らくサゴシ。

もうちょっと下か~

と レンジを下げて行く。 この微調整が非常に面白い。

ちょっと誘いを変えて、チョンチョンチョン→ショートフォール→チョン→ロングフォール・・・

ドン!!

お~来たよ~)^o^(

デカいよ~

なんて 某有名人の真似をしながらグイグイ寄せる。

ほどなくしてバシャバシャ!!

シーバスだ!!

しかも 結構いいサイズ)^o^(

何とか下手くそなタモ入れ成功!
PA055869.jpg
PA055876.jpg
ニンジャリM(ピンクジョーカー)

噂通り釣れるカラーですね。

この時 意識が飛びそうなくらい眠かったのを記憶しています。

この殺気の出ていない状態が魚を寄せます。

ただ眠かっただけですけどね)^o^(

すでに 今朝はこれで満足。

仕事行こうかな~

なんて 考えながらキャストを続ける。

これがいけなかった・・・

バンバンアタックしてくる・・・
PA055879.jpg
この子たち・・・

暗いうちはシャルダスで表層付近をブレードが最低限回る程度ゆっくり巻くとバンバン出てきます。

明るくなるまでは表層で遊ぶか~

と シャルダスで、飽きない程度に釣れ続ける。

陽が登り始めると、表層での反応が薄くなり・・・

いよいよニンジャリの出番。

しかし・・・

今朝は先日ほど魚の活性は良くない感じ。

風波があり、Sサイズではうまく操作出来ない。

よって Mサイズ主体の釣り。
PA055887.jpg
PA055884.jpg
PA055881.jpg
飽きない程度に釣れ続けます)^o^( ※流血した魚は背後のおじさんに献上。 喜んでもって行かれました)^o^(

今朝もただ巻き主体のパターン。

でも 変則リトリーブにも反応はあったが、一番良かったのは、高速リトリーブ中の瞬間停止。

しかも 瞬間停止させたとき一瞬ラインをたるませるのがコツ。

張った状態の時より数倍バイト率が高かったですね。

しゃくって良し。

巻いて良し。

あとはなんだ~

なんて やれることはまだまだありそうです。

実に楽しいアイテムですね)^o^(

と いいこと書くのはここまで。

人生山あり谷ありと言います。

釣りは人生じゃないけど、良いことがあれば、良くないことがあるのは同じ。

ニンジャリの巻の釣りにおいては真っ直ぐ投げて真っ直ぐ帰って来るのが、必須条件。

左右にスライドしながら泳ぐセッティングだと今朝みたいな活性の低い状態では食ってきません。

ニンジャリはジグヘッドにワームを差し入れるだけですが、押し込むとき変に入り込むと微妙に曲がったセッティングになり泳がせると、スライドしながら泳いできます。

ジグヘッドにワームをセットする際は・・・

「落ち着いて・真っ直ぐ・ゆっくり・奥まで挿れる。」

・・・

・・・

・・・

・・・

何かイヤラシイ表現になってしまいましたが、これに限ります。

今朝 俺は焦り過ぎて、数個スライドニンジャリを産んでしまいました・・・

でも そいつはしゃくって使うからいいですけどね)^o^(

こんな感じで、すっかり明るくなったタイミングで撤収。

仕事へ。

ニンジャリ・・・

手元に届くまでは、「これ使えるかな~」が第一印象だった。

実際使ってみると、いろいろやれることがありこれからの時期活躍してくれること間違いなし!と思います)^o^(

10月は朝→海 夕→川 こんなハードな毎日になりそうです。

せいぜい楽しみますか~)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/05 10:29 ] シーバス・青物 | TB(0) | CM(8)

10/2 早朝の部・・・ニンニン♪

昨日は早朝の部。

日曜日だし行かない予定だったが・・・

朝だけなら・・・

そんな釣行。

の 前にあまり大きな声で言いたくないが・・・

昨日(10/2) 40歳になってしまいました。

おっさん おっさんと言っていましたが・・・

本当におっさんになってしまった・・・(-_-)

40歳・・・

ずしっと来ますね・・・

今のところ体も動くし、気力も衰えていない。というかみなぎり過ぎて有り余っているところ・・・

今まで通り、充実した毎日を送ろうと思います)^o^(

そんな昨日。

どこに行こうかな~

川かな~

海かな~

なんて思いながら気象条件をチェック。

この風ならベイト寄りそうだな~

と 男鹿へ。

先週のオフショア釣行で いい感じにベイトが居たエリアに行ってみることにした。

あの沖であれだけベイト入ってれば岸際でもこの風が吹けば期待出来る!!

そんな感じ。

日曜日だしあまりハードなことはしたくなかったので、手ごろな堤防へ4:30着。

お~人いっぱいいるよ~

こんな第一印象)^o^(

でも 殆どがアジ釣り師。

でもルアーマンもチラホラ。

彼らと十分距離を取り、薄明るくなったタイミングでまずは沖を探ろうとフォルテン30gをフルキャスト。

気持ちい飛びです)^o^(

ライン残量から110m程度沖に着地。

一度底を取りシャクル。

暗いうちは反応が無かったが・・・

太陽が登り始めると、100m以上沖で何やらバイトしている。

でも 相当小さい・・・

でも これを何とかしたくなるのが釣り人)^o^(

バイトが出るのはフォールのみ。

この時点で犯人は予想出来ていた。

どうせ あいつだろう・・・

そう思いながらも、この憎たらしいバイトを乗せたい。

フォールを長く取り、バイトに集中。

モソッ・・・

合わせは禁物。

ゆっくり巻き合わせ。

100m先からグリグリ寄せる。
PA025837.jpg
やっぱり君か~)^o^(

この後もどうせならビックなアジを乗せようと乗せるには乗せるが、殆ど寄せている間にバレちゃいますね)^o^(

何匹か釣って、もしかして・・・

と 背後を振り返るが、「ぬーさん」と呼んでくるおじさん達は居ない。

当然か)^o^( ポイント違いますからね)^o^(

さて こればっかりやっててもしょうがない。

昨日の釣行のメインは・・・

ニンジャリ♪

こいつの使い込みをメインに考えていた。

河川でも使えないことは無いが、やっぱり海で。

先週のオフショア釣行でもいい反応を得ていた。

どうせ 沖の魚いっぱいいるとこの釣果でしょ。なんて言われそうなので、ショアでも通用するよ。というのを見せたかった。

その前に魚が居ないことには釣りが成立しない。

雰囲気的に青物が居そう。これは分かる。

じゃあ どのレンジ・どの範囲にいるかを知りたい。

その時は鉄板VBに限ります。

トレイシー15gで広範囲かつ各レンジを探る。
PA025841.jpg
サクッ)^o^(

やはりこいつらが居るようです。

レンジも分かった。

フォルテンで探るがいまいちな反応。

廻りも釣れていない。

要は爆釣状態じゃない。

この状況 青物狙いでは結構めんどくさい。

しかし・・・

ニンジャリには反応してくれます)^o^(

まずはSサイズ。
PA025843.jpg
表層付近の早巻きにバンバンアタックしてきます。

ちょいレンジを下げMサイズ。
PA025845.jpg
こちらも廻りが反応を得られていない中 アタックしてきます。

そして、手前で反応が薄くなったとき、沖を探ろうとLサイズをフルキャスト。

着底からのしゃくりで・・・

ドン!!!!

油断してました・・・

ハイローラーフルベンドからの・・・

プチ・・・

油断してました・・・

悔しい・・・(-_-)

底にべったりいるな~

と Mサイズでフルキャストから底取って左右に飛ばしながらレンジを上げていき、上がりすぎたかな~

と 思ったら再度沈め。これを繰り返すとフォールで・・・

ゴン!!

おっ! いいサイズ!

と 合わせた直後 エラ洗い)^o^(

シーバスだ!!

慎重にランディング。
PA025857.jpg
PA025852.jpg
ニンジャリMサイズ(カラーは分かりません(^_^;))

こんな感じのニンジャリ主体の釣行。

S・Mサイズをメインにローテーションしポツポツ拾っていく感じ。

でも 周りはほぼ釣れてなかったですけどね(^_^;)

まさにゴムパワーでした)^o^(

オフショア・ショアで使い、大体使い方・使う状況は分かって来た。(まだまだ使い込みは必要ですがね・・・)

青物に関しては、無駄にしゃくらなくても良さそうです。もちろんしゃくってもいいです。

俺はワインド的な釣りが不得意なので、基本ただ巻きです。

表層付近で、もじり・ライズがあったらその付近にSサイズキャスト→着水→即巻く→ドン!!こんな感じ。

表層付近で、反応が無くなった状況。要はちょっと沈んだ状況ではMサイズを投入。

昨日はカウント3~5取ってからのただ巻きでゴン!!

Lサイズでも同じ感じで使えますが、飛距離が出ることと、しっかり沈んでくれるので、ちゃんと飛ばして底取ってからのしゃくり。

こんな使い分けがいいかと思います。

ただ巻きのコツは同じ速度で巻かないこと。

同じ速度で巻いてもバイトはありますが、段階的に巻き速度を上げていくただ巻きに高反応でした。

巻き速度を上げた瞬間ドン!そんな感じ。

シーバスはしゃくってフォールで食わせる。

青物はただ巻きの速度変化で食わせる。

こんな感じの使い分けで使って頂ける良いと思います。

でも やっぱりゴム系・・・
PA025864.jpg
いっぱい釣るとこんな感じで痛みますね(^_^;)

そして サワラが居るエリアではワイヤーリーダーをセットしてもいいかもしれません。

昨日もいっぱい サワラカッターの餌食に・・・

すでに手持ちのニンジャリが寂しい数しか無くなりました・・・

まあ こんな感じです)^o^(

正直 魚からの反応をこんなに得られたことにビックリしています。

使い方も簡単。

投げて巻くだけ~(この言葉あまり使いたくない・・・)

これから海のルアー釣りを始めようとしている方には持って来い!!かもしれませんよ)^o^(

S・Mサイズに関しては秋田の遠浅サーフでも十分通用すると感じています。

近々行ってみますね)^o^(

今日・明日とちょっと荒れそうな天候。

いい感じに波上がってあの沖のベイトが岸に寄ってくれればな~

そんなことを切に願います。

今日は夕方イケるかな~

イケたらイッみたいと思います)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/03 08:23 ] シーバス・青物 | TB(0) | CM(6)

10/1 2016雄物川シーバス44・・・ピン中のピン。

昨日は早朝の部が終わってkら仕事。

その後はおとなしく帰る予定だったが・・・

前夜の一件でどうにも消化不良。

日中も仕事しながらムラムラ・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

行っちゃうか~(^◇^)

そんなノリ。

まあ あそこに行けば数本出るだろう。

しかも 現在常駐している物件から近い。

サクッと釣ってさっさと帰るか~

と 移動。

15分後到着。

この距離魅力的(^◇^)

でも ちょっとハードな藪漕ぎが待っている。

ガサガサと熊のごとく突き進み河原に到着。

いい感じに太陽が沈み雰囲気が出てきた。

このピリッとする感じ・・・

・・・

・・・

・・・

好きです。

気合を入れウェーディング。

先日の増水の影響で、若干地形が変わっているが居るならあそこでしょ。

と そこを攻める前にピンを外した瀬からの開き部分を丁寧に探るが出ない。

数本入ってると思うけどな~

ちょっと粘るが出ない。

やっぱり あのピンだな・・・

ピン ピン言うが不思議なもので・・・

長いブレイクラインが伸びている。

そのブレイクの落ち込みどこでも食ってきそうだが・・・

不思議と一か所でしか食ってこない。

正にピン中のピン。

そこに流し込むための着水点へのキャスト技術。

着水後のラインスラッグ処理がこのポイントで釣果を上げるコツ。

要は非常に難しい。

そんな釣りが大好き(^◇^)

多投してポイントを潰したくない。

一発で決めたい。

深呼吸し、着水後を頭の中でシュミレーション。

キャスト→着水→スラッグ処理→流す・・・

・・・

・・・

・・・

ここだ!→ヌン!

最高です!!
PA015822moza.jpg
PA015808.jpg
スネコン130S(房総サンセット)

なぜか夕マズメに強いカラーです。

まだ コンディションの上がっていない魚だが十分な長さです(^◇^)

撮影している間にあっという間に暗くなり始め、さらに雰囲気が出てきた。

再度同じ立ち位置に立ち、深呼吸。

ほぼ同じ着水点へキャスト。

ほぼ同じコースを通す。

ヌン・・・

合わせ!!

あっ・・・

抜けた。

これを決めないとダメですね。

でも フッキングしてないからまた食ってくるはず。

と 再度同じコースを通す。

・・・

・・・

・・・

ヌン!!!
PA015830moza.jpg
PA015825.jpg
スネコン130S(チャートバックパール)

何より信頼しているカラーです。

パックリですね(^◇^)

昨日はこれで満足。

まだ出そうだったが、楽しみは残しとかないとね(^◇^)

短時間ですが楽しめました。

さあ 本格的な秋になってきました。

川はこんな感じで安定してきた。

先程海でも・・・(^◇^)

それは後ほど・・・

毎日言ってるが・・・

忙しい秋になりそうです(^◇^)

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/02 09:58 ] 2016雄物川 | TB(0) | CM(6)

9/30~10/1 夕方~早朝の部・・・う~ん・・・

昨日の夕方~翌早朝までの釣行。

久しぶりにどっぷり釣り出来ました。

まずはここ最近、県北地区のサーフにカタクチイワシが接岸しお祭り騒ぎになっているとのこと。

あれ???

秋田市周辺は静かなもんだぞ???

秋田市周辺ももちょっと沖には居るんだけどな~

今年も県北か~

なんて思いながら、行ってみた。

でも お祭り騒ぎのサーフは人いっぱいだろうな~

と ちょい外したサーフがらみのポイントへ。

ここはちょっと足場が悪いのでほぼ誰も来ない。

お祭りサーフの様子も見えるし、鳥刺さってたらそっち行けばいいか~

みたいな感じで日暮れ直前に現地着。

状況観察するが、ベイトの雰囲気は・・・

・・・

・・・

・・・

「ゼロ」)^o^(

静かなもんでした。

真っ暗になるまで頑張りましたが、完全無反応。

やっぱり朝だったかな~

と 川へ移動。

米代川へ。

まあまあ 思い通りに釣った。

しかし・・・

それは後程。

真っ暗になった18:45入水。

すると先行者1名。

う-ん。

見当違いの位置に打ち込んでいる。

でも 先行者に変わりはない。

「先行者優先」が原則。 移動しようかな~

と 様子を見ていると・・・

お帰りになるようなので・・・

軽く挨拶し、状況を伺うと完全無反応とのこと。

ん???

この水位・流れで???

ということは魚にルアーを触らせていない!

チャンスしゃな~い!!

そう思い俺は下流方向に入る。

ここでも う~ん。

流れが緩すぎる。

でも 対岸には流れが残っているからそこには居るでしょ)^o^(

みたいな感じで、スネコ130Sをフルキャスト。

ちょっと届いてないな~

と どんどん前に出て、ヘソ上までウェーディングし何とか対岸の流れに乗せることが出来た。

すると・・・

・・・

・・・

・・・

毎キャスト バイトがあるが乗らない状態。 予想通り魚は居る!!

でも、おかしい。

スネコンは基本流し込みでしか使わないので、大体パックリ食ってくれる。

おかしい。

次のキャストで、何がおかしいか確認。

・・・

・・・

・・・

どおやら流れが緩すぎて、いつもはたるんでいるラインが張ってしまっている。

これが原因。張ったラインを操ってるのはVANCOOR。

弾き気味に乗らない感じも納得。

修正し、ラインにたるみを持たせ流す。

・・・

・・・

・・・

ヌン!!
P9305768.jpg
P9305773.jpg
結構食ってるやつ)^o^(

スネコン130S(マットイエロー)

狙い通りの展開。

「超気持ちいい-----」と 絶叫しませんでしたが、気持ちのいい一本。

流れ・魚の居場所は分かった。

こりゃ 連発だな・・・

と つぶやき・・・

撮影後 キャスト!!

同じ要領でスネコンを流す。

超スロー。この時期 巻きでのアクションは禁物。

ライン先行で流れの速度に合わせ流れ落とすだけ。←実はこれが難しんですけどね。出来ると出来ないじゃ釣果に雲泥の差が出ます。

・・・

・・・

・・・

ヌヌヌン!!!!!

おっ! これは!!

目標サイズの感触!!

コンディションの上がってきたシーバスは楽しませてくれます。アホみたいに暴れまくります)^o^(
P9305779.jpg
P9305791.jpg
目標サイズに数センチ届かず微妙な表情・・・(でも ちょいニヤリ・・・)

スネコン130S(ピンクキャンディ)

俺はキャンディカラーをあまり使いませんが、何故かこのホワイトキャンディは実績が高い。

もし エスフォー11のホワイトキャンディがあったら爆買いです。でも 売ってないんですよ・・・

売ってたら教えて下さい・・・

ここまでは ちょーきもちいー状況。

しかし・・・

この後・・・

「う~ん。」な、出来事発生。

詳しくは書きませんが、「先行者優先」を完全無視して対岸に入り対岸のピンをいとも簡単に潰してくれた、後続者。

※対岸まで立ち位置から50m程度。当然射程範囲内です。 ここに居ますよ~と ヘッドライトを点滅させたり、キャストしこちらの存在を伝えましたが、お構いなし・・・
車を降りた時点で俺の存在は確認出来てたと思うが・・・
俺が狙っているピンにヘッドライトを照射したり・・・(これは俺がどこを狙ってるか分からないだろうからしょうがない)
俺が狙っている流れの上の木にひっかけて枝ごと水面に落としてバシャバシャさせたり・・・(これも上と同じ)

以後 ピタリと無くなる魚からの反応。

正直凹みました。

人それぞれ価値観・道徳心の許容範囲は違うと思う。

こと 釣りに関しては、経験値・技量によってそれは違ってくる。

いっぱい釣りたい! デカいの釣りたい! それはみんな同じ。

でも 守らなきゃいかんこともある。

昨晩はそれを再確認出来る釣行となりました。

「たられば」を言ってはイケないが・・・

もし 永遠と一人でやれてればあと数本出せたのにな~

なんて 思うところ。

釣り場は俺の物じゃ無い。 人のせいにしちゃいかん!!

魚を出せなかったのは俺の技量不足!!

そういうことでしょう・・・(-_-)

何度も言います。「先行者優先」です。

でも 内心 こりゃ無いは・・・

と つぶやき ラーメンをやけ食いし、仮眠。

2:00起床から再度入ってみるが、さらに流れが緩くなり無反応。

こんな感じで何とも、消化不良な釣行。

俺がいつも釣り場で心掛けていること。

これは秋田県民の県民性かもしれませんが、俺も秋田県民。小心者です。 そうじゃない人もいっぱいいるけど(^_^;)

もし 釣り場で他の釣り人とバッティングしてしまった時。

「今 同じポイントに入ったら先行者はどう思うだろう?」

↑俺はこう考えます。

河川の釣りはピンを狙う釣りが主体。

そう考えると 先行者の入っているポイントには入れませんよね?

だから俺は他の釣り人と釣り場で合わないんでしょうね(^_^;)

なんて 愚痴っぽい記事になってしまいました。

俺の考えを他の方々に押し付ける気はありません。

違う考えがあって当然。

だって 人間だもの・・・

あと数本出せなかったのは後続者の方々のせいじゃ無いですよ)^o^(

俺が下手なだけですからね)^o^(

あの状況でも釣りを続行できる強靭な精神力が欲しい・・・

そんなのも確認出来る有意義な釣行でした。

さあ 何やら海も川も騒がしくなってきたこの頃・・・

今年も忙しい秋になりそうです)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/10/01 11:39 ] シーバス | TB(0) | CM(10)