8/2 2017雄物川シーバス36・37・・・いい仕事。

昨日は早朝から雄物川へ。

大増水から落ち着いたタイミング。

今後 雨が降る予報は少ない。

じゃあ 釣れる時釣っとこう!!

そんな思いもあり、サイズが期待出来るポイントに入る。

3:00出発で4:10着。

結構遠い(^_^;)

まあ デカいの出ればいいか・・・

早速準備して川に降りる。

若干の藪漕ぎ。

増水後の足跡が無い。

これは期待大。

まずは地形の変化を探る。

やはりシャロー帯に砂が堆積し、いい感じのブレイクを形成している。

メリハリのある、ポイントになり大いに結構(^_^)v

と 喜びながら瀬に落としブレイクに流し込む。

川の基本通りの攻めを続ける。

手前から奥へ通すコースを微調整していき、中間位だったかな?

ブレイクに流れ込んだルアーが不自然に止まる。

ん???

その直後ドスン!!

重量感のあるバイト。

一気に引き剥がそうとリフト!!

キツメのドラグが出る。

マジ?(^_^;)

ここで無理するとバラすので慎重に寄せ、魚体を確認。

おっ いいね~

なんて余裕こきながら背中のタモに手をかけた瞬間・・・

フッ・・・

やってもうた(^_^;)

ここ最近 バラシが減って余裕こき過ぎました・・・

まあ 逃した魚はデカい。

ということで・・・

ちょっと落ち着いて、同様に攻める。

最奥まで攻め再度手前からやると・・・
P8021543.jpg
あっさり(^_^;)

シャルダス14(クリアブラック)

早朝の部はこれで終了。

若干 消化不良だったが、魚なのつき場・傾向が分かったので、良しとしよう・・・

仕事を片付け夕方の部へ。

同じポイントに入ろうかと思ったが、全体的にいろいろ確認したいことがあり、ちょっと上の方へ。

確認したいのは、シャルダス20と14のローテーション。

20が効く場面。

14が効く場面。

これを明確にしておきたかった。

いっぱい釣って来てようやく見え始めてきたが、まだまだ。

数匹釣って、これだ!!

とは言えない。

徹底的にやり込んで発信するのが我々の仕事。

20と14の違いは大きさもそうだが、引くレンジの違いが大きい。

単純に小さいから釣れる。

と 考えるのはやめておいた方がいいと思う。

ブレードの大きさ一緒ですからね。

現状 大まかに感じていること。

ボイルして魚が浮き気味の時→20

ボイルはしないが、魚が居そうなとき→14

こんな使い分けをしている。

特に20のボイル打ちは圧倒的な釣果を出している。

これは浮き上がりの良さが影響していると思っている。

そんな感じの昨日の釣り。

シャルダスシリーズで注意して欲しいこと。

圧倒的に1~5投の反応が多いこと。

そして 一本目がデカいこと。

昨日の一本目も・・・
P8021560moza.jpg
P8021554.jpg
パクリ(^_^;)

まあまあサイズ。

シャルダス14(クリアブラック)

んで この後は・・・
P8021569.jpg
P8021568.jpg
P8021580.jpg
P8021575.jpg
安定のサイズダウン(^_^;)

全てシャルダス14(クリアブラック)

まあ 数は出たので、いろんなデータは採れた。

まだまだやりたかったがタイムアップ。

もうちょっとで明確に見えてきそうなんだが・・・

もうちょっとやり込んでみたいと思います(^_^;)

では また明日・・・(-_-)
[ 2017/08/03 07:15 ] 2017雄物川 | TB(0) | CM(0)