fc2ブログ

2022 12/30 今年の総括。

今日は、12月30日。大晦日イブ。今年を振り返るには良いタイミングかな?そう思い今年一年を振り返ってみた。思い返せば今年も公私共に色々あった。本業の方では、また一つ立場が上がり以前とは比べものにならないくらいの重責を毎日感じながら職場に通っていた。連日のストレスに押し潰されそうになっていたが、毎日の釣行がそれを癒してくれていた。そんな一年だったと思う。本業の方でも色々言いたいことはあるが、大して面...

2022 11/22~25 不思議な釣行。

いろいろあった数日間をギュッとつめた内容になっています。まず、11/22(火)。この日は、23日(水)祝日の前日。当然釣りに行く。いや 行った。巷では「良い夫婦の日」なんて言われているが・・・我が家にはそんなの関係ない。こう言うと 相当仲の悪い夫婦なんだろう。そう 勝手に思われるかもしれない。・・・・・・・・・そんなことはない。良くもなく・・・悪くもない・・・凄まじく絶妙な距離感を保っている。そんな夫婦なの...

2022 11/21 夕方の部・・・ひとり楽しむ。

毎日 よー時化ますね。ちなみにこの記事を投稿するのは、12月21日。連日の大しけに若干 鬱状態です(笑)思い返せば・・・その時化始めが11月21日だったと記憶している。11月21日以降。海が落ち着いた日は2.5日程度。それでも11月中はなんとか釣りになっていましたけどね。12月に入ってからは連日の大しけ。なんとか釣りになりそうな時は、若干無理をしても海に足を運ぶ毎日でした。その記事は後日配信予定。・...

2022 11/19 夕方~夜の部・・・乗らない魚達。

この日は、深夜の部から休憩を挟みちょい早めの夕方からスタート。日没直後の夕マズメに入れば丁度いいんだけど、どーしてもテデイのブツ持ち写真が必要だった。ベイトが絡めば簡単にデイでも出る時期。でも そんなに都合よく前日のようにベイトが回ってくるわけもなく・・・状況次第では大苦戦するだろう・・・そんな予測を立てながら、現地入り。風・天気は申し分ない状況だった。問題は海況。・・・・・・・・・うん。鳥山が立っ...

2022 11/19 深夜から早朝の部・・・ゴツゴツ???

前夜からの釣行。前夜 まあまあ楽しめた。のんびり映画を観つつ車中泊を楽しむ。楽しむ。と言っても 何をするわけでもない。ただ 車の中で寝袋にくるまりiPadで映画やTverやアベマでドラマやバラエティ番組を観る。これがまた楽しいのである。特に10~12月初旬に関しては夜の気温が一桁台前半になる。12月は氷点下になる日もある。氷点下になると色々対策は必要だが、この気温帯が一番車中泊には適していると思う。ちょっと 良...

2022 11/18 夕方から夜の部・・・時化続きの毎日。

この日は金曜日。毎度 言いますが・・・待ちに待った金曜日(笑)前回釣行からちと日にちが経っていますが・・・時化続きの毎日でまともな釣りを展開出来ないでいました。週末はまあまあ寒い初冬の海を泳いだり・・・もちろん釣りの為にです(笑)絶対軽い気持ちでチャレンジしないでください。俺は特殊な訓練を受けているので、こんなアホなことが出来るんです(笑)こんな感じに時化の日は無理をせず・・・時化の日は時化の日に...

2022 11/6 早朝の部・・・バラシ過ぎ!

前夜のリーバーシーバス最終釣行からの・・・川⇒海へ移動。秋田市内を通過してポイントに向かっていたので・・・「食」には困らない。と言いつつ・・・コロナで大体のお店が20:30~21:30位でラストオーダーとなる。残されたのは、牛丼チェーンのみ。それも若干飽きてきた。平日は超節制し・・・週末の釣りと共に「食」が大きな楽しみ。釣り同様 妥協はしたくない。と言いつつ から揚げ定食で満足している庶民である(笑)この...

2022 11/5 雄物川シーバス29・・・最終戦。

今年は、色々あり過ぎて記事が前後し過ぎている。友人・恩師との別れ。釣り関係の仕事。本業は相変わらず多忙を極めている。すでに海の釣行も始まっていた、11月5日。どーしても 川でやり残したことがある。・・・・・・・・・・・・・・・って 言ってみた(笑)なんとなくまだ川でもイケそうだったし・・・川の釣りが好き。その想いだけが、なかなか海に本格移行出来ないでいた。あと 一本 納得のいく魚を獲ってから海に完...

2022 11/23 悲しく・辛く・悔しい日。

この日は祝日。と言うことは、前夜から釣りに出かけるのがルーティーン。ここまではいつも通りだった。前夜 いつも通り釣りに行き・・・いつも通り、魚を釣り・・・いつも通り車中泊を楽しんだ。夕まずめ〜夜の時間帯の時合はほぼ特定出来た。じゃあ 深夜帯の時合は?と 23日は1:00起床で1:30には立ち位置に立っていた。もちろん周りには誰もいない。風も東がらみの風が吹き悪くない状況だった。前夜の感じから開始早...