FC2ブログ

12/6 なかなかの天気ですね・・・

秋田県内は相変わらずの天気が続いています・・・

こんな時は辛いものがありますね・・・
P1020836_convert_20141206092614.jpg
道路にも積雪し・・・

秋田市内はどこに行ってもツルツル状態・・・

忌まわしい季節の本格スタートですね・・・

数日前からハタハタも接岸し・・・

昨日の夜知人は大量だったと興奮気味に話していました・・・

でも 俺はハタハタ釣りに全く興味がないので聞き流しましたが・・・)^o^(

こんなにハタハタの密度が濃くなるとシーバスは厳しいですね・・・

チャンスがあれば・・・

と 思っていましたが、厳しいかもしれませんね・・・

そんな感じで昨晩は某社の忘年会にお誘い頂き・・・

今シーズン何度目かの忘年会・・・

帰宅時間がAM2:00頃・・・

今朝も通常出勤・・・

こみ上げてくるものを抑えるのが大変です・・・(-_-)

ウップ・・・(-_-)

こんな感じで全く釣りにならい毎日を送っています・・・

当然仕事も超多忙・・・

夜間工事が終わったと思ったら・・・

今度は最後の追い込み・・・

心も体も休まる暇がありませんね・・・

因みに今週日曜日も出勤・・・)^o^(

まあ 毎年のことですから気になりませんけどね・・・)^o^(

こんな釣りに行けない時期は・・・

やっぱりタックルメンテに限ります・・・

今シーズンも連日の釣行で酷使してきたタックル達を毎晩いじっています・・・

釣り場で話しかけて頂く方・コメントを頂いている方々からの質問で一番多いのが・・・

1位 釣れるルアーはなんですか?

2位 タックルについて

3位 いつ寝てるんですか?)^o^(

こんな感じですね・・・

先日 今時期に有望なルアーはご紹介したので・・・

今回はタックルについてご紹介したいと思います・・・

現在 俺の対象魚はシーバス・青物・メバル・ソイ主にこんな感じ・・・

特にシーバスには力を入れている・・・

昨年までとの大きな違いはファイトスタイル・・・

昨年までは掛けてからいなして捕るスタイルだったが・・・

バラシの多さにどおにかならんか???

と 昨年は試行錯誤の一年だった・・・

そこで昨年後半から試験的にやってみた秒殺ファイト・・・

これがピッタリ自分に合っているようで・・・

昨年に比べ圧倒的にバラシが減った・・・

と言っても107本バラシてますけどね・・・)^o^(

それでも去年から比べると半減していると思う・・・

今年一年はこのファイトスタイルで捕りまくった・・・

本当に秒殺???

と 思われるかもしれない・・・

目撃された方も数名おられると思いますが・・・

どんなサイズも秒殺です・・・)^o^(

因みに秒殺と言っても殺しません・・・)^o^(

無駄にいなして長引かせて弱らせるよりかけてから早く捕った方が断然蘇生率も高いです・・・

リリース後の生存率を考えても断然元気なうちに捕って早目にリリースする方がいいと考えます・・・

総合的に考えても合理的なファイトスタイルだと考え実践しています・・・

この際使うタックル紹介の前に・・・

このスタイルのコツを少々・・・

①まず掛ける。(ヒットさせれないと始まりません・・・)^o^()

②合わせて一気にリフト!!

③エラ洗いさせシーバスに空気を吸わせる。

④シーバスの頭を自分の方に向けさせ水面下に潜らせず一気に寄せる

⑤足場にもよるが抜き上げかタモ入れランディング

最大のコツは②③のリフト~エラ洗い~空気を吸わせる・・・

これに限ります・・・

②③さえ確実に出来れば捕れたようなもんです・・・)^o^(

フックポイントによっては負けるときもありますが大体いいところにガッツリかかります・・・

この時のタックルもポイントによって使い分けます・・・

A 河川ランカー用(主に大物を狙えるシーズンで使用) アピアVANCOOR+14ステラ4000XG(1.2~1.5号+7・8号)

B 河川・運河・サーフ 万能用 モアザンブランジーノ96MH【TECHNICAL BLUE BACKER】+13セルテートor12イグジスト
 セルテート(1.2号+5・6・7号)orイグジスト(0.8号+5・6号)

C 外洋(シーバス・青物) モアザンブランジーノ104MH【MONSTER BLUE BACKER】+13セルテート(1.2号+7号)

上記のタックルでこのスタイルの実践は可能です・・・

因みにドラグはほぼロック状態で使用します・・・

来年は河川をメインエリアにしようと考えているので・・・

もう一つタックルセットを増やす予定です・・・

それはまた今度・・・)^o^(

まずはAについて・・・

今年秋シーズンに導入したセットですが・・・

詳細は2014_10_04・2014_10_13の記事を読んで頂けると存分に威力を体感?出来ると思います・・・

Bについて・・・

今までいろんなタックルを使って来ましたが・・・

最高の組み合わせです・・・)^o^(

パワー表記はMHですが、余裕で7g位のルアーもキャストできますし、40g位までなら難なくキャストできます・・・

そして表記通りのパワー・・・

80~90cmクラスなら難なく寄せれます・・・

ML・MMLクラスに比べれば全体的に固いですが・・・

ティップ部分は入りが良く50~60cmサイズも乗りがいいです・・・

運河で多用する7~10g程度の小型ルアーも難なくキャストできることから、万能用で使っています・・・

サーフでの使用時はイグジスト(0.8号+6号)と組み合わせ飛距離も半端なく出ます・・・

正に万能用・・・)^o^(

柔らかめのシーバスロッドになれた方には固く感じるかもしれませんが、使ううちに慣れて・・・

今までのシーバス釣りを変えてくれました・・・

最後にCについて・・・

B同様 MHクラスですが・・・

BがMAX50gまでなのに対し・・・

CはMAX60gまでキャストできます・・・

40~50gのメタルジグ・IP26・ぶっ飛び君・トライデント110S・ビットブイ32gなら100m位飛ばすことが出来ると思います・・・

それと圧倒的なパワーが印象的・・・

先日の90UP3本もあっという間に足元まで寄せることができました・・・

全体的に張りが強く、10g以下のルアーのキャストはコツを必要としますが・・・

コツさえ掴めば難なくコントロールできます・・・

ちょっと長いVANCOORだと思えばいい感じですね・・・)^o^(

因みにぶっこぬきとはいきませんが、90UPも波の力を借りれば抜き上げも可能です・・・)^o^(

お勧めはしませんがね・・・)^o^(

こんな感じのタックルで挑んでいます・・・

そしてタックルと言えば・・・

リール・・・

昨年から導入しているイグジスト・セルテート・・・

ダイワの上位2機種だが・・・

何が決め手になったかというと・・・

マグシールド・・・

ラインローラーにも配備され通年使用しても釣行後の水洗いさえ怠らなければあのシャリシャリ音は発生しません・・・

でも・・・

昨年から水洗いのみのメンテで今年サーフメインで使ったイグジストは若干シャリシャリしています・・・)^o^(

因みに数回水没したからだと思いますが・・・

そのくらい信用のおける防水仕様と考えます・・・

でも 釣行毎の水洗いを怠ると1シーズンでシャリシャリするとの噂もあります・・・

因みにステラを海で毎日3ヶ月使い続けたら2ヶ月目の後半ですでにシャリシャリしてきました・・・

まあ 機械なのでそんなもんですね・・・)^o^(

あと今年 6~10月は河川をメインにやっていた・・・

前半はセルテート・イグジストでやっていましたが・・・

淡水メインなら・・・

と 久しぶりにステラ(14ステラ4000XG)を購入・・・

やはりステラですね・・・

あの滑らかさはどのリールにも負けません・・・

しかし エクストラギアのせいか?若干 使用開始時は巻き重りを感じました・・・

ダイワのリールを巻いてからステラを巻くとはっきり分かります・・・

でも あの高級感・質感・巻きここちは癖になりますね・・・

因みに来季 河川用のもう一セットのリールは14ステラをもう一台購入予定です・・・

ここでお気づきかもしれませんが・・・

俺は海用にダイワ製リール(イグジスト・セルテート)を使用・・・

河川用(淡水用)にシマノ製(ステラ)を使用しています・・・

こんな感じに自分のファイトスタイルに合わせタックル整備していくのも釣りの楽しみですね・・・)^o^(

お金はいくらあっても足りませんね・・・(-_-)

以上 俺のファイトスタイルに合ったタックル紹介でした・・・)^o^(

人の真似をするのもいいことですが・・・

自分のスタイル・技術に合わせたタックル選定をすることが重要です・・・)^o^(

では また明日・・・(-_-)

コメント

非公開コメント

タックル紹介ありがとうございます(^^)
経験からの情報、大変、参考になります!
自分の釣りを確立していきたいッス(^^)

Re: タイトルなし

日本海さん
おはようございます。
参考になれば幸いです・・・
人それぞれ釣りの楽しみ方は違います・・・
参考までに留めておいてください・・・)^o^(