10/20 早朝の部・・・まだまだいるね・・・

昨晩の釣行に引き続き・・・

今日は早朝の部・・・

秋田シーバスシーズンも残すところあと1ヶ月とちょっと・・・

行けるときいっとかないと12月になってから絶対後悔する。

これだけは確実なこと。

毎年そう思う。

俺のようにほぼ毎日行っている気違い人間でもそう思うんだから・・・

サンデーアングラーはさらにそう思いますよね。

そんな10月20日・・・

本来ならばサーフで毎日 爆釣時期なんだが・・・

今年はベイト接岸外れ年・・・

昨年は良かったのにな~

が 口癖ですね・・・

でも 居るところには居る。

これは確実。

全くいないわけはない。

そんなポイント、秋田港・・・

ベイトは居ないが、シーバスは居る。

その条件は点在するストラクチャー・・・

これを見つけれさえすれば釣果は近づきます。

近づくだけで、釣れないこともありますよ・・・(-_-)

というか 俺の場合 釣行時間が極端に短いので、釣れないことの方が多いかも・・・)^o^(

昔に比べれば秋田港も変わり俺がシーバス釣りを始めた17歳の時、どこに行っても釣れたし・・・

どこでも釣りができた。

そんな秋田港はもうありません。

何処に行っても釣れないし・・・

そもそも釣りを出来るポイントが無い!!

いや 何処に行っても釣れるんだが・・・

その釣れるポイントが軒並み立入禁止。

今朝も釣行後秋田港を見ながら走りましたが、いつもならサビキ釣りで賑わっているポイントに釣り人の姿が無く・・・

よく見ると、いつもは解放されている、フェンスゲートが閉まっている。

これじゃあ釣りは出来ませんね。

このまま閉まったままだと彼らはどこで釣りするんでしょうね???

ますます、釣り場が減る秋田港です。

そんな 秋田港でもまだ辛うじてやれるポイントもあり・・・

幸いそこはよく釣れる。

今後立入禁止にならないことを切に願います。

話はそれるが、やはり立入禁止になるのは、法律等(ソーラス関係)諸説あると思うが、やはり釣り人のマナーに起因している
部分も少なからずあると思う。

ゴミの散乱。迷惑駐車。コマセの散乱 諸々・・・

最低限のマナーは守りましょうね・・・)^o^(

話を戻そう。

そもそもなぜこのポイントを選択したかというと、外洋方面にベイトがいないことと・・・

どうしても残り少ないシーズンで先日届いたGaboz!!!90のサンプルで釣果を出したい。

この一心で今朝も寒い中 海に向かっていました。

AM3:00現地着。

状況観察。

ベイトなし!!

水色クリアー!!

釣れる要素なし!!

困ったもんです。

でも こんな状況でも足元のストラクチャーには絶対居着いているはず。

そう思い表層を岸と平行にGaboz!!!でガボッと出てくることを祈りながらしつこく攻める・・・

無反応。

風が出てきて表層での攻めはきつい感じ。

じゃあ ちょっとレンジを下げよう。

と こいつで・・・
PA200440_convert_20151020061701.jpg
Blooowin140S・・・

これもやっぱりチャートバック(何度も言うが、個人的にはベリーにオレンジ色を入れて欲しい)・・・)^o^(

どこまで行ってもチャート好き。

因みに秋田はどこに行ってもシャロー帯が多く、シンキングで且つレンジの深いルアーは馴染みが薄いと感じています。

サーフで使ってみたが、やっぱり沈むことと、レンジが深いことで70m位は飛ばせますが、すぐ底をこするため、出番は少なかった。(リップチューンがあるらしいので今後試してみます。)

しかし、磯・足場の高い港湾・テトラポイント等では、足元までしっかり泳いでくれ抜群の安定感です。

昨年も終盤あのポイントでもベイトが沈んだとき、最高の釣果を得られました。

まあ そんなことを書くのは簡単ですが、釣果が伴わなければ説得力がない。

通い慣れたポイントなので、どこにどんな根があるか大体把握している。

あの護岸の切れ目の沖には確か根入ってたな~

と 過去の記憶を探りながら転々と打っていく。

真っ直ぐ。

斜めに。

そんな何もないような秋田港でもピンポイントの攻めも出来るんですよ。実は・・・

でも 暗いうちが勝負。

薄明るくなり始めた頃 ようやくバイトが出始めた。

でも なぜ乗らない???

何かが違うんでしょうね。

そんな何回目かのバイトをようやく乗せることができ・・・
PA200429_convert_20151020061817.jpg
PA200439_convert_20151020061722.jpg
居着きらしい体色ではありましたが、まあまあサイズの71cm・・・

やっぱり居ましたね。

このあともちょい粘りましたが・・・

AM5:10タイムアップ・・・

仕事するか~

会社へ・・・

ここで軽くBlooowin140S使用時のイメージの仕方。

昨年の晩秋から使い始めてまだ多くの状況で使い込んでいないので、今のところのご説明。

Blooowinの特徴は・・・

①シンキング設定なこと

②よく飛ぶこと

③動きすぎないこと(個人的な感想)

大まかに言うとこんな感じ。

恐らく前述の通り秋田の方にシンキング設定のさらにちょっとレンジの入るミノーは馴染みが薄いと思う。

俺もそうでした。

でも そのシンキング設定が大きな武器になります。

沈むということはフローティング設定で限界まで潜らせたレンジより下を引けるということ。

当然フローティング設定同様に上も引ける。

なるほど!!と 思いませんか???)^o^(

着水後カウントを取りながら沈め・・・

巻き始める。

イメージではそのレンジをキープしたまま、回収する感じ。

使い込んでいくうちにわかってきたが、カウントダウンから巻き初めで若干さらにレンジが入るイメージです。

因みに今日のカウントは5。

これ以上だと底の突起したストラクチャーに接触するし・・・

それ以下だとストラクチャーに潜んだ魚にアピールできない。

わざと突起物に接触させバランスを崩した際、ヒットする場面もありますが、あまりやりたくありません。

ディープクランクベイトのようにリップが長い場合はいいですが、あまり長くないミノーしかもシンキング設定では、
高確率で、根がかり→ロスト→凹む。となります。

そんな使い方です。

イメージ出来たかな???

じゃあVBでも良かったんじゃない???

と 言われそうですが、確かにそうです。

でも 縦に落とすと即根がかりするポイントなんです。

そんなポイント皆さんの周りにもありますよね?

そんなポイントで是非使ってみてください。

今まで出せなかった魚も出てきてくれると思いますよ・・・)^o^(

どんなルアーでもそのルアーの特性をよく理解し、状況に合わせた「イメージ」をすることでもっと釣果を伸ばせると思います。

イメージとヒットが同調したとき・・・

これがルアー釣りの醍醐味ですね。

どうぞ、お試しあれ・・・)^o^(

参考までにBlooowin140Sについてのログがいろいろあります。

興味深いものあるので購入前に覗いて妄想。 いや違う!!「イメージ」することをおすすめします。

では また明日・・・(-_-)
[ 2015/10/20 09:40 ] シーバス | TB(0) | CM(6)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/10/20 20:02 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/10/20 21:36 ] [ 編集 ]

Re: こんばんは。

ゼホーさん
おはようございます。
昨日の魚は何も食っていないような魚でした)^o^(
今年のベイトの少なさは異常ですね(-_-)
みんなそんなもんですよ。昨日はたまたまです)^o^(
[ 2015/10/21 06:41 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ぴかどんさん
おはようございます。
表示を辞めてるだけですよ。
ちゃんとカウントしてます)^o^(
[ 2015/10/21 06:42 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/10/21 11:56 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ぴかどんさん
こんにちは。
そおですね。そのような声はいろんな方に言って頂きます。
でも ちょっと理由がありまして、いろいろあるんです。
ご理解ください。
契約とは一切関係ありませんよ)^o^(
そのうち再開します。
[ 2015/10/21 13:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyo4747.blog.fc2.com/tb.php/1587-13961beb