FC2ブログ

10/23 夜の部・・・

昨日は夜の部・・・

一昨日の夜・・・

今シーズン最後の河川釣行のつもりだったが、釣れちゃったのと釣行中まだ落ちているアユを確認。

「これはまだイケるかも。」

この言葉が脳裏をよぎる。

昨日の朝 りゅうさんからもいい感じの情報を頂き、一度海から頭をはなし、やっぱり河川へ。

昨晩は単独釣行。

釣行エリアは雄物川結構上の方・・・)^o^(

しかし・・・

このエリアに単独で行くのは相当な度胸が必要。

小動物・・・

熊・・・

見てはいけないもの・・・

それらすべてを見てしまう雰囲気を醸し出している。

やはり 動物系と出くわした際の退避方法を確認しながら、どんどん奥へ進む。

見てはいけない物を見てしまった場合、見なかったことにしよう・・・

そんなことを思いながら奥へ奥へ・・・

ポイントに到着するころにはいい感じに暗くなり・・・

来てしまった・・・

と 気合を入れまずは状況観察。

・・・

・・・

・・・

ん???
PA230650_convert_20151024061246.jpg
やっぱりまだ居る!!

このアユは瀕死を通り越して死んでいるが、流芯からのたるみタルミ部分にはまだ瀕死のアユも流れてきていた。

これは「イケる!!」と心の中で叫ぶ。

これを声に出してしまうと、経験上高確率で釣れない。

だから心の中で叫んでみた。

どおでもいいことだが、これ非常に重要。

しかし、アユは落ちてきているが、「チュボ」や「パコン」がない。

居ないか???

と 一度 冷静になる為に再度状況観察。

すると・・・

このエリアは上下200m位のエリア。

その小規模のエリアに点在するピンポイント。

いつもなら最上流の瀬からの落ち込みで落ちアユを効率的に捕食しているシーバスを狙い撃つんだが、
昨晩はそのピンにはいない。

あとは消去法。

そこがダメなら、ちょい下。

みたいな感じでその日のピンを絞っていく。

昨晩もその作業をいつもより丁寧に繰り返す。

時折出る、鮭のハタキにビビリながら探る。

ここで大きく勘違いをしていることに気づく。

鮭のハタキ音だと思っていた音が実はシーバスの捕食音だった。

この時期「バコン!!」や「バシャ!!」とかハイシーズンのボイル音を聞けると思わなかった。

しかもそのボイルが出ているのはピン中のピン。

あそこに流し込むのは至難の業。

さあ どうやって攻略しよう・・・

これを考えるのが非常に面白い。

ハイシーズンのボイル打ちでの数釣りも最高に面白いが、ゲーム性に欠ける。

俺はこの時期のいるのに食わない魚に口を使わせる釣りが大好き。

案の定 いるのに食わない時間が続く。

昨晩の水色はやっぱりジンクリアー・・・

やはりこのカラーを軸に組み立てる。
PA230897_convert_20151024063312.jpg
スネコン13S デットリーアユ。

冒頭のアユの写真と似てますね(個人的にはもう少側面にシルバー色を入れてほしい)・・・)^o^(

でも まず表層から流して流れの速さ、向きなどを探る為、エスフォーで流す。

その数投目・・・

ズン。

ん???

とりあえず合わせるか、と 合わせ!!

ズン。

・・・

・・・

・・・

ん???

ズン。

ん???

寄せにかかるが、寄って来ない。

マジか???

と 何とか足もと近くまで寄せたが、魚体を確認出来ずにバラシ。

何だった???

もしかして鮭のスレか巨大ニゴイか???

と エラ洗いしなかったことからそんな想像をしていた。

後にこれが大きな間違いだったことに気づく。

このあとも続けるが表層での反応がない。

じゃあ やっぱりスネコンで流すか・・・

と 絶妙な位置にキャスト。

流す。

ドスン!!

来た!!

合わせからの~リフト!!

ヤバい・・・

リフトできない・・・

このまま頑張っても口切れしてバレる。

そう思い瞬時に竿をねかせ送りの動作も入れながら強引に寄せる。

ドラグは出せない。

魚がこっちを向いたのを確認して、強引にずり上げ!!
PA230651_convert_20151024061424.jpg
PA230679_convert_20151024061528.jpg
これもグットコンディションの82cm・・・

なかなかの重量感でした。

でも この魚はまだまだ・・・

撮影中も背後で聞こえるボイル音。

急いで撮影を済ませ、再度キャスト。

やはりピンを外れると全く食ってこない。

この状況が身震いするほど楽しい。

自分の技術次第で出せる魚。出せない魚。

この状況を体験出来るか出来ないかで、自分のスキル向上スピードが格段に変わる。

俺は常日頃こんな釣りを体験出来ていることは、恵まれていることですね。

というのもほぼ毎日 釣りにいていることから体験出来ることだと思う。

「継続は力なり」ですね。

そんな感じで何度も流し込むが、反応がない。

ここで信頼のチャートバックパールにチェンジ。

その数投目、これは入ったな~

と 思うほどの自画自賛のキャストが決まる。

ドスン!!

因みに昨晩のバイトは全部こんな感じ。

これも強烈な引きを楽しみズリ上げ!!
PA230694_convert_20151024061640.jpg
PA230706_convert_20151024061751.jpg
PA230750_convert_20151024061852.jpg
これもカッコいい魚でした。 85cm。

まだまだ~と続けるが、やはりドピンにしかいない。

難しい釣りが続く。

ワクワクしながら、キャストを続ける。

やはり これも入ったな~と 絶妙なキャストが決まると・・・

ドスン!!
PA230757_convert_20151024062021.jpg
PA230769_convert_20151024062138.jpg
PA230779_convert_20151024062246.jpg
PA230793_convert_20151024062344.jpg
これシーバスですよ)^o^( ちょい短い82cm・・・

重量感は半端なかったです。

これもやっぱりチャートバックパール。信頼のカラーです。

やはり この後もピンに流し込めたキャスト時のみ・・・

ドスン!!
PA230804_convert_20151024062450.jpg
PA230819_convert_20151024062552.jpg
PA230844_convert_20151024062710.jpg
チャートバックパール マットチャートで連発。 83・87cm

最高です!! スネコン130S!!

ここでお腹いっぱいになり、辞めようかな~

と 川を見つめると、まだいる感じ・・・)^o^(

でも しつこいようですが、ドピンに流し込まないと食わない。

絶妙なキャストが決まり・・・

ドドドン!!

と 今日一のバイト!!

合わせからリフトに入るが・・・

VANCOORで初めてのされたかもしれません。

なんせこんな魚ですから・・・
PA230852_convert_20151024062825.jpg
PA230853_convert_20151024062929.jpg
PA230866_convert_20151024063034.jpg
PA230872_convert_20151024063137.jpg
間違いなく今シーズン最強の魚でした。 84cm。

野鯉じゃないですよ、シーバスです・・・)^o^(

そんな魚ですね。

昨晩の魚でエラ洗いをした魚はいませんでした。

なんせ みんなこんなコンディションですからね。

体が重くて水面に出てこず、潜ろうとする。

ズン・ズンと・・・

楽しめました・・・)^o^(

このあと若干反応がなくなり、多分粘ればまた時合いが来ると思うけど、翌日は兄の結婚式。

潔く撤収としました。

いや~ 楽しめました!!

昨晩の釣行はこれに尽きると思います。

右腕の疲労感。

達成感。

最高でした!!

こんな感じで、昨晩の釣行は今シーズン最高の夜になりました。

このまましめてもいんですが、立場上 釣果報告ブログでは皆さんの為にならない。

昨晩の状況を軽く解説。

昨晩は前述の通り、ピンのピンにしか魚がいない状況。

しかも 対岸の障害物の裏の流れの反転流で頭を下流に向けているイメージ(この仮定が大事)。

ということはその反転流に乗せれないと食ってこない。

そのピンを直撃しても1本は釣れるだろうが、数は出せない。

やはり「流し込み」これが基本になります。

反転流のちょい上流にキャストし流しこむ。これは容易に想像出来ると思う。

でも 手前過ぎると流芯に入り ピンに流し込めない。

奥過ぎると根がかり。

その中間に着水させ、流し込む。

正にハラハラドキドキですよね・・・)^o^(

何度も言うが、こんな釣りが大好きです。

反転流に乗せるのはちょっとコツがあり、いつものようにライン先行だと、思い通り流せない。

想像出来ますよね?

コツとしては、ちょい上流にキャストし一気にラインスラッグを回収し、テンションを保ったまま流し、
反転流に入るターンの時に一回ベールおこし、ラインを放出。

この時いい感じにスネコンがバックスライド風にフォール。

この瞬間で食っているイメージです。

このテクニックは橋脚がらみの微妙な反転流でも使えるテクニックです。

お試しあれ・・・)^o^(

経験と相当な練習が必要ですけどね・・・)^o^(

昨晩の攻め方はこんな感じですね。

ちょっと難しいですけど、普通に流すだけでは、出ない魚は大体 ピンに居ます。

しかも 流しにくいピンに・・・

もしかして、まだ楽しめるかも知れない、雄物川の落ちアユパターン。

残り少ないシーズンを楽しみましょう・・・)^o^(

では また明日・・・(-_-)

コメント

非公開コメント

テクニックヤバイですね!
一晩でランカーをそんなに釣ってみたいものです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

山形県民さん
初めまして。
おすすめテクニックです)^o^(

Re: タイトルなし

ぴかどんさん
こんにちは。
釣りにだけかかっているのであれば、ガソリン代・高速代で大体1万~3万の間だと思いますよ。
少ない月もあれば多い月もあります。俺は煙草も吸いませんし、飲み会も自分で金のかかる時はあんまり行きません。
よって、年間ならしで考えれば大したことないですよ。
家から近いポイントも多くあるし、仕事で遠出することも多く、その帰りに釣りに行けば、金も掛かりませんよ)^o^(
タックルについては、なるべく冬~早春(2・3月頃)買うようにしています。
その時期はビックリするくらい安く買える場合が多いです。(ネット通販の場合)
その時期は釣りに行っても秋田港なので、通勤経路上に釣り場がある感じです。
よって釣りにかかる必要経費は「ゼロ」です。
小型ワームをたまに買うくらいですね。

そんな 感じです。

Re: タイトルなし

匿名さん
こんにちは。
ご忠告ありがとうございます。
その件に関しては、本当に知りませんでした。

しかし、準組合員に加入した時、何も教えて貰えませんでした。
春先用にサクラマス遊漁券も買っています。コンプライアンスを重視して遊ぶのが俺の考えです。

でも ご忠告を真摯に受け止めます。

ありがとうございました。

今後 どこかでお会い出来れば、詳しく教えてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

ぴかどんさん
こんばんは。
ちゃんと寝てますよ。
3~4時間・・・)^o^(

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

むーさん
おはようございます。
そんな感じです。
お心遣いありがとうございます。

釣果に関してはダメなときは全然だめですよ)^o^(