③藻場編(春)

嫌らしい天気が続くここ最近。

釣りにイケないので、また書いてみようかと思います。

春の藻場編。

春の藻場と言えば男鹿磯を想像するかと思う。

勿論行くが、行く頻度はそんなに高くない。

4月初旬。

「あ~春っぽくなってきたな~」と思うほど暖かかくなると、海の中も活気ずいてくる。

この時のベイトは、やはりアミエビがメイン。

釣った魚を食べるために持ち帰り解体すると、大量のアミが出てきます。

たまにコウナゴ、甲殻類、極小ベイトなど藻の周辺で目に見て確認出来るほど。

そんな状況はそんなにあることではないが、運よくそんな日に当たることが出来れば、いい思いが出来るのもこの時期の特徴。

この藻場での釣りはナイトゲームがメイン。

磯回りといえば、サラシ打ちを思い浮かべるかもしれないが、この時期は夜の凪を狙っての釣行となる。

しかし、俺は単独行動が基本。

よって、この時期の磯に行くことは多くない。というかほとんど行かない。

ちょうどこの時期から男鹿の各漁港で良型のメバルが簡単に釣れることから、夜の凪=メバル。

みたいな感じで、シーバス・メバル両方狙える漁港周りがメインエリアになります。

シーバスメインで釣りに行きますが、ダメならメバルでも・・・

と 欲張りは釣行が出来るのもこの時期の特徴でもあります。

比較的初心者の方にもチャレンジしやすいので、漁港・テトラ帯など比較的安全なポイントをメインに実績ルアーをご紹介します。

まず最初に・・・
P2152691_convert_20160215194331.jpg
シャローウォッシュ110Fハスラー。

あれ?また登場???

と 思われるかもしれないが、ちょっと違います。ノーマルタイプのシャローウォッシュも使うが、こいつはさらに上のレンジを引けるタイプ。

ボディー素材にボーン素材を採用し浮力を増したそうです。

と 言われても良く分かりませんけどね・・・(^◇^)

要は普通のタイプより浮くやつ。と思ってください。

因みに、普通のシャローウォッシュはフックサイズを上げるとサスペンドからスローシンキング仕様になります・・・(^◇^)

それはそれで扱いやすいんですけど、藻が絡むシャロー帯では、ちと扱いにくい。

そこでこのルアーが登場。

こいつはとにかく浮きます。

よって藻の上を引きやすい。

しかし、調子に乗って巻き過ぎると即藻を拾って釣りになりません。ここは要注意です。

使い方は、超デットスローで巻きたまにハンドルアクション。

これだけでいいですね。

コツといえば、出来る限り表層ちょい下を引きたいので、竿の角度に気を使います。

頭の真上を12時とすると竿の角度は1時位まで立てます。

こんなに立てて、超デットスローで巻いても、いい感じに表層ちょい下で藻のちょい上を泳いでくれます。

すると藻に隠れている、シーバスがいい感じに食ってきます。

イメージ出来たかな???

ちょっと難しいかもしれないが、考え方は簡単。

水面直下まで生い茂る藻と水面までの間を泳がせる感じですね。

藻を頻繁に拾うようではちょっとリリーングが早い。

竿の角度。リリーリング速度を調整し、常に藻と水面の間を泳ぐように調整する。これだけですね。

慣れると恐ろしく簡単です・・・(^◇^)

是非 チャレンジしてみてください。

次に・・・
P2152696_convert_20160215194528.jpg
ソラリア85F。

因みにこのルアーは別のポイント編でも登場します。それだけ汎用性のあるルアーです。

この時期のメインベイトのアミエビを捕食しているとき、サーフ編で「動かないビックミノー」とご紹介しましたが、藻場編では逆に
小さいルアーがメインになります。

その代表格がこのソラリア85Fもちろん、他の小さいシンペン等も高い実績を上げているが、ちょっと使い方がめんどくさいので、ここでは、扱い方が簡単で高実績のルアーをご紹介します。

85mmと小さいですが、このクラスのミノータイプでは一番飛ぶんじゃない???

と 思うほど飛んでくれます。

レンジも公称0~50cmとシャローウォッシュ110Fハスラー同様、藻と水面の間を引きやすい設定になっています。

それとこのルアーの特徴でもある、バス釣りで多用するクランクベイトに似た形状から推測できる通り、いい感じに浮き上がります。

使い方にはちょっとだけコツがあります。

ハスラーは藻に触れないように使いますが、ソラリア85Fは藻に触れさせて使います。

これで、似たようなレンジを引けるこの二つのルアーの使い分けができます。

まず遠投し、着水。

糸ふけを取り巻き始めます。

普通に巻くと、藻に触れます。

そのまま巻き続けると、藻ダルマになり釣りになりません。

ここで浮力が生きてきます。

巻いている途中、藻に触れたら巻くのを辞め、浮き上がりにより、藻から離れるのを待ちます。

離れたな~と思う頃再度巻き始めます。

この時のヒット率が非常に高いですね。

浮き上がりの上昇時にもバイトは多いです。

そんなテクニカルな使い方が出来るのもこのルアーの特徴です。

かなり集中しながらの釣りになるので、ちょっと疲れますけどね・・・(^◇^)

こんなテクニカルな釣りもルアー釣りの醍醐味ですね。

食わせるイメージは魚が潜んでいる付近の藻をゴソゴソさせ、魚に気づかせ、そのあとの縦に浮上しその縦アクションで食わせる。

そんなイメージです。わかりにくいかもしれませんが、使って1本釣ればわかると思いますよ・・・(^◇^)

次にここ10年で一番衝撃的なルアー!! と 言えば言い過ぎですが、それ位信頼しているルアーです。
P2152693_convert_20160215194353.jpg
リバード90S。

このルアーも後に別のポイント編でも登場します。

このルアーはとにかく不思議と釣れるルアー。

ジャンルはシンペンに分類されると思いますが、とにかく飛ばない・・・(^◇^)

でも 釣れちゃうんです。不思議と・・・

アクションは緩いS字アクション。

シンペンなのにフォールスピードはかなりゆっくり。

この条件だけでもシャロー帯で使いやすいのがわかると思う。

使い方は簡単。

超デットスローからのハンドル1回転位のハンドルアクションを入れる巻き方。

これだけ、コツは藻を拾わない程度の出来るだけ遅めのリリーングスピード。

あとはハンドルアクションのあとの一瞬ポーズ。

これだけですね。

簡単ですが、高実績です。

因みに、根魚にも強く、よく良型のソイだ釣れます。

上の二つのルアーがダメな時に、神頼み的に登場する高実績ルアーです。

それだけ信頼を置いているルアーですね・・・(^◇^)

是非チャレンジしてみてください。他のポイントでも使えるので、買っておいて絶対損のないルアーです。

次に・・・
P2152699_convert_20160215195111.jpg
エスフォーTG9。

秋田ではなかなか手に入らないルアーですが、どこかで見つけた際は購入をオススメします。

このルアーの11cmタイプは河川攻略では欠かせない存在ですが、イナッコパターンやこの時期の藻場でもかなり高い実績を上げています。

しかし、使う状況が若干限られます。

①藻が水面に近接して生い茂っているポイント。

②ボイルしている状況。

①についてはご想像の通り、このルアーは水面をモコモコさせて泳ぎます。

潜らせても数センチ。

よって、水面付近まで生い茂っている藻の上を引けます。

②については、魚が高活性で、水面付近のベイトを追い回し捕食している状況で水面をモコモコさせて泳がせます。

どちらもバイトは強烈にでます。視覚的にも楽しめるのでかなりオススメですね・・・(^◇^)

とにかくよく釣れるルアーです。

今年はこのルアーと恐らく併用して使うであろう・・・
P2152698_convert_20160215195043.jpg
ガボッツ90。

ちょっとBlueBlueルアーをねじ込んでみました・・・(^◇^)

でも 確実にこのポイントで大活躍してくれると思います。

今年この時期に使い込んで、「くれると思う」ではなく、自信を持ってオススメできるようにしたいと思います。

ガボッツはエスフォーよりアクションが若干おとなしいので、さらにシビアな状況でも活躍してくれると思います。

次の生産は初夏以降とのこと・・・

今から「爆買い!!」することをオススメします・・・(^◇^)

宣伝はこの辺にして、この二つのサーフェス系のルアーを選ぶ際、カラーに気を付けてほしい。

俺の考えで極論を言えば、ボディーカラーは何でもいいと思う。

注意するのはベリーの色。というか、ベリーに何か色が入っているカラーを選んでほしい。

その理由は、どちらのルアーもウォブリングとローリングアクションをしながら、水面をモコモコ引き波を立てて泳ぐ。

ということは、下から見ると・・・

側面→ベリー側面 これが1工程。

これの繰り返しで水面をモコモコ動く。

想像してみよう。

側面とベリーが同じ色だと同じ色が泳いでくるだけなので、ベリーに色が入っているものより、魚へのアピールは
かなり少ないと思う。逆にこのアピールしない方がいい場面もあるが、藻などの茂みに身を潜め、目線の上を泳ぐものを捕食している状況では確実にベリーに色が入っている方が反応がいい。

これは今までの実績で確実。

そんな考えのカラー選択をしてほしい。

オススメはエスフォーの写真の一番上のチャートバックパールですね。(ベリーにオレンジ色が入っています。)

どんなルアーもチャートバック・・・(^◇^)

実績のカラーです。

こんな感じで、春の藻場編の実績ルアーでした。

特に男鹿半島には藻場が沢山あります。

というか、至る所 藻だらけ・・・(^◇^)

ということは どこでも釣れちゃう!!ということですね。

確かに有名な実績ポイントもありますが、あまり知られていないポイントも多々あります。

何時から何時まで釣れる時間。とか

時合も明確に現れる釣り方です。

是非 開拓も含め楽しんじゃってください・・・(^◇^)

でも・・・
P1340312_convert_20160218182546.jpg
P1360529_convert_20160218182809.jpg
P1360647_convert_20160218182844.jpg
釣れるサイズはこのサイズがメインです。

中にはランカーも交じりますが・・・

といった感じです。

でも 数は出ますよ・・・(^◇^)

最後に・・・

これを書こうか迷いましたが・・・

このルアー藻場の為に作ったの???

と 思うルアーです。
P2152697_convert_20160215195017.jpg
シャルダス20.

まずはこの動画をご覧ください。

ブレードルアーなのに表層を引ける!!

欲しかったルアーですね。

これはかなり大きな武器になりそうです。

3月末発売予定。

ということは、春の藻場に間に合いそうですね・・・(^◇^)

是非!!

実績ルアーについて。

①秋田港編

② サーフ編(春・秋)
[ 2016/02/18 22:03 ] ルアー紹介 | TB(0) | CM(2)

おはようございます(^o^)

サーフ編で紹介のあったスライドベイトヘビーワン…。メーカーが無くなったと知らなかったので通販で在庫のあるショップを探して9cm/20gを8個注文しました(笑)

宜しければ…ルアー紹介が終わってからでもタックル紹介もお願いしたいです(*^o^*)
[ 2016/02/19 11:28 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

爺-SHOCK さん
こんにちは。
9cmの20gですか~
使いやすいかもしれませんが、俺は使わないスペックです・・・)^o^(
でも まだ売ってるんですね。
探してみます。

タックルのご要望もあるので、書く予定にしています。
でも いつになることやら・・・
気長にお待ちください・・・)^o^(
[ 2016/02/19 13:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyo4747.blog.fc2.com/tb.php/1679-63c5536f