8/15~16 2016雄物川シーバス33・・・山あり谷あり。

一昨日は終日 家族サービスに費やし、釣りにはイケず。

よって 15~16日の朝までは釣りをさせてもらえることに。

正に山あり谷ありの釣行。

山あり谷ありだったのは俺じゃないですけどね・・・

詳しくは後ほど。

昨日は早朝から翌日の朝までと比較的じっくりやり込める日。

ここでプランを考える。

①とにかく数を釣って楽しむ。

②とにかくデカいのだけを狙う。

どちらも狙える状況。

だったら当然②を選択。

前日からオールナイトで上流方面を攻めていたりゅうさんと朝マズメを楽しもう。

と 集合場所に時間通り到着。

状況を聞くと前日ランカーサイズを捕獲済みとのこと。

これはもらったな~

と 俺先行で攻めさせてもらうが・・・

不思議な位無反応。

りゅうさんとの釣行でこの展開の多いこと多いこと(^◇^)

まあ いつものことか・・・

と 状況把握・いろんな仮説を立て今後の参考にする。

6:00腹が減ったのと・状況が好転しないことを確認し、一度解散。

りゅうさんはご帰還。

俺は開拓の旅に。

朝のエリアから数㌔上流のエリアへ入水。
DSC02047.jpg
気温は33℃。

でも 水は適度に冷たく気持ちよかったですね~

数㌔川を遡上し目ぼしいポイントを開拓。

いい感じのポイントを数か所 見つけることが出来た。

ここ最近の足跡もないしもしかしたら竿抜けになっているかもしれませんね。

でも 日中出そうなポイントでもなかったので、再度川を下る。

渇水気味で、ほぼ川の真ん中をウェーディングしながらザブザブ(^◇^)

真夏のウェーディングはこれがいいんですよね~

なんて 楽しいんでいると・・・

なにやら対岸からにょろにょろ・・・

にょろにょろ・・・
DSC02039.jpg
蛇もこの暑さに水に入りたかったんでしょうね(^◇^)

背後から来なくてホッとしているところでした・・・

ここで 昼飯を食いに街へ行き・・・

軽めの昼食からの~

爆睡。

まるで牛ですね・・・

13:30起床。

入ろうと思っていた近くで爆睡していたので、14:00再度ポイントへ行くと、先行者。

隣でやれせてもらおうかと思ったが、ポイントキャパ的にそれはNG。

もちろん広いポイントではOKですよ。

でも 基本的に先行者優先。

帰るのを待ってると30分もしないで上がってきたので、あいさつし状況を伺うと・・・

全く反応なし。

とのこと。

ここでいろんな考えが出来る。

①先行者が攻めまくったので、魚はスレていて後続で入っても釣れないだろう。

②先行者が攻めて釣れなかったんだから魚は居ないんだろう。

主にこの2通りの考えが脳裏をよぎると思う。

でも 俺はすこぶる前向きに考える。

「先行者が攻めて、魚に口を使わせてないんだから、俺のルアーは食うだろう」

釣れなっかったら①か②を理由にすればいいだろう(^◇^)

釣り人なんてそんなもん。

だって人間だもの・・・

こんな考えで入れ替わりで入水。

朝 くまなく状況把握に努めて、魚が着くならあそこだろう。

その仮説を一つ一つ確認しながら、丁寧にシャルダスを流す。

ドスン!!

答えはすぐ出た。

結果から言うとかなりの大型をバラシ。

でも 仮説は間違っていなかった。

じゃあ 粘れば出るだろう。

こう考える。

さらにじっくりブレイクに流し込み、アクションを与える。

・・・

・・・

・・・

ドン!

ファーストランでイっていることを確信。

あとはバレないように慎重に寄せ・・・

キャッチ!
DSC02068moza.jpg
DSC02055.jpg
ゴン太君でした。シャルダス20(ゴールドサバ)←デイの実績はかなり高いです。

ここでかなり満足。

小型を沢山釣るのも楽しい。それも大好きです。

でも 狙いすまして釣りたい時間に狙ったサイズを釣る。

もちろんダメな時の方が多いが、それを達成できた時の達成感は何事にも変えがたい喜びがあります。

こんな釣りしてみませんか?

なんてね(^◇^)

ここで16:00。

このポイントは16:00までと決めていたので、潔く撤収。

雲行きも怪しくなってきた。

次のポイントに入りほどなくして・・・
P8155313.jpg
ゲリラ豪雨(^◇^)

まずは開始早々ヒットからのバラシ。

その後6バラシ。

これだけバラせば、ムカつきもしません(^◇^)

自分の下手さにがっかりしながら撤収。

ゲリラ豪雨で一気に水位が上がり、この夜はちょっと厳しい感じ。

りゅうさんに連絡すると既に飲んでるとのこと。

状況も芳しくなさそうなので、風呂に入って明朝に備えて早めに寝るか~

と いつもの温泉に向かっている道中。

LINE。

近くのコンビニでLINEしてきた主とやりとり。

その主の正体が・・・

青森の工藤テスター。

愛知の友人2名と3日前から雄物川に釣りに来ていたらしい。

2日間下流域を攻めて、偶然釣れちゃった1本以外何の糸口も見えないまま、ノーバイトとのこと。

俺は内心、そりゃそうだろう(^◇^)

と 思っていた。

なんの情報もなく、雄物川に乗り込んで釣れるほど、雄物川は甘くはない。

来るんなら事前に俺の身柄を拘束すればよかったのに、と伝えると変なプライドがあり自分たちで何とか出来ると思っていたらしい。

何度も言うが、雄物川はそんなに甘くはない(^◇^)

最終日に何とか物にしたいので、何かヒントをくれないか?とのこと。

何度も言うが雄物川はそんなに甘くはない(^◇^)

どうせ俺は上流方面のいつもの道の駅で仮眠する予定だったので、そこまで来てくれればガイドするよ。

と 伝えると、「行きます!」との事。

約50分後 彼らと合流し、ポイントへ。

やはり雨の影響で、水位が上がり流れも速い。

出るならあそこだな~

と あたりをつけたポイントへ。

状況を説明し、あそこの瀬の下流にブレイクがありそこに着いている。

と 「アカメ君」に伝える。(彼 愛知から高知まで遠征しアカメを仕留めている。だから俺の中ではアカメ君)

しかもリーダーに結んでいるルアーはシードライブ。

「雄物川でシードライブで釣りたい!」とのこと。こんなこだわりも大事ですね。

ほどなくして、予想通りバシャバシャ(^◇^)

70ちょいをキャッチ。
P8155316.jpg
なかなか男前なファイトでした(^◇^) (この時 彼のこの釣行における「山」だったんでしょう)

おめでとう!

そしてナイスガイド!

あとは工藤テスターにブルーブルールアーで釣ってもらっていい記事書いてもらおうと、細かく説明。

あたりカラーのシャルダスを持っていなかったので、支給。

その直後。

バシャバシャ(^◇^)

やりますな~

俺はネットマンに専念。

しかし・・・

・・・

・・・

・・・

「あっ」・・・

バラシ・・・

まあ よくあることだよ。と慰め続ける。

ほどなくして「珍しい苗字君」も数回のバイトを得るが眠気に負け車で熟睡。

アカメ君が下流に下りVBでバラシ。

俺はいくらでもいい状況のピンを探しながら彼らに伝える。

そしてやってはイケない・・・

KYフィッシュ。
P8165321.jpg
シャルダス20(ゴールドキャンディ)

よく釣れるカラーです(^◇^)

ここで1:00。

明朝のプランを伝え、仮眠することに。

近くのコンビニで仮眠。

3:50起床。

この後 アカメ君に悲劇。

これが彼のこの釣行の「谷」となりました・・・

詳しくは彼の為に申し上げませんが・・・

若気の至り・・・

そんな感じ。

でも ちゃんと立ち直ったみたいなので、おじさんは安心しているところ。

こんな感じで今朝は釣行成立ならず。

いろんな意味でいいもの見せてもらった釣行でした(^◇^)

たまにはガイド釣行もいいものです。

自分の知識・技術の再確認・再認識の機会には最高の釣行となりますね。

それにしても彼らの釣りへの情熱に関心させられました。

全国にはこんな若者もいるんだな~

と おじさんはうれしくなっちゃいました(^◇^)

今釣行でお盆休みの釣りは終了。

思うようにいけませんでしたが、デカいのも出たしそれなりに楽しめたお休みでした。

今後もさらにデカいの求めて俳諧を続けたいと思います(^◇^)

では また明日・・・(-_-)
[ 2016/08/16 17:11 ] 2016雄物川 | TB(0) | CM(2)

ガイドイイですね!羨ましいです❗ そしてナイスフィッシュ!
[ 2016/08/16 20:07 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

シーバス釣りたいなさん
おはようございます。
いい魚でした(^-^)
[ 2016/08/17 04:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyo4747.blog.fc2.com/tb.php/1815-e9c83bc1