1/6 早朝の部・・・リベンジ達成!!

今日は早朝の部から。

今朝の釣行は昨日のリベンジを兼ねていた。

昨日の記事にも書いたが、2本潜られバラシをしていた。

こう書くとなんかただバラシたみたいな書き方だが・・・

一方的にやられた2本だった。

俺のタックルはライトタックルにしてはもったいない位の強気なタックル。

85PEスペシャル(工藤君流に言うと85ペスペ)

ラインはPE0.6号+リーダー1.75号。

若干リーダーを弱くしているのは、根がかりの際、リーダー部分で切れてほしいから。

最大30cm前後の根魚なら難なく捕れる。

そんな タックル。

しかし、昨日は2匹の魚に完敗(-_-)

魚に大変申し訳ないことをしてしまって反省しているところ。

そして、絶対捕ってやるそうも思っていた。

そんな今朝。

同じ立ち位置に立つ。

前夜から降り続いた雪がいい感じに積もっている。
P1063219.jpg
外気温も-2℃となかなか・・・

でも 風が無いのが救い。

快適に釣りが出来る。

やることは一つ。

VBの釣り。

底を取ってフォール時に集中。

狙いどころは昨日と同じ。

砂地とゴロタの境目。

ゴロタに接触するとカツンと明確にわかる。

昨日の強風時と違って底の状態が手に取るように分かった。

さらに集中しフォール・・・

・・・

・・・

・・・

カン! 
P1063227.jpg
P1063230.jpg
幸先よく良型を一匹。

ナレージ50(グリーンゴールド) 良く釣れつカラーです。

フォール時のバイトはカン!とかカツン!とかすこぶる気持ちいいバイト。

だから面白い)^o^(

この後 衝撃の魚が・・・

同様に攻める。

砂地部分からのリフト・・・

フリーフォール・・・

次のしゃくりあげ時・・・

ゴン!!

今までと明らかに違うバイト。

あわてて合わせて超強引に寄せる。

魚に主導権を渡した瞬間 根に潜られるほど根が荒いポイント。

数回の突っ込みを強引にリフトし、水面に浮かせる。

ん?

デカくない!?

バシャバシャいってるし!

そのままズリあげ!
P1063240.jpg
P1063248.jpg
秋田港にも居るんですね~

46cmのアイナメ。見事なタラコ唇でしょ(^_^;)

釣った俺が一番ビックリしてます。

そして 奇跡的に捕れたことに安堵しているところ。

ナレージ50(レッドシーガ) 根魚に強いカラーですね~

やっぱり 昨日の魚はこいつらだったのかな~

と 追加を狙い続ける。

魚が反応してくるのは決まって砂地とゴロタの境目。
P1063276.jpg
ナレージ50(マットチャート) 

やはりVBを喰ってくる魚は良型。

だからやめられない。

そんな釣り。

ロストすると相当凹みますが、その分 釣ったときの喜びは大きい。

ここで軽く 根魚を狙う際のナレージ50の使い方をご紹介します。

やることは基本通りのリフト&フォール。

でも 同じリフト&フォールでも2通りの使い分けをしている。

一つ目はリフト後のテンションフォール。

リフトしながらスラッグを回収しラインテンションを保ったまま、カーブフォールさせるイメージ。

根魚は上を見ながら落ちてくる物に反応します。

イメージ的には魚の目の前に落とすのではなく、魚の目の前を横切りながら落とす感じ。

バイトはほぼひったくり系のバイト。

カン!とかカツン!とか明確に出ます。

二つ目はリフト後のフリーフォール。

若干跳ね上げる様に素早くリフトさせ、スラッグを取らずそのままフリーでフォールさせる。

スラッグは出したまま。 これがコツ。

ナレージはフォール時 回転しながら(スパイラルフォール)沈みます。

回転しながら、魚の目の前に落とすイメージ。

こんな感じで使い分けています。

魚の活性がどうのではなく、各ピンに対してこの二通りのアクションを試し、反応無ければ別のピン。

こんな感じで、効率よく打って行けるのもVBの利点。

んで 反応してくる魚は良型が多いですからね。

真冬でも「釣った」感を味わえる楽しい釣りです。

是非 チャレンジしてみてください)^o^(

こんな感じで、今朝は撤収。

夕方もイケるかな~

イケたらイッてみたいと思います)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2017/01/06 07:59 ] 小物釣り | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyo4747.blog.fc2.com/tb.php/1913-68176933