2/9 早朝の部・・・たまには楽しい釣り。

今日は早朝の部。

あまり行く気は無かったが、いつも通り起床し、いつも通りの風チェック。

南東6m。

おっ! 予想通り落ち着いた!

行くか!!

と ベットから飛出し、秋田港へ!

気温は-1℃~2℃位を行ったり来たり。

風は実測値なので、その通り。

でも 南が絡みとやりにくいのが秋田港。

でも これ以上吹けば良くないが、ギリギリやれそうな感じ。

さて 何からやろう?

これもいつも考えること。

風が強ければVB・ニンジャリ。

風が弱ければホッグ系のワームから入り、魚の居場所を見つけたらVB・ニンジャリにシフト。

今日はどっちだ?

・・・

・・・

・・・

後者のようです。

早速 ホッグ系のワームを投入。

風上にフルキャストし、ガッツリ底を取る。

あとは若干スラッグを出し、風にラインを引いてもらう。

ルアーは底付近をズルズル ナチュラルに転がる。

バイトは・・・

コツ! こんな感じ。

バイトがあったら一気にスラッグを取り、竿先が入るのを待って・・・

合わせ!!
P2093611.jpg
P2093613.jpg
同様の攻め方でポンポンと)^o^(

因みに一本目は一投目。

「今日はまつ・・・・」 ヤバい言いかけた(・_・;)

寸前で思いとどまり、次の手を考える。

大体魚の居場所は分かった。

あとは効率良く拾っていくだけ。

ホッグ系はやはり効率が悪い。

短い時で1工程 5分以上かかることが多い。

ということは30分で6投程度しか出来ないということ。

なぜ効率効率と言うかと言うと、俺の釣行時間は長くて2時間程度。

同じペースでやってたら、拾える魚も拾えないですよね(・_・;)

そんな感じ。

よって 巻く釣りが多くなる。

ここで、ニンジャリ投入。

ガッツリ底での反応が良かったので、まずはフルキャスト→着底→2シャクリ→着底。

これをショートピッチで繰り返す。

根に触れるか触れないかその位微妙なリフト&フォール。

着底させると根がかりは免れない。

集中し探る。

バイトはモソっと重くなる感じ。

ニンジャリは即合わせが基本。
P2093594.jpg
ニンジャリを食って来る魚は良型が多い。

ニンジャリS(レッド+ピンクジョーカー) ←悔しいが良く釣れるカラーです(・_・;)

同様の攻め方で・・・
P2093605.jpg
パックリ(・_・;)

ニンジャリS(レッド+ブルーブルー)

これも良型。

この後もニンジャリでポツポツ拾っていく展開。

若干風が強くなって来たので、VBにチェンジ。

攻め方はニンジャリと大体一緒。

根のすぐ上をショートピッチのリフト&フォールを繰り返す。

バイトはフォール時に集中。

カツ!とかカン!とか明確に出るので即合わせ!!
P2093637.jpg
今日一のビックサイズ。

ナレージ50(イガイブラック) 

ここで雪が強烈に降ってくる。

風吹くなよ~

と 願いながら同様の攻め方を続ける。

やはりバイトはカツッ!
P2093648.jpg
P2093651.jpg
良い魚です)^o^(

ナレージ50(グリーンゴールド・レッドシーガ)

うん。

楽しい)^o^(

さらに追加を狙いたいが、時間が・・・

ここで、ちょっと攻め方を変え。シーライドミニにチェンジ。

あっさり・・・
P2093654.jpg
良型。

シーライドミニ6g(ブルピンダスト)

ここで 本当にタイムアップ(・_・;)

もっとやりたかった・・・

これ 本音。

それにしても今朝良かったですね(・_・;)

毎日こうだ良いんですけどね~

たまにはこんな楽しい釣りもしないとね)^o^(

何より釣りに行く時間を確保するのが難しいところ・・・

夕方もイケるかな~

と 言いつつイクと思うけどね)^o^(

では また明日・・・(-_-)
[ 2017/02/09 08:33 ] 小物釣り | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyo4747.blog.fc2.com/tb.php/1939-432bbe26