FC2ブログ

10/5 2017雄物川シーバス61・・・居るんだけどね~

昨日は夕方、日没直後の時間に的を絞った釣行。

それ以降の時間の状況は前日確認済み。

じゃあ 日没前後は?

そんな感じの確認を前日行けなかった有力ポイントで確認。

陽が傾き始めた時間に現地着。

稲刈り真っ最中。

昨年より若干遅いような気がする。

例年通りだと藪の入口付近に駐車可能なんだが、まだ稲刈りしていて農道に路肩駐車出来ない。

ということで、1km近く離れた駐車位置に車を停め、歩く。

険しい藪をを抜け河原に辿りつき、今度はディープウェーディングで目的地まで行く。

水色よし!

水位良し!

落ち鮎・・・

・・・

・・・

・・・

なし!!(笑)

この時期にしては珍しい状況。

恐らくまだ元気なんでしょうね(笑)

ということは、ちょっとレンジ下だな~

と 予想し、すでに陽は沈んでいる。

ちょっと焦りながら第一投。

本命のピンは真っ暗になってから打つとして、その下の開き部分から探る。

予想のレンジは一番下。

でも、トップから入る。

エスフォー13で表層をゆる~く流す。

なんかモワッと出たが、何かは不明。

ん?

もしかして上のレンジでもイケる?

こうなると迷う。

現地の状況を確認し、仮定をたてる。

んで、仮定の通り実行する。

んで、釣る。

これがルアー釣りの醍醐味。

思い通り行ったときの達成感は半端ないものがあります。

昨日もそんな感じ。

表層からどんどんレンジを下げて行き、底付近まで辿りつく。

予想通り、表層から中層では出なかった。

じゃあ 底付近。

恐ら一番深い部分で、3m弱。

底と言っても底べったりを流すわけじゃなく、底にべったり居着いて、上を見て捕食体勢に入っている魚に見せれるレンジを引けるルアーを投入する必要がある。

この場面で投入するのは、Blooowin!140S

普通に引けば水面下1.5m程度を泳ぐ。

流しながらレンジを入れれば、もうちょっとしたを引ける。

そんなイメージ。

アップ気味に入れ、流しながら沈めて行き・・・

・・・

・・・

・・・

ゆる~く・・・

・・・

・・・

・・・

ターン・・・

・・・

・・・

・・・

ドス!!

やっぱりね(^_^)v

あとはベイトタックルの利点を生かしゴリゴリ寄せズリあげ!!
PA050624.jpg
PA050614.jpg
背景と房総サンセットの配色がマッチしていていい感じでしょ(^_^)v

Blooowin!140S(房総サンセット)

サイズはそれほどでもないですが、狙い通りの一本は何度釣っても気持ちがいいものですね。

よし!

魚は居る。

本命のピンを・・・

と 思ったが、楽しみは取っておかないとね。

潔く撤収としました。

居るには居るんだけどね~

そんな感じの釣行。

もうちょっとサイズとウェイト伸びてくれると良いんですけどね~

それも今後の楽しみですね(^_^)v

では、また明日・・・(-_-)

コメント

非公開コメント