FC2ブログ

10/8~11 2017米代川シーバス⑤・・・イメージを伝える難しさ。

10/8 午前中 オフショアでイカ釣りしているところに、LINE電話入電。

その発信の主は・・・
22228414_2403391779885407_7074909827980992092_n.jpg
ブルーブルーアドバンステスター目黒さん。

俺のイメージでいつも酒を飲んでいる画しか浮かんでこなかった(^_^;)

スミマセン(^_^;)

10/7から新潟に遠征中だったが、落ちてる筈のアユが落ちておらず大苦戦。

しまいに、スーパーガイドに先に一本釣られ調子がくるっているとのこと。

実は約1ヶ月前から、10kgオーバーのシーバスを雄物川で3本釣らせなさい!!

と 目黒さんらしい無茶振りをされて川に通う毎日。

しかし・・・

内心10月初めか~

10月後半だったら10kg位になるんだけどな~

と 思う毎日。

丁度そのころ俺は米代川にも通っていて、行くたびに複数のランカーサイズをキャッチしていて、鮎の落ち具合も良好だった。

その旨を目黒さんに伝えると・・・

ちょっと悩むから時間をくれ!

・・・

・・・

・・・

と 約30分後 再度入電。

米代川に行く!!

とのこと。

マジか!?

柏崎から500km近くあるぞ!?

まあ 来れても夜遅くだろう・・・

と 思いながら、船の上でイカを釣っていた。

17:00。

今度はLINE着信。

「到着!」

マジか!?

聞いたらほぼノンストップで北上してきたとの事。

凄い根性(^_^;)

とりあえず、ここで打っといてください。

と 位置情報を送り、俺も現地に急ぐ。

21:00頃無事 会うことが出来、ここ最近 高実績ポイントに急ぐ。

到着しポイントの性質。どこに魚が居るか。攻め方をレクチャー。

その数分後。

流石ですね。

早速ビックサイズをヒット!!

・・・

・・・

・・・

しかし・・・

ストラクチャーに巻かれたのか?

体に巻かれたのか?

不明だがリーダーブレイク。

それにしてもデカかった(^_^;)

もし捕ってたら内心・・・

「俺が釣るはずだったのに・・・」

そう思うほどの魚だった・・・

まあこの調子なら余裕で3本位出るでしょ~

と 思っていたら大苦戦(^_^;)

深夜一度休憩を入れて、良く10/9 3:30再度川に入る。

魚は居る。 またも1本 バラシ(^_^;)

そこで、一度お別れし、俺は仕事へ。

んで、夕方再度現地で落ちあい、川へ。

その待ち合わせ場所で、米代川のスーパーアングラー石垣さんとバッタリ。

最近の米代川の状況ととあるポイントで、とあるルアーをロストしたことを話していると・・・

そのロストしたルアーを手に持っている石垣さん(^_^;)
PA090827.jpg
数日ぶりに帰ってきました。

スネコン130S(ストリームライダー)

なんか運命を感じる再会。

そんな感じで、夕マズメの時合いに合わせて再度川へ。

到着すると、ボイル連発。

これは貰ったな・・・

内心そう思っていたが、なかなか反応を得られない。

何度かバイトはあったようだが、乗らなかったとのこと。

ここで、俺はちょっと上の方見てきます。

と 言い残し険しい藪を掻き分け、足元のヌルヌルを除去し立ち位置を作る。

その二カ所目。

ちょっと だけなら・・・

俺の中の小さな悪魔がまたささやいた・・・

大丈夫だよ一本位なら・・・

こんなささやきがどこからともなく聞こえてきた。

うん。そおだね(笑)

そこには、そう返事をするアホな俺が居た(笑)

んで、その数分後・・・

ガイドしている立場で一番やってはイケない・・・
PA090835.jpg
PA090831.jpg
KYフィッシュ(^_^;) 今シーズン初の60台の米代シーバス。えらく小さく見えた(^_^;)

目黒さんにセイゴサイズなのでお許し下さい。と言い残し・・・

どーしても気になる上の方の流れ。

雲に隠れていた月が露出し、川を照らす。

お~やっぱり あのヨレ!!

絶対居る!!

と 帰って来たストリームライダーを接続し、まずは表層を流す・・・

・・・

・・・

・・・

ボフッ!!

ヤベ!!

また やっちった(^_^;)
PA090841.jpg
PA090859.jpg
こちらはなかなかいい魚(^_^;) 81cm 5kg強。

目黒さんにはフッコサイズなのでお許し下さいと言い残し、こっちに来てもらうことに。

あっ 因みに個人的にですが、米代川では70以下はセイゴ 80以上をフッコ 90以上をランカーサイズと言っています(笑)

ポイントの攻め方をレクチャーし、再度俺は上の方を捜索。

何カ所かいい立ち位置はあったが、不発(^_^;)

目黒さんも不発。

こりゃ困った・・・

翌10/10 3:30からの朝マズメも不発(^_^;)

本格的にヤバい(^_^;)

残すは10/10 夕マズメ~10/11 朝マズメの2回のチャンスしか残されていない。

10/10の朝マズメをやり終え俺は仕事へ。

ん?

俺しばらくまともに寝てないな~

ということに気づく。

しかし そうも言ってられない。

とにかく釣ってもらわないと・・・

そんな思いとは裏腹に降りつける雨。

流れが増え、落ち鮎も増え活性が上がるだろう。

大方そう考えると思う。

しかし、この時期の秋田の雨は冷たい。

一気に川の水温を下げ、シーバスの活性も下げる。

俺はこれを懸念していた。

夕マズメ再度 川に入るとその心配が的中。

前日に比べボイル数が激減。

魚からの反応も激減。

この日 俺は目黒さんが釣るまで、竿は出さない。と決めていた。

ここで、俺は新しい技を習得することになった。

2日間まともに寝ておらず、夜から深夜。

他の人の釣りをただ見ているだけ。

そりゃ眠くなるでしょ(笑)

藪の中に座り込み、眠気に耐える。

この所作が殺気を消すことにこの夜気づいた。

やはり、この夜は魚からの反応は無く、明朝の朝マズメのラストチャンスにかけることにして、ちょっと早目の休憩をとることに。

10/11 3:00 最後の朝マズメ。

雨は止んでいたが、風が強い。

正直 こりゃ無理だ。

内心・・・

「来週また来てください。」そう言おうと思っていた。

川に向かおうとしたとき、どこの位置に入ってもらおうか考える。

①いつもの場所

②俺が釣った上の場所

③まだ実績の無い、下の場所

考える。

普通の人なら②を選択すると思う。

短時間で2本出てますからね。

しかし、俺の脳みそは③に行け!!

と 強く訴えていた。

んで、その立ち位置に入ってもらう。

俺は殺気を消す為に、竿を持たず、藪と同化し座り込みを続ける。

ただ眠くて立っていられなかったのは内緒です(^_^;)

そんな数分後・・・

意識朦朧としていたところ・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

「食ったよ!!」

一気に目が覚め、ランディングをサポート!

ガッツリ曲がっている竿を見て、ヨシ!!

いいサイズを確信。

足元まで寄せ、もんどりうつ魚。

内心・・・

「今度はバラすなよ!!」と思いながら・・・

ランディング・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

成功!!

直後 目黒さんと握手。

苦労して・・・

苦労して・・・

苦労して・・・

ようやく手にすることが出来た一本。
PA110865.jpg
自分の釣果よりうれしかったことを鮮明に覚えています。

正直 俺がやっていればこんなに苦労することは無かったと思う。

それは地元で、米代川を秋田を良く知っているから。

スネコンの流し方一つでも、俺とは微妙に違う。

着水点だったり、流す距離だったり・・・

目黒さんは宮城の人。

河川でのシーバス釣りを得意としているが、そこに流れはほぼ無い。

日本海側の激流河川での経験は少ない。

そんな中でも現地の状況にアジャストさせ、導いた一本。

流石です!!

自分の釣り以外で、こんなに痺れたのは久しぶりです。

やっぱり 釣りって楽しい!!

そう再認識する3日間でした。

でも、内心・・・

俺ももっと竿振りたかったな~

と 思っていたのは内緒です(笑)

たまにはこんな釣りもいいもんですね(^^)

目黒さん! この借りは大きいですよ(笑)

詳しくは目黒さんのブログを見て下さい。

俺はガイドする視点。

目黒さんのアングラー側の視点でのログも必見です!!

前編

後編

因みに俺は口も悪くないし、Sでもない(笑)

どちらかというと、Mである(笑)



コメント

非公開コメント