FC2ブログ

1/2~4 2018初釣り。 佐渡島遠征

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

毎年恒例の年末年始遠征。

毎年 どこに行こうか夏ころから考えている。

でも、今回は迷うことなく決まっていた。

2016 年末も行っていた・・・

「佐渡島」

実は前回(2016年末) 大きな「忘れ物」をしてきていた。

2016年はハタハタの接岸が遅れ、俺が帰った次の日にハタハタがアミにかかった。

んで、その次の日 ノブさんからのLINEで送られてきた、98cmのシーバスの写真。

正に「忘れ物を取りに行く釣行」だった。

この時期特有のベイト ハタハタ。

これを捕食しているシーバスがメイン。

天気が良ければプラッキングでヒラマサ狙い。

そんな感じの計画。

釣りも楽しみだが、一番楽しみなのが 「佐渡のノブさん」に会えること。

釣れなくても実はこれが一番楽しみだったりしていた(笑)

数日前から準備はしていたが、バタバタだった年末。

なかなか持っていきたい物が納まらず、なんとか詰め込んだ感じ(^_^;)

1/2 9:20のフェリーに乗って佐渡島に渡る予定。

ということで、1/2 2:30家を出発。
無題3
最速で6時間48分と表示されていたが、5時間程度で到着。

しばし、改札を待つ。
IMG_0312.jpg
この時点でなんか不安。

荷物は必要以上かつ持ちすぎないように調整しパッキングしていた。

何度もシュミレーションして確認して問題ない。

と 自信もあった。

でも なんか不安。

・・・

・・・

・・・

なんだ?

この不安感・・・

・・・

・・・

・・・

なんだろう?

・・・

・・・

・・・

あっ! ヤベッ!

アネロン忘れて来た!!

なんてこった・・・

時間的にドラッグストアーとかはやっていないし、行っていたらフェリーに間に合わない(^_^;)

困った・・・

その辺に居る人に・・・

「酔い止め持ってませんか?」とも聞きにくい・・・

そうだ!

困ったときの総合案内!!

カウンターのお姉さんにドキドキしながら・・・

「酔い止め近くに売ってませんか?と聞くと・・・

「そこの売店に売ってますよ。」と笑顔で教えて頂き・・・

売店で購入。
IMG_0313.jpg
船酔いには強い方だが、無いと不安になる。

効いているか効いていないかはよく分かりません(笑)

そんな感じで、船に乗り込む。

やはり年末年始。

沢山の人が佐渡に渡るようで、長蛇の列。

何故か吸い寄せられるように女子大生御一行の後ろに並び、船に乗り込む。
IMG_0314.jpg
2等寝台はこんな感じ。

要は雑魚寝スタイル。

近くで女子大生がワイワイ騒いでいる。

やはり若い女子の声は心地よく聞こえる。

・・・

・・・

・・・

と 思っていたが、寝ようとするときは若干邪魔(笑)

隣に寝てくれればそれも良いかも知れないが・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

話を戻します(笑)

新潟港を通過すると・・・

・・・

・・・

・・・

やはり結構な揺れ(^_^;)

波4m以上。

そりゃ揺れますね。

それでも何とか佐渡へ到着。

到着ロビー付近で、ノブさんのお迎えと・・・
IMG_0336.jpg
秋田組 先発隊をお見送り(笑)
 
田村さん 赤川さん お疲れ様でした(^^)

年越しは彼等。

んで 年始は俺。

ホント 秋田県民がご迷惑お掛けします(^_^;)

年末年始はそれなりに天候が安定し、良い釣果に恵まれたそうです。

さあ 俺の番だ!!

と 気合いが入っていたが・・・

1/2~3 の夜にかけて・・・
無題
無題2
警報レベルの悪天候(^_^;)

もはや 俺の遠征あるある。

房総半島にヒラスズキを求めて行けば・・・

サラシが絶対条件の状況で連日ベタなぎ(^_^;)

じゃあ とベタなぎが条件の日本海側の冬の釣りに行くと爆風・高波(^_^;)

ノブさんも・・・

「ちょっと 渋い状況です。」と珍しく弱気(^_^;)

んで そのままノブさんの家にお世話になることになった。

ここが寝室です。
IMG_0322.jpg
見覚えのある顔(笑)

ここからしばらくおしゃべりタイム。

40過ぎのおっさん二人。

何をそんなにしゃべることあるの?

と 思うでしょ?

でもね、時間が足りない位 話は盛り上がる。

こんなに無口?な俺でも途切れることなく話せます。

んで、夕マズメから海へ。

すでに海は大荒れ。

フェリーが欠航するレベルですからね(^_^;)

正直きつかった。

北西からの爆風。

それでも、魚を出そうとノブさんはいろいろ手を尽くしてくれる。

それに応えたい俺。

そんな何カ所目だったかな?
P1020006.jpg
この時期 ハタハタと同じくらい捕食している、極太サヨリ。

こいつらが居るエリアを特定することが出来た。

しばらくここで粘る。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

が・・・

風はもっと強くなり・・・

雪も強くなり・・・

気温もさらに下がり・・・

それでも 転々とポイントを変え・・・

念願の・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

一本!!

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

とはなりませんでした。

朝まで頑張り、無念のノーフィッシュ。

ノブさんに申し訳無い思いでいっぱいでした。

この天気じゃしょうがない。

傍から見るとそう思えるほどの天気でしたが、それでもなんとかしたかった・・・

そう思いながら1/3 日中はちょい仮眠とおしゃべりタイム(笑)

1/3はさらに天候悪化。

日中は外に立っているのも辛いレベルだった。

ということで、若干落ち着く夕マズメ以降 釣りをすることにした。

若干落ち着くと言っても、25m/sの風が17m/s程度になるくらいですけどね(笑)

酷い天気には変わりはなかった。

晩飯をやっと営業している店を見つけてガッツリ食い・・・

ポイントに向かう。

でも やれる場所が限られていて苦戦を強いられる。

風・雪は時折 強くなる。

気温も0℃付近。

そんな中のランガン。

30分打っては移動。を繰り返し・・・

「まだ やったことないんですが・・・」

という ポイントに辿りつく。

超シャローエリア。

残念ながらBlooowin兄弟は引けない水深だった。

そんなポイントで実績のあるルアーを付け一投。

・・・

・・・

・・・

ドン!!

明らかにシーバスのバイトだった。

でも 乗らず(^_^;)

しかし これが大きなヒントだった。

キーワードは「あれとあれの切れ目」(笑)

そして 次のポイントでも同様のイメージでルアーを通す。

今度は一瞬乗って、すっぽ抜け。

マジか!?

なぜ乗らん?

と ノブさんに聞くと、佐渡のシーバスに多い現象です。

とのこと。

バイト⇒瞬間合わせ。

これは禁物。

と 心に留め次のポイントへ。

ここも浅いポイントだった。

同様にシャローを引けるルアーをセットし遠投。

流れを感じる程度のリトリーブスピード。

やっぱり おっ入ったな~

という感触を得た直後・・・

ドン!!

冷静にじっくり合わせを入れグイグイ寄せる。

と いつもはそうなんだが・・・

寄らない(^_^;)

跳ねない(^_^;)

こりゃ無理したらバレるな・・・

と じっくりドラグを出しながら寄せ、近くに寄ってから勝負のリフト!!

よし! 浮いた!!

あとは小磯にズリあげ、ノブさんにキャッチしてもらった。
P1040035.jpg
P1040040.jpg
毎年数えきれない位 シーバスは釣っているが・・・

間違いなく、今年のベストフィッシュになることだと思う。

89cm

今年の一本目としては十分でしょう!!

撮影を終え ノブさんに打ってもらう。

「165F引けますよ!!」とのことなので・・・

再度打たせてもらう。

Blooowin!165F(エクストリームキャロット)をセット。

その一投目。

・・・

・・・

・・・

ドン!!!

ゆっくり合わせを入れ、ファーストランから一本目より明らかにデカい感触を得る。

慎重に寄せ・・・

足元付近に来て勝負のリフト!!

・・・

・・・

・・・

スポッ(^_^;)

マジか~

抜けちゃいました(^_^;)

ここで、移動を決意。

ちょい休憩を兼ねて別のポイントへ。

似たようなシチューエーション。

出るならここだろ。

と探りを入れるが、ノーバイト。

再度 釣れたポイントに戻り、ノブさん先行で打ってもらう。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

「釣れね~っす」

といいつつ・・・

その後数投で、良型をキャッチ。

ここで、ノブさんファイト中の俺とのやり取り。

シーバスが足元付近まで寄ってきて・・・

俺「掬いますか?」

ノブさん「は はい。 お願いします。」

ノブさんの背中からタモを外し・・・

波に揉まれているシーバスを救おうとするがなかなか決まらない。

だって・・・

タモ入れ超下手ですから(笑)

それを見かねて・・・

ノブさん「替わりましょうか?」

俺「は はい。 お願いします!」

と ファイト中のノブさんにタモを返す(笑)

俺の中ではファイト中の人にタモを渡せたというサポートが出来たと嬉しく思っています(笑)

すると、足元で揉まれているシーバスをあっさり救うノブさん。

流石です!!

その後 俺もちょっと打たせてもらいましたが、ノーバイト。

流れが若干遠のき届いていない感じ。

この時点で3:00頃だったと思う。

朝マズメに備え、移動先でちょい仮眠を・・・

・・・

・・・

・・・

30分(笑)

スゲーぐっすり寝れました。

30分ですけど(笑)

んで、朝マズメは磯マル狙い。

この時期特有の極太シーバスをサラシの中から引き出す釣り。

・・・

・・・

・・・

が・・・

サラシが思いのほか弱く、風表側に移動。

・・・

・・・

・・・

・・・

が・・・

風・波が強すぎて危険レベル(^_^;)

んで 再度 やろうとしていたポイントへ移動。

すでに明るくなり始め、目的地を急ぐ。

しかし、サラシが薄い。

というか ほぼ無い。

でも 流れの中か、瀬際で出るとのこと。

俺の中ではこの状況でシーバス?

と 思っていた。

水深もありそうだし、流れも効いていた。

これ青物じゃね?

この状況で一番自身のあるBlooowin!140Sをセット。

扇状に遠投しジャーキングで誘い出す。

この水色。

この流れ。

この水深。

付近に居れば絶対飛びついてくるはず!!

そう思いながら、通すコースを微妙に変えながら続ける。

真正面に良い流れがあることに気づき左右に飛ばしながら続けると・・・

・・・

・・・

・・・

ゴン!!!!!

ジャーキング特有のひったくり系のバイト。

がっつり合わせを入れ、一気に寄せに入るが、重い重い(^_^;)

それでも浮かせて、どこにかかっているか確認。

閂にはかかっているが、フック一本(^_^;)

ヤベッ バレる・・・

それでも慎重に下への突っ込みをかわし・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

ズリあげ!!
P1040067.jpg
P1040070.jpg
体高と厚みが半端なかった。

そして・・・
P1040058.jpg
何より嬉しかった。 

81cmとサイズはそれほどでもない。

俺が魚を釣ってこんなに笑うことはそんなに無いと思う。

それは俺を知っている人はみんな知っていると思う。

それだけ嬉しかった一本。

初釣りでいきなりベストフィッシュ2本が出た感じ。

そう思う事の出来る、フィールドと人間。

「佐渡島」と「ノブさん」

最高です!!

この後もちょっとやったけど、もう お腹いっぱいで佐渡の釣りを〆ました。

ここで、釣りを終わりノブ家にて荷造りし・・・

おしゃべりタイム(笑)

実は今回の遠征で、一番の収穫はこのおしゃべりタイム。

ノブさんからの情報量は半端無かった。

今後 俺の何かが劇的に変わると思います。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

たぶん(笑)

そして、ノブさんは相変わらず言い人でした(笑)

こんな感じで、全ての予定を終え、結局 午前中寝る予定だったがおしゃべりしていて寝られず(笑)

2泊3日のスケジュールで睡眠時間は5時間程度(仮眠程度)(笑)

狂ったおっさん二人で、シーバスを探し求め・・・

ついに仕留めた。

釣り初めに最高の釣りが出来た。

ノブさんには感謝してもしきれません。

だから、今年中にまたお邪魔して何度もお礼を言おうと思っています(笑)

さて 今年の釣りも最高のスタートを切れた。

あとはこれを継続していこうと思います。

では 本年もよろしくお願い致します!!

コメント

非公開コメント