FC2ブログ

4/16 夕方の部・・・漂わす。

昨日は夕方の部。

強烈に荒れた週末。

遠征がボツになり・・・

荒れた精神状態で強行した釣行では連続バラシ(-_-)

でも 魚は居る!!

そう確信させてくれた釣行でもあった。

藻が密集していて獲るのは難しい。

波もある。

風もある。

魚はかけれるが、獲る難易度は高い。

そんなポイント。

同じミスはしない。

したくない。

そんな思いを持ちつつ、磯場に立つ。

予報では右からまあまあの風が吹く。

要はやりにくい状況(^_^;)

まずはBlooowin!140Sから入る。

藻と藻の切れ目を通すイメージ。

居れば一発で食ってきてもおかしくない。

しかし・・・

レンジが入り過ぎて毎投 藻を拾う。

すこぶるやりにくい。

もうちょっと上を引くか・・・

と Blooowin!165Fにシフト。

が 横からの風が強くなかなかやりにくい(^_^;)

この時期 サラシ打ちでも出ないことはないが、まだまだメインベイトは浮遊系のベイトがメイン。

流れを横切るように巻くよりは、大き目のミノーを漂わせるように流し巻いた方が圧倒的に反応は良い。

しかし、いまいち流れを見つけれない。

陽も暮れはじめ、いよいよゴールデンタイム突入といった雰囲気。

流れを探しながら遠投を続ける。

戻ることを考えて完全に暗くなるまでには辞めよう。

そうお思っていた。

残り時間は少ない。

ダメでも何か手ごたえがほしい・・・

ちょっと風に乗せてみる?

と 大遠投。

着水点から20巻き程度のエリアがガンガン流れていた。

ちと 遠いな~

それでも、追い風+165F=すこぶる飛ぶ。

という 方程式が存在する(笑)

それ どんなルアーも一緒だろ!

と 突っ込まれそうだが、一度使ってみてください。

すこぶる飛びます(笑)

笑っちゃうほど飛ばせます(笑)

しこたま飛ばして、ウェイトを戻し流れの重さを感じながら・・・

「漂わす。」

ドリフトとはちょっと違うイメージで流れの中でフラフラさせる程度の巻きスピード。

余計なアクションは不要。

恐らく波・風にラインが取られ、瞬間的にイレギュラーアクションが発生していると思います。

昨日もそう。

突風が吹いて、ライン取られたな~

と スラッグを回収し始めた瞬間・・・

ドン!!!

スラッグを瞬時に回収し・・・

渾身の合わせ!!

ズシ・・・

おっ デカい!!

ドラグを出せば藻に潜られる。

エラ洗いさせ水面で勝負をつけたい。

バンカーをガッツリ曲げ、渾身のリフト!!

ガバガバ!!

よし 浮いた!

あとは竿を立てたまま・・・

ゴリ巻き(笑)

あっという間に足元まで寄せ、問題の取り込み問題。

驚くほど冷静だった。

前回のバラシの教訓から、足元まで来た段階で一度 巻く手を止め、這い上がる波に合わせて一気にズリ上げ!!
IMG_1335.jpg
IMG_1333.jpg
磯マルらしい体色・体高。

すこぶるカッコいい魚だった。

ここで 満足とタイムアップで撤収としました。

予告通り例年より一潮遅いホームスタート。

やっぱり シーバス釣りは楽しいですね(^^)

でも 4~5月は青物がメイン。

シーバスは川が始めるまで、のんびりやりたいと思います(^^)

では また明日・・・(-_-)

コメント

非公開コメント