FC2ブログ

5/29 2018雄物川シーバス③・・・早く発売されないかな~

昨日は夕方の部。

日暮れが遅くなってきたこの頃。

もうちょっと早く暗くなるんなら、夕マズメは海に行くんだけど・・・

帰宅時間を考えると、時合に釣りが出来ないと判断。

じゃあ 川でしょ(^^)

そんな感じで、川へ(笑)

移動に約45分

実釣1時間。

帰宅に1時間。

こんなに効率が悪いのに行ってしまう。

そんな魅力がある川の釣り。

よく今年は遅れているとか早いとか言われるが、実はそんなに変わらないもの。

エリアによっては多少の前後はありますけどね。

シーズン初期 まずは例年通りのエリア・釣り方で良いのか?悪いのか?

確認しながらの作業になる。

そんなここ数日。

シーズン初期 5~7月位までは、シャルダス・トレイシーの巻きの釣りが主体となる。

トレイシーについては前日の釣行でなんとなく確認出来た。

反応が鈍かったのはタイミング的なものだと思う。

ということで、例年通りの行動をとることにした。

昨年より若干 代掻きの影響が長く残る今年。

まずは水の良いエリアを探す。

2カ所目。

いくらか回復しているエリアを特定し、入水(^^)

日中気温が上がってきて、この入水がすこぶる気持ちいい時期。

と言っても、まだ5月後半。

油断は禁物。

長時間の入水は体温を急激に奪われます。

特にナイトゲームは要注意です(^_^;)

といいつつ、実釣予定時間は1時間なので、どっぷり浸かる(笑)

まずは、鉄板のシャルダス20から入る。

1投目。

ゴン(笑)
DSC00623.jpg
DSC00628.jpg
これは予想通り(^^)

シャルダス20(ブルーグローキャンディ)

雰囲気的に出るとは思っていたので、心の準備は出来ていた。

恐らく次のキャストでも・・・

・・・

・・・

・・・

ゴン!!

しかし 乗らず(^_^;)

これもシーズン初期あるある。

乗らないバイトが多い。

んで、このあと渋くなる。

これもシーズン初期あるある(笑)

ここで、狙いを変える。

ミノー系の釣りを展開。

Blooowin140Sから入り、80Sへというのが例年通りの攻めなんだが、今年 間もなく発売予定の125F。

これね。

良いです(^^)

海だけじゃなく。淡水域でも十分通用します。

個人的に欲しかったBlooowinシリーズの浮く能力。

ん?165F浮くんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、フック・リングチューンで海水域でもほぼシンキング設定で使っています。

そこの125F。

ちゃんと浮いてくれます(笑)

淡水域での川でもちゃんと浮いてくれます。

実は川ではこの浮く力だったり、急浮上する軌道だったりが魚の反応が得られやすい。

川は上流から下流に向かって流れるだけじゃなく、水中に障害物があるとそれに当った流れが上方向に湧き上がります。

その上方向の上がれに各ルアーを流し込んで、障害物の裏に居るシーバスに食わせるのが手っ取り早い釣り方です。

このやり方の得意なのがスネコン130・90だったりしますが、さらに浮力があるルアーが欲しかった。

昨日もそんなポイントに入り、水中の障害物が沈んでいる付近に125Fを流し込み、若干テンションを抜いて浮上!

ドン!!
DSC00631.jpg
こんな感じ(^^)

Blooowin!125Fプロト(カラー不明)

同様に・・・

ドン!
DSC00640.jpg
多分同じとこに居るんでしょうね(^^)

Blooowin!125Fプロト(カラー不明)

昨日のポイントの流速には125Fが最適でした。

もっと早い流れのピンでは140Sを使ったりしています。

こんな感じで、短時間ですが楽しめた釣行でした(^^)

いよいよ、川も騒がしくなってきたこの頃。

忙しくなりそうです(^^)

では また明日・・・(-_-)

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 釣れません

由利さん
こんにちは。
俺との違いは、「ポイントを見極める目」とのことなので、技術・経験値等が一緒であれば
いくらでも魚は出せますよ!

頑張って!!(^^)