FC2ブログ

【重要】 秋田県内河川でシーバス釣りを楽しみたいと思う方々へ。

タイトルの通り、重要な内容です。

重苦しく始まりましたが、大したことはありません(笑)

でも、秋田県内河川でシーバス釣りを楽しむ方々は結構気にされていると思います。

今年 よく耳に入る、サクラマス監視員とのトラブル。

そろそろこの「サクラマス遊漁券問題」に決着をつけたいと思います。

と 言いつつ、結論から言いますと決着はつけれない。

そんな状況ですがある程度方向性が見えてきたので記事にしたいと思います。

この件についてここ数日 関係各所に電話や直接訪問等しある程度の見解が見えてきました。

まず めんどくさい質問に真摯にお答えいただいたことに感謝致します。

最初に問い合わせたのは、 「秋田県内水面漁業協同組合連合会」

Q:秋田県内河川でシーバスを釣るには、サクラマス他遊漁券は必要か?

A:原則 スズキに関しては不要です。
  が・・・
  同じ釣り方でサクラマスが釣れてしまう場合があるので、購入をして頂いた方が良いです。
  との事です。

何ともあやふやな回答。 買わなくてもいいけど買った方が良い。ということですね。

これでは、我々シーバスアングラーは納得いきませんよね?

さらに会話を続けました。

河川に遡上する、シーバスについては、 「漁業権の設定は無い」とのこと。

更に・・・

各漁協の権利についてもお話しいただきました。

漁業法で定められている。 

各漁協の権利
「河川内において、魚類を獲ることを認めているが、増やすことも義務化している。」
とのことです。

↑これにシーバスは含まれていないそうです。

よって シーバスについては遊漁券を買う必要は無い。と言うことになります。

が 冒頭の返答 サクラマスが釣れてしまう場合があるので・・・
と 同じ話の繰り返しになります。シーバスアングラーとしてサクラマスは狙っていません。確かに釣れちゃう場合もありますが、ちゃんと元気なうちにリリースしています。

問題の根源はここにあるようです。

「狙ってないけど釣れちゃう」

んで この判断をするのは、釣り場を管轄する漁協の現地監視員さん達だそうです。

我々シーバスアングラーから見ると、サクラマスアングラーは使っているタックル等から一目瞭然で分かります。

でも 釣りの経験の無い、監視員さん達にとってはシーバスアングラーもサクラマスアングラーも一緒です。

よって サクラマスが釣れるエリアに出没し釣りをしている人に声をかけて、遊漁券の無い人には購入をお願いしているそうです。

でも 我々シーバスアングラーにとっては納得いきませんよね?

さらに聞きました。

確かに、シーバスだけを狙っている方も大勢いらっしゃいます。が、サクラマスを狙っているのに・・・
「俺はシーバスを狙っている!!」
と言い張る方も大勢居るそうです。

こうなると、人間 どの人がシーバス専門か?サクラマス専門か?なんて分からなくなりそのエリアに居る人に購入をお願いしているそうです。

それでも納得いかない場合は、監視員さんとちゃんと話をして「シーバス専門アングラー」と認識してもらって下さい。
とのことです。

こうなると、もう監視員さんの個人的な裁量が大きくてなんとも難しいのが現状ですね。


最後に遊漁券は必要ないが、サクラマスが釣れちゃった場合は速やかにリリースしてください。とのことです。

この他にも色々話ましたが、かいつまんで言うとこんな感じです。

「秋田県内水面漁協共同組合連合会」の見解は・・・

シーバスに関してはサクラマス遊漁券は必要ありません。がサクラマスが釣れちゃう可能性もあるので、遊漁券の購入をお勧めしています。

とのことです。

次に お話を聞いたのが・・・

「仙北中央漁業協同組合」

Q:秋田県内河川でシーバスを釣るには、サクラマス他遊漁券は必要か?

A:シーバスのみを釣る場合は不要ですが、当漁協で管理しているエリアで釣りをする場合は遊漁券の購入をお願いしています。
 又は準組合員に加入して頂くことをお願いしています。

おっと また違う話が出てきたぞ(・_・;)

さらに話を聞きます。

サクラマスを釣る場合は、県内水系毎のサクラマス遊漁券が必要です。
米代川水系
雄物川水系
子吉川水系
と 3水系あるそうです。

サクラマス以外のイワナ・ヤマメ
を釣る場合は「渓流魚遊漁券」
を購入いただいています。とのことです。

これが日本語の難しいところですが、「等」とあります。

これは、イワナ・ヤマメ以外の魚も含まれているそうで、シーバスもあやふやですが該当するそうです。

さらに聞きます。

Q:ということは、雄物川で言うと何個か漁協がありますが、その漁協が管轄するエリアでシーバスを釣る場合には、この
 「渓流魚遊漁券」が必要なんですか?

A:はい。そうです。

これはなかなか衝撃的でした。

ということは、上流域のみでシーバスを狙うアングラーに関しては「仙北中央漁協」の準組合員になればいいんだが、俺のように秋田県内全域でシーバスを狙うアングラーは各漁協で準組合員又は遊漁券を買う必要があることになります。

思わず・・・

マジすか!?

と 聞き返してしまいました(笑)

と言うのも、俺は3年位前に「仙北中央漁協」の準組合員になっていました。

が一昨年 退会していて別の遊漁関係の券を買っていました。

それが・・・

「秋田県内渓流魚共通遊漁承認証」です。

因みに年15,000円です。 俺のようにシーズン中毎日川に行く人間にとっては安いもんです(^^)

これは、秋田県内河川全域(禁漁区域は除く)で渓流魚等を竿で釣りをしても良いですよ。という承認証になります。

これは、2年位前だったかな? この遊漁券の券で仙北中央漁協の方と現地でお話しし勧められた券です。

勿論、「シーバス釣りに遊漁券は必要ない」という大前提はありますが、各漁協が管理しているエリアで釣りをさせて頂いている立場の人間です。
購入するするかしないかは、自己責任で良いかと思います。

何ともあやふやですが、現状はこんな感じです。

因みにこの共通券は販売時期も決まっていて、今年も分はもう締め切っているそうです。
こんな券があることを知っているのは極一部の人だと思いますけどね。
でも、内水面連合会のHPには「釣りチケ」なるものがありました。
もしかするとそれがそうなのかも知れないので、興味のある方は聞いてみてください。

秋田県内河川でシーバスを釣るにはこの「共通券」を買っておくことがベストだそうです。
監視員さんに見せれば水戸黄門の印籠ばりに効くそうです。

あと この券もそう。準組合員もそうなんですが、有効期間が4/1~9/20までとなっています。

ん?

9/20と言えばちょうど落ちアユが始まる頃。

それ以降はどうすればいいんですか?と聞くと・・・

「監視員にこの券を見せるように漁協に言われた。」と言って下さい。とのことです。

なんともアバウト(笑)

でも 長いこと落ちアユシーズンに河川で釣りをしていますが、監視員さんとあったことはありません。
恐らくサクラマス時期のみの監視だと思われます。 
↑これは何とも言えませんが・・・

漁協とのお話もこんな感じです。

内水面連合会とそれに属する漁協の間でも若干認識が違うのが分かりますね。

どちらを優先するかは自己責任と判断でお願いします。

最後に、この2団体により強い組織。

そう 秋田県

に聞いてみました。

と言うのも、内水面連合会との話のなかで・・・

内水面連合会や漁協が言っていることは責任を持てることではありません。
最終決定権は秋田県にあるので、秋田県水産漁港課に聞いてみてください。
とのことでした。

よって 怖い物しらずのシーバスアングラーは電話してみました。

正直 横柄な態度にムッとしましたが・・・


あっこれは内緒でした。

Q:秋田県内河川でシーバスを釣りには、サクラマス他遊漁券は必要か?

A:シーバスに関しては不要です。 そうはっきり仰いました。
  が、サクラマスが釣れる場合もあるので、遊漁券の購入をお勧めしています。
  リリースするから良い。と言う問題じゃない。もしそのリリースした魚が死んだ場合、刑罰があるのを覚えていて欲しい。
  と強く言われました。

以上が3団体に問い合わせた返答と見解です。

まとめ。

秋田県内河川でシーバス釣りのみをするには、「サクラマス遊漁券」は必要ない。
が、釣れちゃう場合もあるので購入した方が良い。

サクラマス釣りとの差別化を図るために、各漁協の渓流魚等遊漁券又は県内共通券の購入がベスト。

あとは、監視員を説き伏せる話術を得とくすべし!(ウソです(笑))

一番権力のある秋田県が「必要ない!」と言っているので、あるか無しかで言ったら無いと思いますが・・・
冒頭の決着は着けれない。というのはこいうことです。ご理解ください。

あとは自己責任で判断し、購入するしないは判断してください。

この他にもいろんな話をさせてもらい、ここには書けない内容もあります。
それは、どこかで見かけた時こっそり聞いてください。
こっそりお知らせします。

こんな感じで、何とも結論が出ないこの問題。
何の脚色も無くありのままに書いてみました。
俺の結論は、漁協さんが言うように共通券を買っておくのがいいのかな~
と 思っています。

以上 参考までに記事にしてみました。
他県から遠征に来られる方・県内アングラーのみなさん
秋田県内河川においては一応こんなルールがあるんですよ。
くらいに覚えておいて頂ければと思います。

参考までに 各漁協の連絡先のリンクを張っておきます。
https://akita-naisuimen.com/%e6%bc%81%e9%80%a3%e6%a6%82%e8%a6%81/
とのエリアをどの漁協が管轄しているかを確認し、釣行エリアの問い合わせをしてみてください。
また違った話を聞けるかもしれませんよ。

では 良い釣りを・・・

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして。

釣り好きさん
貴重なご意見ありがとうございました(^^)
一つアドバイスがあるとしたら、そのポイントに固執し過ぎると確実に上達しません。
毎日通える時間があるのならもっと広範囲にいろんなところに行くことをお勧めします(^^)

そーですね。
同じくその辺に通いましたが、昨年ほどの爆発力は皆無でした。
まあ そんな年もあるでしょう!!

見かけたら気にせず声をかけてください。
俺から声を掛けることは無いので(笑)

ツリチケ

質問ですが、シーバスを狙っていてサクラマスも釣れる可能性があるからサクラマスの遊漁券を購入してほしいと書いてますが
釣りチケにはサクラマスは含まれてませんでした。
釣りチケを見せてもサクラマスの遊漁券購入を求められますか?
券を持たない場合どの時点で密猟に当たるのでしょうか?サクラマスがかかったら?リリースしてもダメ?
お時間ありましたら教えて下さいm(__)m

Re: ツリチケ

ごぶさたさん
おはようございます。
釣りチケ=県河川共通遊漁券(渓流魚)だと思います。
よって、サクラマスは含まれていません。
サクラマスは各河川単体の組合があり遊漁券はそこから購入することになるようです。(各地の販売所で購入可能)
が、シーバス釣りをしていて、その釣りチケを見せれば納得してもらえるはずですよ。(仙北中央漁協に確認済み)

リリースすれば良いと思いますが、県の言い分はリリースした後にサクラマスが死んだ場合はそのリリースした人を検挙するとのことでした。(でも 実際は誰がリリースしたなんてわかりませんよね?)
だから、「釣れる恐れ」がある釣り人にはサクラマス遊漁券購入をお願いしているとのことでした。

以上 参考になれば幸いです。

お忙しいところ情報ありがとうございました!