FC2ブログ

8/8 2018雄物川シーバス32・・・濁り取れず。

昨日も川徘徊。

前日から一気に下がった水位。

中流エリアで前日より約40cm程度下がった。

しかし、下流域・上流域はあまり水位変動が無い。

これ 今年の雄物川あるある。

釣行エリアは絞り易いが、いまいち楽しくない。

そして・・・
P8082266.jpg
この白濁り。

5月中旬の代掻き水に近い濁り。

こーなると、すこぶる厳しくなるのが、清流域のシーバス釣り。

日暮れ前の結構いいタイミングで入ったんだが、ボイルが出ない。

この時間なら高確率でボイルに遭遇するんだが・・・

一発も出ない。

でも、魚は居るはず。

と 執拗に攻める。

上か?

真ん中か?

下か?

上から入る。

シャルダス20を投げれば早々に反応を得られるポイントなんだが、反応が無い。

これは予想通り。

次にもう少しレンジを入れる為に125Fで広範囲に攻める。

アップ。

クロス。

ダウン。

と 広範囲に攻める。

何回か攻めるコースを変えながらやってると、明確に出たバイト。

合わせを入れ、慎重に寄せる。

感触から結構いいサイズだと思う。

それにしても、浮いてこない(^_^;)

これは、口意外にかかっている証拠。

ミスバイトし、口の横だったり、体だったり。

頭を振っている感触を得ていたので、口の横だと推測しながら慎重に寄せる。

そろそろ 浮かせないと・・・

と 軽くリフトすると・・・

ガバガバ!

えっ!?

口にかかってる!

しかも デカい(^_^;)

さらに慎重になってると、流芯に入られ・・・
P8082264.jpg
やってもうた・・・(^_^;)

これは判断ミスが原因のバラシ。

最初から浮かせてれば獲れていた。

こんな原因を特定出来るバラシはそんなに悔しくない。

内心 すこぶる悔しかったりする(笑)

やっぱり もう少しレンジ下なのかな~

と シャルダス35で根がかり覚悟で、底を攻める。

底を攻めると言ってもいきなり着底させることはしない。

即根がかりするからね(^_^;)

シャルダス35は重いため、巻き速度での底付近の攻略がし易い。

アップ気味に入れて、ちょいテンションを抜いてレンジを入れる。

真正面まで来たころ、テンションをかけ始めゆ~っくり流し巻く。

バイトが出るのはテンションを掛け始めたタイミングが多い。

イメージは底付近まで沈めたシャルダスが浮上するタイミング。

昨日もそう。

明確に・・・

ドスン!

と ビックサイズのバイト。

今度は問答無用で寄せる。

んで、問答無用で・・・

ネットイン!
P8082262.jpg
閂にフロントフックがガッツリかかっている。

#4フックということもあり、強引なファイトも可能。

良い魚でした(^^)

シャルダス35(パープルウィニー)

もうちょっとやろうかな~

と 思ったが、水も濁ってるしお腹空いたし、潔く撤収としました。

それにしても濁り取れませんね~

今日 雨が降る予報だたけど、微妙な感じ。

降って欲しいような・・・

降らないで欲しいような・・・

適度に降って欲しいですね(^^)

では また明日・・・(-_-)

コメント

非公開コメント