FC2ブログ

2019 7/29 雄物川シーバス・・・狙い通りの釣り。

昨日は夕方の部。

いまいち調子の上がって来ない雄物川。

出来れば米代川に行きたいんだけど、勤務地が秋田市内ということもあり移動に難がある。

よって 雄物川に通う毎日。

その雄物川の調子が上がって来ない(^_^;)

行けば釣るんだが、なんかいまいちだな~

そんな感じ。

お盆を前にしたこの時期。

狙うのはビッグサイズ。

50cm 60cmを釣ってももちろん嬉しんだけど、ランカーサイズを釣ったときの高揚感。

これを味わいたくて、毎釣行勝負のつもりで川に通い込む。

「釣れた。」ではなく。

「釣った!」を味わう釣り。

この違いは大きい。

インターネットやSNSが発達して、釣果情報はほぼリアルタイムで入手出来る。

でも、その情報での釣果は「釣れた。」に該当する。

数日前からの水位変化・降雨量等の情報収集をして、釣行エリアを絞り込み、さらに現地についてから広大なエリアからビッグサイズが居るピンを探す。

そして、当日の状況から流し込むか?横切るか?ジャーキングするか?等を決めていく。

川のピンの釣りは、間違ったアプローチをするとデカいのは食って来ない。

出来れば5投以内に勝負をつけたい。

そんな釣り。

まずはどこに魚が居るかを確認する。

もちろん、ただ見るだけでは分からない。

でも、前日の短時間の雨、地形、ベイトの有無。

経験からくる予測はそんなに外さない。

ダメなら即移動。

じーっと15分程度川の状況を確認し、表層に反応がないことからトップ系はパス。

ちょっとレンジを入れて、ジャーク?

いや 違う。

今日は流し込みかな?

そんなひらめきを大事にしたい。

スネコン130Sをセット。

この流速ならあそこに落として、流し込んで、あそこでターン・・・

・・・

・・・

・・・

ドスッ!

合わせを入れて慎重に寄せ・・・

ズリあげ!
P7291717.jpg
ちょっと細かったけど、十分長いやつ(^^)

スネコン130S(ゴールドキャンディ)

うん。この釣りがしたかった。

ポイントに着いて、1投目。

さあ 帰ろう!!

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

んなわけ無い!(笑)

このあと、緊張感が無くなり、2バラシ(笑)

俺なんてそんなもんです(^_^;)

でも、狙い通りの釣果は良いもんです(^^)

局地的な雨を予想して、レインを着こんでの釣りで、暑さの限界で潔く撤収としました。

こんな感じの釣行が多くなりそうな、今後のリーバーシーバス。

当日の状況に合わせて楽しんで行こうと思います。

では また明日・・・(-_-)

コメント

非公開コメント