FC2ブログ

2019 8/30 米代川シーバス・・・予想通りの展開。

またまたちょっと前の話。

8/30(金)

この日の数日前から土砂降りだったり、快晴だったり。と なかなか不安定な天気が続いていた。

気になるのは、雄物川・米代川の水位。

秋雨前線的な雲が、南から北に向かって雨雲を引き連れて来ていた。

西日本では甚大な被害をもたらした雨雲。

お見舞いも仕上げます。

東北北部に到着する頃には大分 雨も弱くなったが、短時間に物凄い雨が降った。

これで、釣りの選択肢が増えた。

この雨量だったら、県南の子吉川。

そう 秋田県内三大河川全て選択肢に上った。

さて どこに行こう・・・

まずは 子吉川の検討・・・

もう少し雨が欲しかった・・・

じゃあ 雄物川・・・

・・・

・・・

・・・

こちらは、思いのほか水位が上がらず・・・

でも 丁度良い水よりちょっと多いくらい。

こりゃ 他のアングラーがどっさり入るな・・・

それと 翌日 大曲の花火があるので、予期せぬ渋滞等が懸念される。

う~ん・・・

水位は丁度いい・・・

う~ん・・・

・・・

・・・

・・・

米代川は?

・・・

・・・

・・・

おっ!

これは あそことあそことあそこが好条件!

ということで、米代川を選択。

そう判断した午前中。

潟上市と能代市に仕事をねじ込む(笑)

仕事の移動しながらポイントに近づく。

なんて 効率の良い行動だ!(笑)

そんな感じで、夕マズメちょっと前に現地入り。

狙うピンは決まっている。

第一ポイント。

いつもより、30~40cmの増水。

平水時浅すぎて釣りにならないピンが魅惑のピンポイントになる。

これは、川に通いこんで通いこんで見つけることの出来るピンポイント。

単純に増水したからあそこ!ではない。

何センチ上昇したからあそことあそことあそこ!

そんな判断をしています(^^)

因みに俺の川の釣りは3月下旬から始まる。

3~5月は竿を持たないで、川に数回行く。

藪漕ぎルートを雑草が生える前に踏み固めたり。

前シーズンからの川の変化。

ポイントまで行くルートの変化。

水中のストラクチャーの変化の確認の為に川に行く。

そこから導いた釣行計画をたてる。

それの繰り返し。

そんな第一ポイント。

条件的には先週とほぼ同じ条件だったが、水位がどんどん上昇していた。

10投して出なければ移動だな・・・

ボラコンをセット。

ピンの上流に着水させ、流し巻く。

出るなら1投目。

・・・

・・・

・・・

モヤッ・・・

おっ 反応した!

次の瞬間 バコッ!

と 出たが、ボラコンが吹っ飛ばされてフッキングせず(-_-)

そのあとも、20分程度投げ続けたが出ず。

時間を置いて、攻めればまだ出ただろうが、効率が良くない。

第二 第三 ポイントも15分程度で切り上げ、最後のポイントに到着。

まずは 状況確認。

う~ん・・・

どんどん水位が上がってきている(・_・;)

思いのほか水位上昇が早い。

サクッと1本釣って帰ろう!

なんて 余裕こいて、実績のピンをまさぐる(笑)

この流れであそこまで到達してれば、あの辺だな~

そんなピンにボラコンを流し込む・・・

・・・

・・・

・・・

ボフッ!


グン!

よし!デカい!

そう確信し、ジワジワ寄せる。

何度か出たエラ洗いを確認しると、ルアーが見えない(・_・;)

首だけ出るエラ洗い。

ビックサイズ確定。

恐らく丸のみされてフッキングはそんなに決まっていないと判断し、ジワジワ寄せ・・・

ネットイン!!
P8302304.jpg
P8302299.jpg
そんなにこのルアー美味しいの?(笑)

ボラコン150(ピンクコノシロ)

因みにテールフックはフッキングしていなかった(・_・;)

フロントフックが軽くフッキングしていた。

捕れて良かった・・・

だんだんボラコンの使い方が分かってきた。

まだまだだけど、ぼんやりだけど分かってきた。

この後も同様に攻めるが出ず。

ちょっと変えてみるか・・・

そーいえば、あのルアー真面目にテストしないと・・・

と あのルアーをボラコン同様に放り込む。

出るならあそこ。

そんなピンに流し込むこと数回。

表層をブリブリさせると、波紋に交じってモヤっと出たのは・・・
P8302323.jpg
P8302317.jpg
強烈にデカかった(^^)

謎のプロトルアー(笑)

まだまだ時間のかかりそうなアイテム。

ここ最近の釣行で、結構投げていますが使える状況等やっと見えてきました。

それと共に見えてきた問題点。

某工場長がパンク寸前ではなく既にパンクしているとのことなんので、焦らず報告していこうと思います。

この一本で、確信。

・・・

・・・

・・・

まだ 居る!!

この感じなら、スネコン130Sの独壇場。

アップに入れて、流し込みたい位置にラインコントロール・・・

・・・

・・・

・・・

コン・・・(デカいやつのバイトはこんな感じ。)

一呼吸置いて鬼合わせ!(笑)

問答無用で寄せて、ネットイン!
P8302351.jpg
良し良し(^^)

スネコン130S(オチアユ) ←実績から落ちアユ時期より夏場の濁っているときに強いカラーだと思います。

同様に・・・
P8302385.jpg
もういっちょ。

でも サイズダウン(笑)

スネコン130S(ゴールドキャンディ)

まだまだ出そうだったけど、同じことしててもつまらないので、再度BOXをゴソゴソ(^^)

もう一個 テストしなきゃいけないガボッツ150プロト。

テストの進捗具合は不明ですが、だいぶ仕上がっているとは思う。

でも、激流河川をメインに釣りをしている俺にとっては、改善してほしい箇所も多々あった。

既にパンクしている某工場長に容赦なく報告したいと思う(嘘)(笑)

スネコンで出たピンに流し込むが、いまいち魚の反応が無い。

ちょっと使い方を変える為に立ち位置を変更。

やっぱり ガボッツシリーズはアップの釣りが強い。

そう実感出来る強烈なヒットでした(^^)
P8302403.jpg
うん。この使い方だな。

そう 確信。

製品版が出回ったら詳細にレポートしたいと思います(^^)

ガボッツ150(プロト)

この後も同様に攻めようかと思ったけど、日没と共に撤収としました。

僅か2時間程度の釣行。

毎回こーだと良いんですけどね(・_・;)

難儀してひねり出す1本も楽しいけど、いっぱいデカいの出るのもやっぱり楽しいですね(^^)

こんな感じで、予想が的中して調子に乗って色々書いちゃいましたが、ダメなときは全くダメですからご安心下さい(笑)

今年も9月に突入し、これからの川の釣りで注意することは急な土砂降りによる増水等

急変する気象条件(^_^;)

釣行時は、リアルタイムの気象情報を確認しながらの釣行をおすすめします。

安全第一で楽しみましょうね~

では、また明日・・・(-_-)

コメント

非公開コメント