FC2ブログ

2019 9/14 米代川シーバス・・・リハビリの予定だったんだけど(^_^;)

またまたちょっと前の話。

今回の3連休。

東北某所へ遠征予定だった。

しかし・・・

週初めくらいから、左耳の調子が悪い。

そう あの忌まわしき病

メニエール病の前兆が出ていた。

マジか?

このままで行くと、週末には発症しそうだぞ・・・

前兆の段階で、医者に行っても薬すらだしてもらえない。

これはタイミングの問題だな・・・

そう判断し、じわりじわりと悪化するのを待つ。

・・・

・・・

・・・

水曜日。

左耳で電話が出来ない位 聴力が落ちる。

ここまで悪化すると、発症寸前。

そのベストなタイミングで、病院へGO-

案の定 左耳の聴力は右耳の半分以下。

強めな薬を処方してもらい、服用。

タイミングが悪いことに、木曜日は年に一度の健康診断。

なんとか午前中だけでも持ちこたえてくれ~

と 願いながら、最後のバリウム検査。

台の上で、逆さまにされたり、ローリングされたりと不快極まりない(^_^;)

なんとか持ちこたえて、会社に戻る道中・・・

クラ・・・

・・・

・・・

・・・

ん?

来たか?

頭を振ってみる・・・

くらくら・・・

・・・

・・・

・・・

来たな・・・

車を安全な場所に駐車し、進行具合を確認する・・・

・・・

・・・

・・・

はい。発症(^_^;)

これはメニエール病を患っている人にしか理解してもらえない苦痛。

その後 数時間。

強烈な目眩と嘔吐に苦しめられ・・・

なんとか、車を運転出来るくらいまで、回復したので帰宅。

これが木曜日の出来事。

前日まではいたって普通なんですよ。

でも いったん発症しちゃうと身動き出来ないくらいの苦痛がまっている。

今回は、強めな薬を発症前に飲んでいたのが良かったのかは不明だが、半日程度でこの苦痛から解放された。

酷い時は2週間くらい続くこともある。

金曜日の朝には85%位の復活。

午前中 重要な会議。

午後から遠征予定だったが、安全第一で泣く泣く断念していたところでした。

この病。

ほんと苦痛です。

なぜ今回 このように書いたかと言うと、この病は周囲の理解と協力が必要。

発症するまではいたって普通なんだけど、発症しちゃうと何も出来なくなってしまう。

数十分から数時間と言われる苦痛な時間を安静にさえしとけば、復活します。

これが、仕事の繁忙期等にも襲ってくることがあるので、周囲の人に事前に言っておく必要があります。

俺は色んな面で恵まれているのか、発症しそうなとき周囲の理解を得て快く休ませてもらってます。

そのような環境づくりも必要かと思っているところです。

いつ完治するかも、治らないかもしれないこの病。

うまくコントロールして付き合っていこうと思います(^_^;)

話を戻します。

そんな土曜日の朝。

目覚めて、病状の確認。

・・・

・・・

・・・

うん。復活!!

そうなんです。

復活すると、いつもより調子いいんです(笑)

遅目の朝飯を家族でゆっくりとり。

嫁さんに・・・

俺「リハビリ言ってこようかな~」とつぶやく・・・

嫁さん「リハビリ?どーせ釣りでしょ! いてらっしゃい!(笑)」

こんな感じで、家族の理解と協力をもらっています(笑)

そんな感じで、10:00出発。

10:00か~

どこに行こうかな~

この時間だったら川だな~

でも 水位低いな~

とりあえず、雄物川と米代川の水位チェック。

どちらも絶望的な水位(笑)

こりゃ キツイな~

休日の秋田市横断は嫌だから、米代にいくか~

と のんびり出発。

さーて どこに入ろうかな~

取り急ぎ、上の方から状況確認。

天気も良く、湿度が低い25℃。

ほんと気持ちいドライブ(笑)

おいおい釣りに来たんだぞ(笑)

と 自分に突っ込み、可能性のありそうなエリアに入る。

河原まで、結構な距離があるが、リハビリ♪リハビリ♪と足取りも軽い(笑)

河原に到着し、状況を確認。

絶望的に水位が低い(^_^;)

それでも 鮎達は務めを終えてあの動きをしている。

おっ こりゃあっちだな~

と 再度河原を大移動。

実績のピンに立ち、静かに状況確認。

・・・

・・・

・・・


チュボッ!

ポシュ!

と この時期特有の捕食音。

魚は居る。

でも 攻め方を間違うと全く出てこないのもこの時期の特徴。

まずは、いつも通りダウンに入れて巻き上げる。

この攻め方で、開始数投で出なければ苦戦が予想される。

この日もそうだった。

じゃあ 流してみるか・・・

と スネコン130Sを流し込むが流れが緩すぎていまいちな感じ。

いろいろ試したが、しっかり水を噛んで勝手にゆらゆらしてくれるルアーが欲しい。

ブルーブルー製品だったら、Blooowin!140Sがそう。

でも 水位も低く根がかり必死。

ということで、まもなく発売のスカーナッシュ120を投入。

正直 このルアーの活躍時期は晩秋の海を想定していた。

でも 先週スカーナッシュ140で掴んだヒント。

これをど日中試してみたかった。

まずはアップに入れて、水を噛ませすぎないように流す。

狙いのブレイクまで、そのテンションを保ち、ブレイクに差し掛かったところで、若干テンションを掛ける。

この瞬間 ゆらゆらするスカーナッシュ120。

たまらず食ってくる・・・
P9142595.jpg
P9142578.jpg
ビッグサイズ!(^_^;)

もうね・・・

超引いた(^_^;)

閂とエラにかかっていて、まともに流れを受けて一切エラ洗いしない。

ん?

また鯉か?

と思いリフトしたら、エラのフックが外れ、大暴れ(^_^;)

凄まじいエラ洗いの連発でした。

おいおいリハビリに来たんだぞ~

と 言いながら、なんとかネットイン出来たところでした(^^)

こんな感じのリハビリ釣行。

まったくリハビリになってませんけどね(笑)

もうそこまで迫っているあの時期。

今年はどんな展開になるんでしょうかね?

ワクワクがとまりません(^-^;

では また明日・・・(-_-)

コメント

非公開コメント

おはようございます。
自分からするといつもハードスケジュールに見えて、身体を壊さないか心配していたところでした。
行動範囲が広いので、男鹿住みの自分には米代川、雄物川共に遠いなぁ〜と感じてしまいます。
遠征釣行も気になるところですが、ゆっくり身体を休めて下さいね。

Re: タイトルなし

鋼の板金術師 さん
おはようございます。
ご心配ありがとうございます。
この病
不思議で、安静にし過ぎるのも良く無いようです。
安静にし過ぎて、心配になり再発を繰り返す。
このパターンが多いようです。
俺の3月もそうでした。
この病の明確な治療法が無くいまのところ対処療法しかないのも辛いところです。
医者に行っても、水を多く摂取してください。運動をしてください。疲れないでください。
こんなことしか言われないのが現状です(^_^;)