FC2ブログ

2019 11/12 東北某所・・・バチ抜けパターン

今週も水曜日 代休。

よって 火曜日の17:00以降は休み。

この夜の時間を有意義に使おう。

そんな予定を組んだ。

2年前くらいから 岩手のO川さんからお誘いを頂いていた・・・

東北某所のバチ抜けパターン。

個人的に○○パターンと言うのはあまり好きではない。

パターンと呼べるほどそのベイトを偏食していないから。

でも このパターンは確実にその対象のベイトを食っている。

秋田でも抜ける場所は数か所知っているが、パターンと呼べるものほど濃くは無い。

ほぼ 経験の無いパターン。

BlueBlue関係者にお願いして春東京で体験することは出来ると思う。

でも 東京に行かなくても東北で体験出来る。

そう聞いて是非 体験したいと思っていた。

そんなところにちょっと前も岩手のO川さんから物凄い勢いでお誘い頂いていた(笑)

でもね。

どのパターンもそうだが、いい思いをして、その日の釣行後 話を聞いて現地に行っても大体 お祭り騒ぎは終わっているもの。

これはしょうがないこと。

稀に好調が続いていることもあるが・・・

そんな感じで、そんなに期待しないで行くことにした。

抜けるタイミングは決まっていて、それをここに書くとO川さんに殺されそうなので、言えないが(笑)

この日の夜の条件はすこぶる良くないとの事。

でも イケる日がこの日しかなかったんです(・_・;)

そんな感じで、ポイント付近で待ち合わせ。

先に到着して 駐車場所を確保してくれていた。

相変わらずいい人だ(笑)

軽く挨拶し、状況を伺う。

爆風・満月・・・

あまり 良くないとの事(・_・;)

俺の遠征はとにかく 天気に恵まれない。

天気を選んで遠征を組むことが出来ればいいんだが、それは無理な話(・_・;)

先週の遠征もそうだったが、今回も厳しい釣りになりそう・・・

そんなことを話ながら、ポイントに降りる。

・・・

・・・

・・・

相変わらず 沼のようなエリアだ(笑)

でも 潮位差で結構流れるんだよな~

なんて 話しながら、バチが抜けるタイミング。

どんな攻め方をするか?

ルアーは何が良いか?

時合はいつか?

など 事細かく教えて頂いた。

イメージは出来た。

でも 体験したことのないパターン。

ワクワクしていた。

が・・・

相変わらずの爆風(^_^;)

超やりにくい。

抜けるタイミングの前後は普通の狙い方で食ってきます。

とのことなので、普通に攻めたら普通に釣れた。

ちょっと拍子抜けだった。

そうこうしてると その抜けるタイミングが来た。

正直 何がなんだか分からなかった。

が・・・
IMG_5439.jpg
IMG_5450.jpg
1枚目の今回釣行の写真

2枚目が良い時の写真

一目瞭然で今回の渋さが分かると思う。

良い時は、うようよバチに囲まれるほど抜けていたそうです。

1枚目も抜けてるように見えますが、少数精鋭。

そんな感じの抜け方。

それでも抜けているので、パターンは成立します!とのこと。

シーバスさえいれば、普通に攻めれば釣れるだろう・・・

内心 そう思っていた。

が・・・

・・・

・・・

・・・

ま~食わない(・_・;)

じゃあ 言われた通りやってみるか・・・

と ラザミンを投入するが、風が強すぎてラザミンが表層滑走してしまい勝負にならない。

じゃあ 水を噛んでレンジキープしてくれるミノー系でやろう。

そう決めて125Fを投入。

イメージ通りのアクションは出ていると思う。

あとはどんな使い方をするか?

現地の状況が今年通い込んだ最上川の一部分と似ていた。

アップに入れて、流れに合わせて流し込む釣り。

流れの速さ等 酷似していた。

じゃあ 同じくやってみよう・・・

若干アップに入れて、巻いてアクションさせず流れに乗せるだけ。

流れた分のスラッグを回収。

そんな攻め方。

違うのは、魚の食い方。

最上川の場合 ハーモニカ食いしてくるほどの勢いで食って来るが・・・

このパターンの食い方は、とにかく吸い込みが弱く・・・

とにかく・・・

・・・

・・・

・・・

乗らない!

そんな悶絶釣行となった(・_・;)

バイト数は無限にあった。

でも とにかく・・・

乗らん!(笑)

笑っちゃうほど乗らなかった。

自信を無くすほど乗らなかった。

バイトがあっても合わせない!

そう 心に決め込んで、続けるが・・・

・・・

・・・

・・・

コツッ!

フン!と反射的に合わせてしまう(笑)

生粋のシーバスアングラーと再度自覚(笑)

それでも 波動を出さないように125Fを流す。

流す・・・

流す・・・

・・・

・・・

・・・

ツン・・・
PB123282.jpg
PB123291.jpg
PB123284.jpg
小さいが、流し方とフッキングが決まれば無限に釣れる感じ。

Blooowin!125F(ストリームライダー) なんとなくバチっぽいカラー(笑)

一番反応が多かったのがストリームライダー。

鮎をイメージして作ったカラーだったので、若干戸惑った(笑)

次に反応が多かったのは・・・
PB123289.jpg
PB123287.jpg
PCクリア。

いいサイズのマルタ(ウグイ)だった(笑)

ここからも数本釣ったが、デジカメ故障で写真撮れず(・_・;)

ホント タフじゃないタフってカメラ(笑)

また修理に諭吉が数枚羽ばたいていく(・_・;)

無念。

そうこうしてると、O川さん俺が釣るはずのビックサイズ捕獲(笑)

流石このパターンを極めているだけあって、実績の高いルアーや攻め方を熟知している。

こんな感じで、続けていると・・・

いまいちデカいのが出ない。

やっぱりデカいのはスネコンだよな~

と 当日のバチが小さかったので、90Sをチョイス。

真横からの強風にキャスト後ラインがティップにからんだ。

スネコンはアップ気味に入れて、ラインを解いている間 流れおちていた。

解いている最中・・・

ボフッ!となかなかいいサイズの捕食音。

直後 解こうとしているラインが走った!

その直後・・・

バチン!

やられた・・・

まあまあデカかった(・_・;)

あと数秒 解くのが早ければ・・・

・・・

・・・

・・・

そんなことを考えながらやってると・・・

ピタリと反応が無くなる。

これもバチ抜けパターンの特徴だそうです。

こんな感じで、早目に釣りを終了。

このあと O川さんと食事をしながら今後だったり 今年の釣りの振り返りだったり・・・

相変わらず狂ってる人だな~

と お互いを称えつつ解散となりました(笑)

今回 初めてバチ抜けパターンを体験出来た。

O川さんに感謝してもしきれない。

だから またお世話になろうと思う(笑) ←これ お世話になったときいつも言っているような気がする(笑)

こんな感じで、初めてのバチ抜けパターンは、ほろ苦い思い出となってしまった。

この記事を書いている(11/13)時 O川さんからのLINE。

物凄い釣果だった。

僅か1日違いでこんなに違う。

ホント 面白いパターン。

○○パターンとはこんな感じのことだと思う。

それも 痛いほどわかった。

今回 東北某所に大きな忘れ物してしまった。

・・・

・・・

・・・

今週末は出張でイケない(-_-)

今年まだイケるようだったら、リベンジに行こうと思う。

イケるかな~

イケたらイってみたいと思います(^^)

では また明日・・・(-_-)

コメント

非公開コメント

何度かトライしましたが、なかなか釣れません。
どんなルアーが良いのですか?

No title

ゲストさん
はじめまして。
何度かトライしたとのことですが、バチ抜けの話ですか?
一般的なシーバスのことですか?

バチ抜けです。

バチャバチャいってるので魚はたくさんいますが…。

No title

ゲストさん
それだけボイルしている状況
羨ましい。俺が行った時は捕食音はなかったです。
それでも釣れないと言うことは、巻いてませんか?
おそらくどんなルアーでも、流すだけで釣れると思います。
blueblue製品だとラザミン 165f 125f スネコン130 90
なんかがオススメです

ありがとうございます。
まねして125fはやりましたが、使い方悪かったんですね。また挑戦してみます。

質問ばかりですみません。
まだバチ抜けって続くんですか?

No title

ゲストさん
125fをアップに入れて流れに乗せて流してスラッグだけを回収する為だけにリールを巻きます。これが一番反応が良かったです。
目安として1行程3分以上はかかるイメージです。

俺もこのパターンは経験が少ないのでいつまで続くかは不明です( T_T)