FC2ブログ

2020 4/5 石焼芋!

既に釣りの次の趣味になりつつある・・・

焼芋!

焼芋を馬鹿にしちゃダメですよ!

実に奥が深い。

先週も某ウィルスのおかげで、釣りに関する活動をセーブ。

というか 天気が悪すぎたので、セーブしただけですけどね(-_-;)

今週は土曜日みっちり仕事からの夕マズメ~夜勝負!

と 思ったら、爆風 土砂降り(-_-;)

んで 本日日曜日。

朝から快晴だったが・・・

午後から爆風&雷&土砂降り予報(-_-;)

ムカつく・・・

・・・

・・・

・・・

これが春の天気と諦め、芋を焼くことにした。

去年 育てて熟成させた安納芋は在庫がほぼなくなった。

ということで、近所のスーパーにサツマイモだけの階に行った。

今回の芋は・・・
DSC02124.jpg
シルクスイート!

この芋の特徴。

2012年に品種登録され、茨木出身の新しいサツマイモ。
「シルクのような食感」が最大の特徴で、「するっ」とはいってきて「ふわっ」と浮くような食感が今までにない新感覚な
サツマイモ。

とのことです。

この品種も焼芋専門店で食べていて、今回もその味にどれだけ近づけるかが目標となった。

直火にするか?

石焼芋にするか?

前回 石焼芋で大成功だったので、石焼にすることにした。

早速準備に入る。

まずは・・・
DSC02127.jpg
鍋に入れた石を洗う。

因みにこの石。
DSC02137.jpg
玉砂利 15~20mmサイズ。

もう少し小さくても良いと思うけど、あまり小さいと石に蓄熱しないと思いこの大きさの玉砂利を選択した。

ある程度綺麗になったら・・・
DSC02128.jpg
火にかける。

5分も熱すると・・・
DSC02129.jpg
このように乾いた状態になる。

これが芋投入の合図。
DSC02131.jpg
手で触ると手袋をしててもすこぶる熱い(-_-;)

よって
DSC02132.jpg
しゃべるでホジホジすることをお勧めします(笑)
DSC02133.jpg
まずは、半分位石に埋まる程度で熱を入れていく。

約10分後
DSC02136.jpg
こんな感じに石に接する部分が熱されてくると色が変わってくる。

これが芋返しの合図!
DSC02141.jpg
くるりとひっくり返すと下の部分はこんな感じに熱が入った感じ。

あとはこれを数分おきに繰り返す。
DSC02135.jpg
根気よく続けるのが、美味しく育つコツです(^^♪

が・・・

今回の芋は大きすぎた(-_-;)

なかなか熱が入らず苦戦。

ここで、リカバリー
DSC02145.jpg
洗った石を追加。

この時点で、余っていた小さい安納芋も追加!

さらに熱を入れると・・・
DSC02146.jpg
良い感じに焼芋の香りが漂ってきた。

ヨシヨシ(^^♪

リカバリー成功!

さらに20分くらいこのまま焼く。

良い感じに蜜がぷつぷつ出てきたタイミングで・・・
DSC02151.jpg
出来上がり(^^♪

実食!
DSC02157.jpg
安納芋とは違った食感でこれはこれですこぶる旨い!

でも 個人的には安納芋のほうが好みかな~

どっちにしてしこたま旨いです(^^♪

何より、大好きな・・・
DSC02158.jpg
コーヒーに合うのが嬉しいところ(^^♪

こんな感じに、行動に制限が出ていても家でも十分楽しいことはあります。

家で楽しいこと見つけて、楽しみましょ~

では また明日・・・(-_-)

コメント

非公開コメント