10/4 2017雄物川シーバス60・・・あれ?

昨日は夕方~深夜の部。

あまり夜はやらない主義だが、どうしても状況調査をしておく必要があった。

来週、とある方が来る。

是非 この時期特有のビックサイズを釣って帰ってもらいたい。

これ本音(笑)

ガイドする側も結構本気です。

魚が居るところも分かっている。

釣り方も分かっている。

でもね。

この時期いろんな情報が錯綜する。

あそこでボイルしてました!!

あそこでスゲー釣れました!!

等々。

でもね・・・

それその時の話であって、話を聞いたときにはもう遅いのよね(^_^;)

これ シーズンを通して言えることですが、特に今時期は顕著に表れる状況。

勿論シーズン通して魚が定位しているピンポイントもある。

それは俺の胸の奥の深~いところにしまっておくとして(笑)

ビックサイズが望めるエリアをまずは重点的に回る。

そこをメインエリアに考えていた。

夕マズメ。

出るなら今でしょ!!

というタイミングで・・・

捕食音なし(^_^;)

ん?

まあ レンジ下かもしれないしね・・・

と Blooowin!140sから入る。

底に接触させながら流す・・・

・・・

・・・

・・・

が、なんも無し(^_^;)

ん?

マジ?

ちょっとづつレンジを上げ、表層付近まで行きつくがな~んも無し(^_^;)

マジか!?

少なくても1本は出るピン。

何度も言う・・・

・・・

・・・

・・・

マジか!?

そんな感じで、早々に見切り次の有力ポイント。

因みにここ、いい感じに魚が入っていたらしい。

期待しないで、行ってみると・・・

予想通り魚は抜けている。

即移動。

・・・

・・・

・・・

な~んも無し!

をさらに2回繰り返す。

あれ!?

おかしいぞ!

ちと焦る。

じゃあ 胸の奥にしまっておいたポイントに行ってみた。

ここで出なきゃ本格的にヤバい(^_^;)

早速険しい藪を掻き分け立ち位置に立つ。

この時、佐渡の仙人(笑)からスゲー動画が送られてきた。

こうなると、シーバスどころの話じゃない。

しばし、やり取りし悩む。

今後 2ヶ月以内のスケジュールを思い出しながら、スネコンを瀬の頭に着水させブレイクに向かって流し込む。

ここに居なきゃ、雄物川のどこにも居ない!!

と断言出来るくらい自信があるピン。

・・・

・・・

・・・

ゴツ! (この時点で、小さいことを確信(^_^;))

周辺は根だらけなので、一気に浮かせ・・・

キャッチ!!
PA040610.jpg
PA040606.jpg
うん。全然ダメ(^_^;)

スネコン130S(房総サンセット)

あまり大きい声で言えませんが、内心小さいやつで良かった(^_^;)

デカいの釣ったら・・・

もう一カ所行きたいポイントがあったが、タイムアップ。

大体わかったけど・・・

数日後どう変わるかは不明(^_^;)

まあ そんなに簡単じゃない雄物川で悶絶して貰いましょう(笑)

昨晩はホント・・・

あれ?

と 「?」マークが脳裏をよぎる釣行でした。

いつも居るとこに素直に居て欲しいもんですね(笑)

でも、これも釣りの楽しいところ。

ほどほどに楽しんで行こうと思います。

では、また明日・・・(-_-)
[ 2017/10/05 07:35 ] 2017雄物川 | TB(0) | CM(0)

10/3 2017雄物川シーバス59・・・小さいルアーでも・・・

昨日は夕方から雄物川へ。

今年も10月。

なぜか建設業はお盆明けの発注が多く、9月以降なかなか忙しい。

ここ最近そんな感じ。

昨日も色んな書類処理があり、いつもなら恒例の15:00出先に出発!!

が出来ず(^_^;)

時間の許す限り黙々と書類と格闘。

窓を見ると、薄暗くなり始めてるし・・・

今日はやめようかな~

釣具屋さんにも寄らなきゃいけないし・・・

と 切のいいところで出発。

釣具屋さんに寄り、目的の物を受け取り車に乗る。

右に曲がれば家。

左は雄物川。

さてどーする?

ウインカーを上げるか?下げるか?

・・・

・・・

・・・

・・・

上げちゃった(笑)

帰宅時間から逆算し、移動に30分。

実釣時間 45分。

帰宅に1時間。

こんな感じ。

この時期 45分あれば1ポイントは回れる。

そして、それ以上粘っても釣れなきゃ釣れない。

そんなハッキリしている時期だけに、こんな短時間釣行も計画し易い。

早速移動を開始。

ちょっと急ぎ目に目的地に入る。

若干の藪漕ぎ。

・・・

・・・

・・・

ん?

道が無い(^_^;)

因みに今シーズン始めて行った。

よく行くポイントなら自分で道を作っとくんだが・・・

ということは他の人も入って無い!

ということは・・・

ムフフ・・・

と ニヤニヤしながら険しい藪を掻き分ける。

やはり足跡は無い。

灯台下暗し。

市内から近いポイントなので、高確率で人 入ってると思ったんですけどね。

あの瀬に入れてあの開きで食う。

いつも通りスネコン130Sをスナップに・・・

と 思ったが、90Sを接続。

小場所だしね。

ちっこい奴にも食ってくるでしょ(笑)

そんな安易な考え。

使い方は、130Sと一緒。

130Sより軽いので、気持ち上流側に着水させる。

そのまま張らず緩めずのテンションを保ちながら流し、瀬の最後の落ち込み周辺で・・・

ターン・・・

・・・

・・・

・・・

ゴン!! ←この時期この感触は小さいサイズが多い(^_^;)

合わせから一気に浮かせ・・・
PA030582.jpg
PA030587.jpg
やっぱりね(^_^;) そんなサイズ。 でもたっぷり食い始めてきてるいい魚でした。

スネコン90s(マットチャート)

この時期 落ち鮎を意識して、みなさんデカいルアーを使いたがります。

俺もその一人。

でもね。

特に落ち始め又は、終盤に90mm前後のルアーに良い反応を示すこともあります。

昨日はそんな感じかな~

このあと、ちょっと別の流し方で、2バイト。

これは恐らくデカかったと思う。

乗らなかったから不明ですけどね(笑)

まあ あんまり長くやる予定もないので、昨日は潔く撤収としました。

んで、ここからは番外編(笑)

10/4 今朝の話。

「食わず嫌い」っていう言葉知ってますか?

知ってますよね(笑)

釣りに関しては、「やらず嫌い」?かな?

正に俺の釣り。

長いこと釣りしてますが、イカ釣りだけはやって来なかった。

なぜか?

イカは引かない。

時期が来れば簡単に釣れるでしょ。

人いっぱいだから。

そんな「やらず嫌い」な理由で全くやって来なかった。

しかし・・・

先日、ボートエギング(ティップラン)を初体験。

そのゲーム性に魅了され・・・

これオカッパリで釣ったらもっと達成感あるんじゃない???

と 思い初め悶々とする毎日。

ウズウズ・・・
・・・

・・・

・・・

ウズウズ・・・
・・・

・・・

・・・

ウズ・・・

こうなったら暴走するのが・・・

俺(笑)

買う予定の無かった、エギングロッドを購入!!

このおかげで、今月始まったばかりなのに、ピ-ンチ! お金ありません(笑)

んで、今朝3:00に家を出て、エギンガーがいっぱいいる漁港へ突入!!

平日の朝なのに4:00前には結構いらっしゃいました(^_^;)

邪魔しちゃいかんので、俺のような初心者は誰も居ないテトラ帯を攻める。

攻める!!

攻める!!

攻める!!

どんどんなくなる勢い(笑)

釣れね~

やっぱり船とは違う難しさ。

ラインの角度が浅く、ちゃんとダートしてる?

ちゃんと底取れてる?

真っ暗な時間帯は我慢の時間が続く。

明るくなり初め、あることに気づく。

・・・

・・・

・・・

俺の周りに墨跡無いんだけど!!

んで、墨跡探し(笑)
PA040591.jpg
発見!!

ここで、昨日親切にアドバイスくれた方の言葉を思い出す。

「ブレイクにイカは居る!!」

な~んだ 魚と一緒じゃん!!

と ブレイクに着いている魚を食わせる要領で、そんなコースをしつこく探る。

コツ・・・

合わせ!!

ん? 今のイカパンチだよな~

と 何となく反応を得られたことに満足して、帰ろうかと思ったところ・・・

明確に出る・・・

・・・

・・・

・・・

ヌン!!

良し来た!!

優しく巻き取り・・・

抜き上げ!!
PA040596.jpg
PA040594.jpg
思わずニヤケちゃいました(笑)

こいつは小っちゃいのでリリース。

さあ だいたいわかった!!

と 思ったらスマホのアラーム(笑)

タイムアップで強制終了でした(^_^;)

今度は別の場所で数を稼ぎたいと思います。

エギング・・・

楽しいかも(笑)

よくわかりませんが、アオリイカのシーズンはもうちょっとで終わるそうなので、シーバスの合間に楽しんで行こうと思います(^_^)v

こんな感じで、さらに忙しくなりそうな毎日(^_^;)

一日 50時間位にならないかしら・・・

では また明日・・・(^_^;)
[ 2017/10/04 08:10 ] 2017雄物川 | TB(0) | CM(0)

10/1 2017米代川シーバス③・・・そうだ!釣りに行こう!

昨日は早朝の部。

日曜日だし行く予定は無かった。

でもね。

何でしょうね?

休みの日って無駄に早く目覚めません?

ん?

俺だけ?

毎日だいたい起きる時間は決まっていて、2:30頃。

昨日も大体そんな時間に目覚める。

今日は行く予定無いしな~

どうしようかな~

と 見てはイケない各河川水位情報。

・・・

・・・

・・・

ん?

この水位だとあそこいいんじゃない!?

見なきゃ良かった・・・

・・・

・・・

・・・

いや、見て良かった・・・

と 思うことにしよう・・・

こうなると頭の中は・・・

「そうだ!釣りに行こう!」(笑)

と なってしまう。

アホですね(笑)

丁度寝ようとしていた、嫁さんにも冷ややかな目で見られながら・・・

出発!!

やっても日の出から1時間と決めて、米代川を目指す。

各河川 この水位ならこのポイント!!

と 個人的データが沢山ある。

昨日はその一つがビンビンに反応していた。

他の釣り人とのバッティングも少ないポイント。

といいつつも、安心は出来ない。

急ぎ目に移動し、約1時間後の4:00頃到着。

当然真っ暗。

立ち位置に行くまで、林の中を行かないといけない。

見てはイケないものの怖さより最近は熊とのバッティングのほうが数倍怖い(^_^;)

今年 昨日で3回目の米代川だが、2回熊を目撃している。

どちらも、対岸で目撃しているのでそれほど怖くはなかったが、このポイントこの林を歩いているとき結構な確率で熊の存在を確認している。

こんな時は、人間の存在を熊に知らせる為に大声を出すとか、鈴を鳴らしながら歩くとか、いろいろあるが、個人的に一番効果的なのは・・・

車のクラクション。

近隣に住宅街があったら絶対やっちゃダメですよ(笑)

林の入口に車を停め・・・

「ブーーーー」っと約1秒。

これで、大体の動物系は居なくなります。

たぶん(^_^;)

さあイクか!

と 真っ暗な林に突入~

数分後河原に行きつき水位・水色をチェック。

うん。 予想通り!

この時点で、内心「もらった!!」と心の中でつぶやく。

絶対声に出して言っちゃダメですよ。

高確率で釣れません(笑)

勝負は10投。

魚が居るだろうピンに流し込めれば絶対出る!

そう自分に言い聞かせ、そのタイミングを待つ。

・・・

・・・

・・・

真っ暗から薄明るくなるタイミング。

すっかり明るくなっちゃうと厳しいので、そのタイミングが10投位する時間。

ちょっと暗めのタイミングで第一投。

思ったより流れが速く、狙いのピンに入らず。

もうちょっと上で、もうちょっと奥。

第二投目。

ちょっと飛距離が足りない(^_^;)

これがベイトキャスティングの慣れていないところ。

第三投目。

DCブレーキのセッティングを二段階緩め力んだキャスト!!

予想通りのバックラッシュ(笑)

ラインを解いて、第三投目。

力むな!魚は居る!

・・・

・・・

・・・

たぶん!!

と 言い聞かせ、優しく降りぬく。

ヒューーーーン。DC音やっぱり好き♥

狙いの位置より奥に着水。

手前に着水よりはコントロール出来る。

狙いのピンにライン先行でラインの頂点を導く。

反転のタイミングでクラッチオフ!

と共に瞬間巻き取り。

・・・

・・・

・・・

ズシッ・・・

ズン・・・

スラッグを瞬時に巻き取り渾身の合わせ!

お~ 良い曲りです(^^)

曲げたままリフトを続ける。

いつもなら、もう浮いてエラ洗いを見れるが・・・

やはりこの時期、エラ洗いは無い。

水中をもんどりうって、ズッシリ重い引き。

ズン・・・

ズン・・・

流芯に行かれるとこりゃ捕れん!!

と さらに強引にリフト!!

PE2.5号+リーダー10号。

切れることは無い。

でも、不安要素はある。

もうちょっと季節が進めばスプリットリングに溶接リングでルアーを接続するんだが・・・

昨日は強めなスナップ。

ヤバい(^_^;)

流芯に行かれると負ける!

立ち位置をシャロー側に移動し、さらにリフト!!

・・・

・・・

・・・

モワッ!!

良し!浮いた!!

あとは一気に勝負をつけ・・・

タモ入れ!!

・・・

・・・

・・・

成功!!
PA010546mozza.jpg
間違いなく今シーズン最高の魚でした(^_^)v 88cm 約8kg。

スネコン130S(房総サンセット)

長さ・ウェイトとも狙いのサイズはもうちょっと上。

でも、久しぶりに興奮出来た魚でした(^_^)v

昨日はこれで満足。

粘ればまだ出そうだが、これでシーバスダービーもリミット達成なので、盛り上げ役はこれで、お役目終了ということで、潔く撤収としました。

あれ?

1時間かけて釣りに来て、3投してまた1時間かけて帰る(笑)

こんな釣りもあるんですよ。

オススメはしませんが(笑)

こんな感じの昨日の痺れる釣行。

今後もこんな釣りが多くなると思います。

ほどほどに楽しんで行こうと思います♪

では また明日・・・(-_-)
[ 2017/10/02 08:26 ] 2017米代川シーバス | TB(0) | CM(0)

9/29~30 2017米代川シーバス②・・・落胆からの歓喜。

一昨日から昨日にかけてのお話し。

いまいち安定しない天気が続いていた、金曜日(29日)

仕事でも色々あり週末は良い釣りしたいな~

と 思っていた。

しかし・・・

どの局の天気予報を見ても・・・

「大気の状態だ大変不安定」・・・

こればかり聞こえてくる。

何処に行くか?

南か?

中央か?

北か?

秋田県内三大河川どの河川を選択するか?

これで釣果は大きく分かれる。

選択ミスをすると、ホゲ確定。

逆に正解に辿りつくと、「(^_^)v」こんな感じ(笑)

仕事をしながら刻一刻と変わる水位情報と雨雲の進行具合を分析。

南? 無し!!

中央? 水位高し!! 無し!!

北?

・・・

・・・

・・・

微妙に高い水位。

しかも 帯状に県北周辺に近寄っている雨雲。

悩む。

中央は水位が高すぎて釣りにならないのは明白。

じゃあ 北!!

と 米代川を選択。

日中仕事を強引に終わらせ、暗くなるタイミングに米代川へ到着。

まずは状況観察。

う~ん・・・

やっぱり水位が高い。

濁流までいかないが、濁りも入っている。

いいことはあまりない(・_・;)

それでも何とかなるべ・・・

と 実績のポイントを回る。

第一ポイントで、いきなりのビックサイズのバラシ(・_・;)

気を取り直して移動。

先行者(・_・;)

再度移動。

移動先でまたもバラシ(・_・;)

再度移動。

先行者。

マジか!?

ここは悪い流れを断ち切ろう!!

と 行きつけのラーメン屋さんへ。

いつもの可愛い店員さんがお休み。

マジか!?

病んだ心を癒してもらおうと思っていたのに・・・

病んだ心を引きずったまま、再度ポイント巡り。

・・・

・・・

・・・

入ろうと思っていたエリアに先行者。

もうね・・・

いい歳したおっさんがふてくされて・・・

・・・

・・・

・・・

ふて寝!!

当然そんな状態で、グッスリ寝られるはずも・・・

・・・

・・・

・・・

あった・・・

何でしょうね~

家ではあんまり寝ないくせに、車中泊は良く寝れます(笑)

3:00起床。

再度入ろうとしているポイントに行く。

先行者・・・

・・・

・・・

・・・

無し!!

よし!!

と 準備をして藪漕ぎし立ち位置に立つ。

・・・

・・・

・・・

ピカッ・・・

・・・

・・・

・・・

ドシャー

凄まじい雨・雷(・_・;)

若干チビリながら、コンビニで・・・

コーヒーを買い、物凄い雨と雷を見て・・・

・・・

・・・

・・・

「帰ろっかな・・・」

と 独り言。

溜息を数十回ついたころ・・・

おっ

晴れてきた!!

再度 立ち位置に戻る。

やはり水色は良くない。

それでも、この釣行からやっていて魚からの反応を得ているテクニックの再現性を確認する為、しつこく繰り返す。

早速反応を得るが・・・

痛恨のバラシ。

いつもならこんなにバラさない。

新しいことを成功させようとするには失敗はつきもの。

いまはその段階。

と 大人の男の考え。(我ながらカッコいい!!と自画自賛(笑))

それでも、魚を捕れないとただの痛いおっさん。

そうならないようにさらにしつこく攻める。

決まってバイトが出るタイミングに全神経を集中。

・・・

・・・

・・・

ツン・・・

即合わせ!!

ズン・・・

良し乗った!!

あとは一気に寄せ・・・
P9300472moza.jpg
P9300473.jpg
キャッチ!! 76cm

ちょっと狙いのサイズじゃなくがっかり。

スネコン130S(チャートバックパール)

大体魚を乗せるタイミングも分かった。

あとは連発するだけ!!

と 思ったが後が続かず(・_・;)

再度そのテクニックのタイミングをしつこく練習。

そのテクニックをご紹介。

残りの河川シーズンをベイトタックルでやろう!!

と 決めた決定的理由もここにある。

突然ですが・・・

落ちアユってどんな感じに流れ落ちて来るかわかりますか?

落ち具合によって大きく2種類に分けられます。

一つ目。

鮎自体の体力が落ち、流れに逆らって遡上出来ない状態。

この時点では厳密に言うと落ちアユパターン成立とは言えないと個人的に思っています。

二つ目。

鮎自体の体力がほぼ無くなり、瀕死の状態で流れ落ちて来る状態。

この時点で、落ちアユパターンが成立すると思っています。

これは個人的な見解なので、正解は人それぞれです。

じゃあ どんな感じに落ちて来るか見たことありますか?

俺は何度もあります。

瀕死のアユは「頭を下にしたり、水平にしたりしながらピクピクしながら流れ落ちてきます。」

このアクションを忠実に再現出来るのがスネコンです。

キーポイントは「頭を下にする姿勢」

スネコンはテンションをかけるとほぼ水平姿勢でS字を描きながら艶めかしく泳ぎます。

それだけでも十分釣れます。

普通のシーズンなら・・・

この時期はそれプラス流す必要があります。

さらに、瞬間的に「頭を下げる」アクションを入れてあげると、さらにいい反応を得られます。

実際今回の釣行でバラシまくったのは、反応を得たあとの合わせが遅れ乗り切れていなかったことが原因と考えています。

では、どうやってその状況を作るか?

この時期 スネコンの使い方は基本的に「ライン先行の流し」です。

下流に頭を向けて緩いS時を描きながら流れ落ちていきます。

詳しくは↓動画参照

「スネコンの使い方」

これに瞬間的な「頭を下げる」動作を入れるテクニックです。

これは昨年から試行錯誤していましたが、スピニングタックルではなかなか思い通りのアクションを入れれないでシーズンオフを迎えてしまった。

んで、今シーズン。

先日の目黒さん御一行のベイトタックルを拝借し、やってみると見事にやりたいことが出来た。

これがベイトタックルを導入した一番の理由。

やり方は簡単。

いつも通りアップ方向に着水させライン先行で流す。

若干テンションがかかり出したら・・・

瞬間的にクラッチオフ!!

時間にして1秒程度ラインを出し、クラッチを戻す。

この動作を入れることにより、スネコンは一瞬テンションが抜け頭を下げながらちょっとだけ沈みます。

んで、再度テンションがかかって姿勢を戻そうと頭が上がります。

この瞬間のヒットが大多数。

瞬間的にやることが多く、慣れるまでバラシの連続でした(・_・;)

それでも、人間慣れるもので・・・

ポイントを変えて、数投。

やはり、頭が下がり、再度浮上するタイミングで・・・

ドスン!!

合わせを入れ・・・

リフト!!

ズン・・・

ズン・・・

それでもリフト!!

何とか寄せ・・・

キャッチ!!
P9300495moza.jpg
P9300505.jpg
これも狙いのサイズじゃなかったが非常にうれしい一本!! 86cm 7kg弱。

スネコン130S(サプライズグリーン)

ダメダメな釣行の最後に飛び出してくれたナイスサイズ!

すこぶる嬉しかったのを鮮明に覚えています。

こんな感じの昨日までの釣行。

ちゃんとベイトタックルにしたのには理由があるんですよ(笑)

と言う言い訳も含め、この時期有効な使い方のご紹介でした。

ベイトタックルをお持ちの方。

やってみて損は無いと思いますよ(^_^)v

では また明日・・・(-_-)
[ 2017/10/01 12:05 ] 2017米代川シーバス | TB(0) | CM(2)

9/28 夕方の部・・・たま~に行くとね・・・

昨日も夕方の部。

いやいやまた降りましたね(^_^;)

この時期の大雨はやめてほしいものです。

でも、思ったより水位は上がらずイケるか?イケないか?

微妙な水位。

日中からその動向を見守っていた。

やはり急激な上昇は無い。

もしかして、ジワジワ上昇タイプか?

なんて思いながら、夕方再度チェック。

やっぱり、そんなに上がっていない。

でも、やれそうなポイントが家から遠かった為、断念。

じゃあ どおする?

運河?

無いな~

帰る?

・・・

・・・

・・・

今帰ってもな~

なんて思いながら、家の近所を散策(笑)

やはり思ったより海に川の水が入って来ていない。

これイケるんじゃない?

という水色。

勿論狙うのはシーバス。

この時期実績の高い、足場のいいポイントを選択。

足元に根がガチャガチャに入っているので、リーダーを5号→7号に変えまずは表層チェック。

何かのベイトが何かに追われている。

おっ

いいんじゃない?

とテンション微妙にUP。

ガボッツ90で表層をを移動しながら広範囲にチェック。

おっ

お~

ガボッツの引き波の後ろを何かがついてきている。

ん?

ダツか?

シーバスだったらガボッと出るよな~

と 再度同じコースを通す。

・・・

・・・

・・・

モワッ!!

今度は完全に食ってきた!!

しかし 乗らず。

この時点で、大体正体は分かっていた。

でもな~

乗せるの難しいんだよな~

と シャルダス20に変えてさらに岸際の根の上を引く。

シーバスが居れば高確率で食ってくる。

水面下10cm程度を引いてるイメージ。

すると・・・

モワッ!!

一瞬乗ったように思ったがヒットに至らず。

なんかムカついて来た。

こうなったら絶対捕ってやる。

そんな思いが強くなり、さらに岸際をタイトに攻める。

・・・

・・・

・・・

今度は・・・

ゴン!!!

おっ!

シーバスか!?

根に触れると一瞬でやられるので、強引にリフト!!

叩くような引き!!

この引きは!?

頭の中で・・・

赤いやつでお願いします!!

という願いは叶わず・・・
P9280431.jpg
P9280450.jpg
黒い方でした(笑)

シャルダス20(レッドビアー)

やはりストラクチャーを攻めるにはシングルフックバージョンが有利です。

一切根がかりなし。

大胆に攻められます。

といいつつ、調子に乗るとロストするんですけどね(笑)

この後もちょっとやったが、2モワッで終了。

黒鯛いっぱいいるようでした(^_^;)

川に入れない時、再度捕りに行こうと思います(^_^)v

ちょっとだけ楽しみが増えた秋の夕方のお話しでした・・・

さて、今日は金曜日。

ちょっと気合いの入る日。

でも 水位高いんだよな~

ほどほどに頑張りたいと思います。

では また明日・・・(-_-)
[ 2017/09/29 06:51 ] クロダイ | TB(0) | CM(0)